イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

フィレンツェのドゥオモ共通券「Biglietto Unico」クーポラの予約ができる!

  • HOME »
  • »
  • フィレンツェのドゥオモ共通券「Biglietto Unico」クーポラの予約ができる!

フィレンツェのドゥオモ(大聖堂)を楽しむための基礎知識!

ローマのシンボルがコロッセオだとすると、フィレンツェのシンボルは、やっぱりあの、バラ色で大きい丸い屋根!そう、ドゥオモ!

ドゥオモとは、イタリア語で、町の中心となる大聖堂を指す言葉なので、ドゥオモと呼ばれる教会は、フィレンツェだけでなく、それぞれの町にあります。

フィレンツェのドゥオモは、正式名称を「Cattedrale di Santa Maria del Fiore」といいます。日本語に訳すと、「花の聖母マリア大聖堂」。

「花の」と形容されている理由は、フィレンツェ自体が花の都と呼ばれているからなのか、このドゥオモの華やかさを表しているのか、ドゥオモに花の形の装飾が施されているからなのか、正確にはわかりません。ただ、このドゥオモに、とてもよく似合っている呼び名であることだけは確かです。

ドゥオモの内部には無料で入れる

フィレンツェ ドゥオモ

フィレンツェ ドゥオモ

外から眺めているだけでも楽しいフィレンツェのドゥオモですが、大聖堂の中には無料で入れます。

無料ということもあり、いつも混雑してはいますが、内部が広いためか、ヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂ほどは人の多さを感じません。

大聖堂内部では、神曲を手にしたダンテの絵や、クーポラ内部に描かれた、ヴァザーリの『最後の審判』などを見ることができます。

有料スポットは共通切符「Biglietto Unico」でしか入場できない

クーポラやジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂など、ドゥオモ関連の有料の入場スポットは、€15の共通券「Biglietto Unico(ビリエット ウニコ)」でしか入場できません。

たとえば、クーポラに上りたいだけでも、€15の共通券を購入しなければなりません。以前は、別売りしていたんですけどねー。全部を合わせた価格としてはお得になりましたが、共通券でしか各見所に入れないというのは、融通がきかなくなったなーという印象です。

「Biglietto Unico」について

フィレンツェ ドゥオモ

「Biglietto Unico」の概要(公式サイトより)

「Biglietto Unico」は2016年に改定されたばかりなので、まだ情報が不足している感があります。公式サイトに書いてある情報を、箇条書きですがまとめてみました。

価格は€15
クーポラ、ジョットの鐘楼、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、クリプタ、ドゥオモ付属博物館に各一回ずつ入場できる
48時間有効
購入後6日以内に使用する必要がある
クーポラ、ジョットの鐘楼、ドゥオモ付属博物館は予約できる(公式サイトには、クーポラの予約は必須と書いてある

「Biglietto Unico」はどこで購入できる?

オンライン購入(公式サイト
サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側にある建物内のチケットセンター
ドゥオモ内のクリプタ(地下)入り口
ジョットの鐘楼の入り口
ドゥオモ付属博物館

クーポラ入り口では販売していません!

おすすめは、「サン・ジョヴァンニ洗礼堂の北側にある建物内のチケットセンター」です。洗礼堂からドゥオモを正面に見て、左手にある建物の中です。

しっかりしたインフォメーションセンターなので、クーポラの予約をするのも、ここが一番安心だと思います。綺麗なトイレもあります。

「Biglietto Unico」で入れる見どころをご紹介

クーポラ

ドゥオモのクーポラは、上まで上ることができます。

フィレンツェの観光スポットの中でも大人気で、クーポラに上る入り口にはいつも行列があり、30分待ち、1時間待ちなどありましたが、「Biglietto Unico」を購入する際に、予約できるようになりました。

公式サイトには、「予約は義務」「予約は推奨」と二通りの記述があり、どっちだよ!と突っ込みたくなりますが(イタリアではよくあること)、待ち時間を節約するためにも、予約しておいた方がよいでしょう。

上る途中で、ドゥオモ内部に入り、クーポラ内部に描かれたヴァザーリの『最後の審判』を、間近で見られるのが楽しいです。ただし、この『最後の審判』が見える通路は狭いので、混雑時は立ち止まるのが困難で、ゆっくり鑑賞できないこともあります。

夕刻には、ジョットの鐘楼の方向に沈む夕陽を拝めます。

上にも書きましたが、クーポラの入り口では「Biglietto Unico」を販売していないので、切符を購入してからクーポラへ向かいましょう。

ジョットの鐘楼

フィレンツェ ジョットの鐘楼

ジョットの鐘楼にも上ることができます。高さは、クーポラとほとんど変わりませんが、少しだけジョットの鐘楼の方が低いです。

そのためか、クーポラほどは行列ができず、混雑しません。

クーポラに上ると当然クーポラは見えないので、クーポラを間近で見たい方は、ジョットの鐘楼の方がおすすめです。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

