イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

カプリ島「青の洞窟」攻略ガイド!訪問がベストな時期・時間帯は?入場率はどのくらい?

  • HOME »
  • »
  • カプリ島「青の洞窟」攻略ガイド!訪問がベストな時期・時間帯は?入場率はどのくらい?

「青の洞窟」があるカプリ島はどんな島?

カプリ島

カプリ島(Isola di Capri)は、ナポリ湾に浮かぶ島です。

古代ローマ時代から、景勝地として知られていて、自然美を堪能できる島です。「青の洞窟」はあまりにも有名で、南イタリアきっての観光地です。

私もカプリ島には、ナポリから「青の洞窟」目当てに行きましたが、「青の洞窟」はクローズだったため、そのままナポリにトンボ帰りしました。

この時、自分があまりにも無計画に「青の洞窟」を目指した反省から、次に行くときは、「青の洞窟」に入る確率を上げるぞ!と、次回の自分のために、「青の洞窟攻略ガイド」を作成してみました。

カプリ島の「青の洞窟」とは?

カプリ島

「青の洞窟」は、海に面した崖に、波が浸食してできた洞窟です。

海底に穴が開いていて、そこから日光が入ってくるため、洞窟全体が神秘的な青色に光る、そうです(私は入れなかったので!)。

なんと、古代ローマ時代には既に発見されていたというから驚きです。

ちなみに、「青の洞窟」と呼ばれる洞窟は、世界中にいくつかありますが、このカプリ島のものが最も有名です。

青の洞窟に入れる確率が高い時期は?

カプリ島青の洞窟の入り口

さて、この「青の洞窟」ですが、ひとつ旅行者にとって厄介なことがありまして、わざわざカプリ島まで足を運んでも、波の状態によっては入場できないことがあります。

というのも、入り口が高さ1メートルと低いため、波が少しでも高くなると、物理的に中に入れないのです。

そして、この「青の洞窟」がクローズされる確率が、結構高いんですよ…。

入場できる確率の正確な数字は、年によって違うのですが、ツアー会社のHPなどを見ると、青の洞窟に入れる確率は、年間通して60%ちょっと!(低!)

比較的入りやすいといわれる夏でも、入場率は70~80%。冬季は、公式ホームページにも「開いてることはマレ」と書かれていて、20%程度の確率でしか入れないそうです→参考サイトはこちら

一応、一般論では、青の洞窟が開いている可能性が最も高いのは6~8月です。しかし、この季節でさえ、4日に1回程度はクローズですからね…。

青の洞窟に入れるかどうかは天気はあまり関係ありません!

さて、私は3月にナポリ滞在した時に、朝、目が覚めたら天気がよかったので、「今日はカプリ島の青の洞窟が開いているだろう」と決めつけて、カプリ島行きの船に乗りました。

しかし見事に、カプリ島の港のインフォメーションで「クローズ」と言われて撃沈しました。

そうです。問題は波の高さなので、晴れてるかどうかってのは、さほど関係ないんです!

青の洞窟が開いているかどうかを確認する方法は?

カプリ島の公式サイトには、「青の洞窟はその時の天候状態で開けたり閉めたりするので、『現在開いてるかどうか』しか答えられません。ごめんね」という主旨のことが書いてあります。

要するに、「明日開いてますか?」とか、「今日の午後は開いてますか?」といった問い合わせはできないということですね。「今開いてますか?」としか、聞けないわけです。

この問い合わせは、カプリ島の船着き場(のインフォメーションかな?)に、TELしてね、とのことです。電話番号はこちらのカプリ島公式サイトでご確認くださいませ。

青の洞窟が一番美しい時間帯は?

カプリ島

青の洞窟は、光の差し込む角度の関係で、午前中に入るのが美しいと言われています。

この情報は、いまや青の洞窟の常識といわんばかりに、世界中に広まっているため、午前中は非常に混み合うそうです。

それでも、やっぱり綺麗な時間帯に入りたいですよね!シカタナイ!

しかし、カプリ島の公式サイトでは、一番美しい時間帯は「正午~14:00」と書かれています。理由は日光が強いから。

午前中は光が奥まで差し込むから美しい、正午前後は光が強くて美しい、と、おそらく美しさが違うのだと思います。

日本人には、午前中の光の方が人気がありそうですね。イタリア人は、強い光の方が美しく感じるのだと思います。

「青の洞窟」クローズの際に気をつけたいこと

「青の洞窟」がクローズされている日は、カプリ島にたどりついてから、港で「青の洞窟」が入場できないことを知り、これからどうしよう…と思案している観光客が必ずいます。

すると、その観光客に近づいてくるオジサン(とは限りませんが)がいます。

そしてたどたどしい英語でこう言います。

「今日は青の洞窟には入れないけど、オレのボートでもっといい場所に連れて行ってやるゼ!」

もちろん、悪い人ばかりではなく、良心的な人もいるとは思います。ただし、観光地カプリ島では、日本人目当てのぼったくり商売もなきにしもあらず…ですので、じゅうぶん注意してください。

「青の洞窟」には泳いで入れるって本当?

