イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

フィレンツェの観光プランを作る!滞在日数は?モデルコースは?

  • HOME »
  • »
  • フィレンツェの観光プランを作る!滞在日数は?モデルコースは?

フィレンツェの歴史地区は徒歩で周れる!

フィレンツェ旧市街

フィレンツェは、パノラマスポットのミケランジェロ広場、フィエーゾレ以外の見どころは、中心の歴史地区に集中していて、徒歩で回れる大きさの町です。

町歩きをする際の目印となる建物や教会が多いので、それほど迷う心配もありません。

フィレンツェ観光はどのくらいの日数が必要?

「屋根のない美術館」と呼ばれるフィレンツェの旧市街を歩くと、中に入りたくなるような、美しい教会・邸宅が、次から次へと現れます。

フィレンツェが歩いて観光できる広さとは言っても、1~2日の滞在で、その一つ一つをじっくり堪能することはできません。

フィレンツェをじっくり楽しむなら、1週間程度は滞在するのが望ましいです。

そうは言っても、そんなにゆっくりは滞在できない…という方もいらっしゃるでしょう。

丸二日あれば、有名どころの美術館やスポットを観光し、ちょっと中心街から離れたパノラマスポットまで行って、フィレンツェの美しい町並みを楽しむといった、フィレンツェ観光の基本(?)は押さえられると思います。

フィレンツェを1日で周るモデルコース

フィレンツェのドゥオーモ広場

できれば連泊して楽しみたいフィレンツェですが、1泊しかできないという場合もあるでしょう。

もし、私が1日しかフィレンツェで過ごせないならどうするか、フィレンツェの数多い名所から、見学する場所を厳選したモデルコースを作ってみました。

ミケランジェロ広場
まずは展望スポットである、ミケランジェロ広場に上って、フィレンツェの全景パノラマから始めましょう。ミケランジェロ広場へは、中心街から徒歩20分くらいかかります。中央駅からバスも出ていますが、時間の節約のために、行き(上り)はタクシーを使ってもいいと思います。
ウッフィツィ美術館
ミケランジェロ広場から下りて来たら、アルノ川沿いを歩き、グラツィエ橋を渡って(ヴェッキオ橋はまた後で)ウッフィツィ美術館鑑賞に行きましょう。常に行列ができている美術館なので、予約しておいた方が時間の節約になります。有名どころを中心に鑑賞するなら1~2時間くらいで周れます。
ドゥオーモ
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモとご対面!中には無料で入れます。
アカデミア美術館
やっぱりダヴィデ像を拝顔せねば。アカデミア美術館もハイシーズンには行列ができますので、予約がおすすめ。近くの有名ジェラート屋さんのカラベ(carabe)のジェラートを食べながら待ってもよいですけどね。
カヴール通り・レプッブリカ広場
重厚な邸宅が並ぶカヴール通り、メリーゴーランドの回る華やかなレプッブリカ広場を通りながら南下
ヴェッキオ橋
さて、いよいよヴェッキオ橋を渡ります!橋をじっくり鑑賞するのは、パラティーナ美術館見学後でもよいかも。
パラティーナ美術館
内装そのものも美しい、パラティーナ美術館で、ラファエロの聖母子像×2とご対面しましょう。
ヴェッキオ橋周辺の夕景
このあたりで、もう陽は傾きかけているかもしれません。中心部に戻りながら、ヴェッキオ橋周辺の夕景を楽しみましょう。

モデルコースに補足

美術に興味がない人は…アカデミア美術館Vsパラティーナ美術館

フィレンツェ アカデミア美術館

フィレンツェ パラティーナ美術館

このモデルコースは、ルネサンス美術大好きの私が作ったので、3つの美術館に入る、ちょっと忙しめのコースとなっています。

個人的には、アカデミア美術館もパラティーナ美術館も外せないんだぜ!と叫びたいですが、美術館ばかりに入っていられないという方は、アカデミア美術館とパラティーナ美術館の、どちらか一方はコースから外すのも…ありだと思いますっ(断腸の思い)!

じゃあ、どちらを外すか…ですが、以下の2つの美術館の特徴を比べて決めましょう。

アカデミア美術館の特徴
ミケランジェロのダヴィデ像がある
ボッティチェリ作品が多い
美術館自体は広くないが、行列ができるので入館に時間がかかることがある

パラティーナ美術館の特徴
ラファエロ作品が多い
館内の装飾そのものが美しい
入館に時間はかからないが、美術館はそこそこ広いので鑑賞に時間がかかる

外した分できた時間は、ドゥオーモのクーポラかジョットの鐘楼へ上る、ショッピングの時間に充てる、ゆったりカフェで時間を過ごす…など、興味に合わせて楽しみましょう。

フィレンツェで2日過ごせるなら?

フィレンツェ サン・ミニアート・アル・モンテ教会
(サン・ミニアート・アル・モンテ教会)

もう一日過ごせるなら、付け加えたいのはフラ・アンジェリコの作品が美しいサン・マルコ修道院、ルネサンスの幕開けを告げる、マザッチョのフレスコ画で飾られたカルミネ教会のブランカッチ礼拝堂あたりです。

なるべく中心の方で過ごしたいという方は、モザイクが美しいサン・ジョヴァンニ洗礼堂の内部入場や、ヴェッキオ宮探訪などもおすすめです。

私のおすすめルートでは、あんまり教会に入場してない…と思うかもしれませんが、フィレンツェには美しい教会が多いのですが、有料が多いんですよね。フィレンツェに滞在できる時間が短く、どうせお金を払うなら、教会よりは美術館の方が傑作をたくさん楽しめるかな、というのが感想です。

その中で、おすすめの無料教会を挙げるとしたら、ミケランジェロ広場近くの、サン・ミニアート・アル・モンテ教会です。中心街の喧騒から離れた場所にある、非常に静謐で美しい教会なので、時間がある方は、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

他のフィレンツェ関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

フィレンツェ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

フィレンツェ

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.