フィレンツェ サン・ジョヴァンニ洗礼堂

フィレンツェ サン・ジョヴァンニ洗礼堂

サン・ジョヴァンニ洗礼堂とは、ドゥオーモの前に、ちょこんとある八角形のシマシマが可愛らしい建物です。

ドゥオモの子供みたいにちょこんとくっついていますが、実は、ドゥオモやジョットの鐘楼よりもずっと古いもので、中世の建築物です。

内部は、外側からは想像もつかないような、金色のモザイクで天井が覆われています。見学には時間がかからないので、共通券を購入したら、ぜひ入場してみて下さい。

ドゥオモに面している金色の扉が、有名な『天国の扉』で、観光客が群がって写真を撮っていますが、本物ではなくレプリカです。本物はドゥオモ付属博物館にあります。

ドゥオモ付属博物館

フィレンツェ ドゥオモ付属博物館

cimg6536-2

ドゥオモ付属博物館は、「ドゥオモの裏手にひっそりとある、観光客がほとんどいないけど、なかなか充実した穴場スポット」と、今までブログで紹介してきたのですが、改装が終了して、事情が変わってきたようです。

今では、すっかり綺麗になり、共通券で入場できることもあり、賑わっているそうです。嬉しいような、淋しいような…いや、淋しくない!皆が、この博物館の魅力に気づいてくれて嬉しいっすよ!

ぜひぜひおすすめなのが、ギベルティの『天国の門』の本物、今にも子供たちの歌声が聴こえてきそうなルーカ・デッラ・ロッビアの『聖歌隊席』、ドナテッロの『マグダラのマリア像』の3つです。

改装後、この博物館に、展望テラスもできたようですね。位置的に、ドゥオモのクーポラがしっかり見えるかもしれません。ぜひ行ってみたいです。

クリプタ

「Biglietto Unico」で入場できるスポットで、唯一私が入場したことがないのが、ドゥオモのクリプタです。

クリプタというのは、教会の地下にある墓所のことで、ここにドゥオモのクーポラを設計したブルネレスキが眠っているそうです。

また、このドゥオモができる前にこの場所にあった教会の、遺構を見ることができるようです。

「Biglietto Unico」についての私見

フィレンツェ滞在において「Biglietto Unico」は購入すべきか?

フィレンツェ ドゥオモ

フィレンツェでやりたいことの一つが、ドゥオモのクーポラに上ることだ、という人は結構多いです。

しかし、そのためには、他の見どころとの共通切符「Biglietto Unico」を€15で購入しなければなりません。

「Biglietto Unico」自体は、€15でクーポラとジョットの鐘楼、洗礼堂、博物館に入れるので、お得な共通券だと思います。

ですが、「クーポラに上るだけでいいんだけど…」という方にとっては、ちょっと不便な抱き合わせ販売となっています。

これは個人的な私の意見ですが、2日以内のフィレンツェの滞在であれば、「Biglietto Unico」の購入はおすすめしません。

「Biglietto Unico」で入れる見どころは魅力的ですし、気に入っているスポットもありますが、2日しかフィレンツェに居られないのであれば、ウフィツィ美術館、パラティーナ美術館、アカデミア美術館、サン・マルコ修道院などの方が優先されるかな…と思います。

クーポラからの眺めは確かに素晴らしいですが、フィレンツェの風景というのは、やっぱりクーポラが見えてこそだと思う私には、ミケランジェロ広場からの眺めや、ヴェッキオ宮の塔からの眺めの方が魅力的でした。

フィレンツェは、本当に見どころが多すぎる町なので、2日以内の滞在であれば、ドゥオモ鑑賞は欲張らず、外からの眺めと、無料で入場できるスポットだけに留めたほうが、フィレンツェを堪能できるのではないかと思います。

ただし、共通券を購入してもクーポラだけ上る!ジョットの鐘楼だけ上る!などのように、目的を絞る場合は、短い日数の滞在でも、「Biglietto Unico」を利用するのもありだと思います(本当に、切符のバラ売りしてほしいですよねー…)。

共通券を買ったら、ドゥオモのクーポラとジョットの鐘楼はどちらにも上るべき?

フィレンツェ ドゥオモ

共通切符を購入してしまうと、どうしても、全てに入場して、元を取りたくなるのが人間というものです。私にも大いにその傾向があります。

しかし、ドゥオモのクーポラとジョットの鐘楼は、あれだけ近い位置にあるので、「クーポラが見える」「ジョットの鐘楼が見える」ということ以外は、上からの眺めはさほど変わりません。

絶対にどちらにも上りたいという方以外は、特に滞在期間が限られている場合は、無理して両方に上る必要はないと思います。

共通券になる前の料金を考えると、クーポラとジョットの鐘楼のどちらか+サン・ジョヴァンニ洗礼堂+ドゥオモ付属博物館だけで、€15はじゅうぶん元が取れますよ!(と、自分に言い聞かせている私)

フィレンツェ観光の関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

フィレンツェ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

フィレンツェ

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.