カプリ島の公式サイト

時々、「『青の洞窟』には泳いで入れば無料で入れるし、好きなだけ楽しめる」という情報を見ます。

カプリ島の公式サイトでは、「青の洞窟」へ泳いで入るのは禁止、と書かれています。「青の洞窟」に泳いで入るのは、違法だし危険、とのこと。

ただし、「青の洞窟」の公式の入場が終わる夕方6時以降、洞窟に入る小舟や船頭さんが引き上げるのを待って、泳いで青の洞窟に入る観光客はいるそうです。

日本と違って、「禁止、危険」とされていても、泳いで入るのを制止されることはないようです。ただし、禁止されている行為なので、何かあった場合は自己責任で、ということになります。

「青の洞窟」入場のために、次回に私がもくろんでいる対策

カプリ島

私は、何が何でも青の洞窟に入りたい!とまでの意気込みはなかったのですが、一度入れない体験をすると、何となく意地で入りたくなるのが人間の心情。

というわけで、おそらくナポリの再訪と合わせて、カプリ島の「青の洞窟」も、意地で再チャレンジすると思います。

で、その再チャレンジの際には、おそらくこういう攻略法でいくだろうという作戦を、防備録もかねて書いておきます。

少なくとも4月~10月の間に訪問する

まずは、コレですね。私のイタリア旅行は基本は冬季なのですが、「青の洞窟」は冬季は「開いてるのがマレ(By公式サイト)」です。

その「マレ」に遭遇できるほど、私は幸運体質でもないので、やはり11~3月の訪問は外すのが最初の対策でしょう。

とはいっても、あまりに人が多すぎる夏に訪問するのはイヤだし、比較的まだ大混雑していなくて、確率が高めの6月あたりがベストでしょうか。

まあ、6月に旅行ができるほどの休みが、自分、取れるのか!?という問題もありますが、少なくとも11~3月にイタリアに行く場合は、カプリ島行きは回避しようかと思っています。

カプリ島に宿泊する

意地でも「青の洞窟」を見るなら、カプリ島に宿泊するのが一番です。

カプリ島宿泊で「青の洞窟」を見るチャンスを増やす!

「青の洞窟」は、同じ日の中でも波の状態によって開いたり閉まったりするので、ナポリやソレントから「今開いてる?」と確認してから、船に乗ってカプリ島へ向かっても、到着したらクローズしているということもあり得ます。逆も然りです。

カプリ島自体は、のんびりしたリゾート地なので、カプリ島で、「青の洞窟」が開くのを待ち構えるのが、入れる確率が上がります。

1泊すれば到着日と翌日の2回チャンスがあり、2泊すれば3回チャンスと、チャンスも増えますね。

カプリ島に宿泊すれば「青の洞窟」に安くで入れる!

カプリ島に宿泊するメリットはもう一つあり、カプリ島のアナカプリ地区に宿泊すれば、「青の洞窟」まで、バスを使って陸路で行けます。

ナポリやソレントから日帰りでカプリ島へ行くと、たいていの場合は、港から出ているツアーを申し込み、「青の洞窟」近くまでモーターボートで行き、そこから洞窟へ入るための小舟に乗り継ぎます。

そうするとツアーのモーターボート代€15前後+青の洞窟への入場料€14で、計€29かかります。

ですが、アナカプリ地区からバスで行くなら、バス代往復€4+青の洞窟への入場料€14=€18だけで済みます。健脚派は、アナカプリから3.5㎞歩くそうです。そうすると、バス代も不要ですね。

バスの時刻表はこちらのカプリ島公式サイトで確認できます。

アナカプリからカプリ島へのバス時刻表

検索窓で、往路は「Anacapri-Grotta Azzura」、復路は「Grotta AzzuraーAnacapri」を選びます。ちなみに「Grotta Azzura(グロッタ・アッズーラ)というのが、「青の洞窟」に当たるイタリア語です。

陸路で行けば、海の上で順番待ちをしなくて済む!

カプリ島の港から青の洞窟近くまでモーターボードで行くと、小舟に乗り換えるまでの待ち時間を、船の上で待たなくてはならないそうです。

この待ち時間が長いことがあり、何と、1時間もボートの上で待たなくてはならない場合があるとか!

これ、船酔い必至ですよ…。私は船酔いするタチなので、これを聞くと、「そこまでして洞窟に入らなくていいや」とまで思ってしまいます。

ですが、陸路で行けば、小舟を待つ場所は、陸から下りている階段の上です。待ち時間はそれほど変わらなくても、海の上で待つか、陸で待つかは大きく違うと思います

カプリ島観光におすすめの本・ガイドブック


A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

カプリ島を宿泊観光するなら、地球の歩き方の南イタリア版を持って行けば、カプリ島観光のだいたいの情報は載っています。「青の洞窟」情報も充実しています。購入の際は、最新版かどうか確認を。


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2012年 10月号 [雑誌]

女性向けのラグジュアリー旅雑誌クレアトラベラーが、カンパーニア州周辺の特集を組んだ号。カプリ島の有名な香水屋さんや、ラグジュアリーなホテルが掲載されています。

カプリ島はパックツアーにもよく組み込まれます

カプリ島の「青の洞窟」は、イタリアの観光地の中でも、日本人人気が高いので、「青の洞窟」が含まれたパックツアーはたくさん見つかります。

ナポリまで行くツアーは、ツアー参加者全員でカプリ島に行くツアーが多いですが、ローマより南へ行かないツアーでは、ローマから希望者のみが、オプショナルツアーの形でカプリ島へ行くことが多いです。

JTB
H.I.S.
日本旅行
JALパック
近畿日本ツーリスト 海外ツアー

カプリ島に関するこちらの記事もあわせてどうぞ
イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.