イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

カスティリオーネ・デル・ラーゴの見どころ おすすめ観光名所はココ!

カスティリオーネ・デル・ラーゴは小さな町です。

ボルセーナ湖に面した町ですが、実は、湖は町のどこからでも見えるというわけではありません。

旧市街の中から湖を見るなら、湖が見えるスポットへの入場観光が必要です。

このページでは、カスティリオーネ・デル・ラーゴで、入場観光がおすすめの見どころをご紹介します。

Palazzo della Corgna(コルニャ宮?)/獅子の城塞

カスティリオーネ・デル・ラーゴの市庁舎

コルニャ宮は、16~17世紀に建てられ、現在はカスティリオーネ・デル・ラーゴの市庁舎として使われていますが、観光のための見学ができます。

内部には、後期マニエリスム期の、ウンブリアで最も大きかった工房のフレスコ画があります。このフレスコ画にはトラジメーノ湖が描き込まれているのがおもしろいです。

このコルニャ宮の入場料(€5)に、湖が見える城塞(獅子の城塞)の見学も含まれます。

獅子の城塞に行くには、建物からいったんテラスのような場所に出て、長い通路をくぐって城塞まで行きます。

カスティリオーネ・デル・ラーゴ獅子の城塞への入り口

この通路から獅子の城塞へ

トラジメーノ湖

城塞から見たトラジメーノ湖

城塞は、上をぐるっと歩くことができ、ここからトラジメーノ湖を拝めます。

わかりづらいのですが、一番高い所(Torre=塔)まで上れる入り口がありました。

城塞をぐるっと回って、終点に近い場所に、「Torre」と手書きの紙が貼ってある頑丈なドアがあり、開けたらカギがあいていて、そのまま階段で上ることができました。

観光客に開放されているのか、単にカギを閉め忘れていたのか、よくわかりませんでしたが…上まで上ると、この城塞が獅子座の形(五角形)をしているのがよくわかります。獅子座に似ているこの形から、「獅子の城塞」と呼ばれるようになったそうです。

塔の上から見た獅子の城塞

旧市街内から湖を見下ろすポイントは、この獅子の城塞に入る以外には見つけられませんでした。

ただし、旧市街を出れば、もっと湖に近づくことができると思います。

サンタ・マリア・マッダレーナ教会

カスティリオーネ・デル・ラーゴ遠景

カスティリオーネ・デル・ラーゴの教会内部

カスティリオーネ・デル・ラーゴを遠くから見たときに、たまねぎみたいな、スライムみたいな茶色の丸屋根の教会が目立ちますが、この屋根の持ち主はサンタ・マリア・マッダレーナ教会です。

残念ながら、丸屋根は遠くからしか見えず、教会正面から見えません。

このサンタ・マリア・マッダレーナ教会は、1836年にジョヴァンニ・カプローニという建築家が造った教会です。内部には、ペルジーノ工房の作品や、1300年代のシエナ派による聖母子像などがあります。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.