イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

JAL(国際線) 座席・機内食・搭乗レビュー 新・間隔エコノミーの感想は?

 日本語で安心のフライト!JAL

JAL

JALの利点は、何といっても日系なので、搭乗手続きや機内などで、日本語が使えるため、語学力に不安がある方でも安心して搭乗できることです。

残念ながら、以前運航していた、JALのイタリアへの直行便は、2016年現在、廃止されたままです。

そのため、JALを使ってイタリアに行くためには、パリやロンドンなどを経由した、乗り換え便となります。

 話題の新・間隔エコノミー

JALの国際線と言えば、2013年に開発した、ゆとりのある「新・間隔エコノミー」の座席が注目されています。

JAL SKY SUITE(スカイスイート)と名前の付いたフライトで採用されていて、従来のエコノミー座席の座席数を減らすことで、その分足元を広くしたエコノミー座席になっています。

全ての国際便で採用されているわけではありませんが、順次、SKY SUITEのフライトが増えてきています。

SKY SUITEでは、エコノミーだけでなく、プレミアムエコノミーやビジネスクラスなども、他社に比べて、快適な作りになっているようです。

 JAL SKY SUITE 新・間隔エコノミーの感想 (2014年搭乗)

機内環境・座席

JALの機内

座席の配列は3-3-3でした。以前のJALの国際線は3-4-3でしたが、座席の幅を広げるために、一列削られています。

実際に搭乗してみた感想として、確かに、他の航空会社のエコノミーと比べて広く、ゆったりと過ごせます。

ですが、低身長の私には(150cm前半)、逆に足元が広すぎて、足の置場に困りました。

とはいえ、広い方が快適であることは間違いないので、小柄な方は、旅行用品のフットレストなどを用意するとよいと思います。

モニターは、日本語で操作できるのでわかりやすかったです。モニター上で、乗り換え空港での、ゲートの移動方法を確認することもできて、助かりました。

前の座席の背面に、物を吊るす場所や、ちょっとした小物を入れるネットなどがあり、他の航空会社よりも工夫されていて、使いやすく感じました。

機内食

JAL機内食

CIMG5601-2

JALの機内食は、往路と復路で、天と地の差がありました…(大げさではありません!)。

往路の機内食は、食品チェーン店と提携していました。

私が搭乗した時は、往路2回の機内食は、Soup Stock Tokyo、ケンタッキーとそれぞれ提携していて、非常に美味しく、これからはずっとJALを使おう!とまで思いました。

しかし、パリ発となった復路の機内食は、今まで食べたどんな機内食よりも不味かった…。

デザートにせっかくハーゲンダッツのアイスクリームが出たのですが、機内食の味の悪さに食欲が落ちてしまって、残念ながら食べられなかった…という程でした。

そのため、往復して平均すると、評価は並になってしまうのが残念なところです。復路の機内食が改善されるとよいのですが…。

その他サービス

CAさんの応対は、経営再建後、特に力を入れているのか、非常に感じがよくなったと思います。

何といっても日本語で話すことができるのが、大きなメリットです。

私が搭乗した際、機内に持ち込んだ発泡酒のビンを開けた乗客がいて、気圧のせいで炭酸水が飛び散り、たくさんの乗客にかかるという小事件が起きましたが、 CAさんはてきぱきと掃除して下さって、また、発泡酒を開けた乗客にもしっかり注意していて、なかなか頼りになりました

 JAL SKY SUITEのプレミアムエコノミーについて

同行した母が、SKY SUITEのプレミアムエコノミーを利用したので、母から聞いた話を少しだけ。

座席の広さは、アリタリア航空のプレミアムエコノミーと比べて広く感じ、快適だったそうです。

機内食は、エコノミーとほぼ同じだったそうですが、ちょっとしたお菓子が、プラスアルファでつきました。その他には、スリッパをもらえたそうです。

 主要空港について

シャルルドゴール空港

JALを使って、イタリアに行く場合は、必ず乗り換え便となります。

パリのシャルルドゴール空港、ロンドンのヒースロー空港、ドイツのフランクフルト空港など、大型空港での乗り換えになることが多いです。

2014年のJAL搭乗は、パリのシャルルドゴール空港乗換となりました。

シャルルドゴール空港は、以前は非常にわかりづらい空港でしたが、工事があったようで、ターミナル移動がわかりやすく改善されていました。

ただ、広い空港であることには変わりがないので、到着ターミナルによっては、移動に時間がかかる場合もあります。

 JALの一般的な評判

以前のJALの国際線は、あまり評判が芳しくありませんでしたが、経営再建後は、かなり良くなったと感じました。

日系企業なので、ストライキなどの不安は欧州系に比べて少ないですし、ロストバゲージに遭ったという声も、少ないと感じます。

 JALのまとめ

「新・間隔エコノミー JAL SKY SUITE」が最大の売りになっているJALの国際線。

欧州系のフライトに比べて、2~3万円値段が高かったですが、座席の快適さを求めたい方は、 2~3万円を出す価値はあると思います。

個人的には、復路の機内食があれほどひどくなければ、今後も2~3万円の違いであれば、「JAL SKY SUITE」を利用したいと思います。しつこいようですが、機内食が改善されれば!

JALを使うメリット
新・間隔エコノミーは、通常のエコノミーより広くて快適
座席周りの小物入れが充実していて便利
日本語が通じるので安心
往路の機内食が美味しい

JALを使うデメリット
欧州系の航空会社より運賃が高い傾向にある
復路の機内食が美味しくない(パリ便の場合。改善されているかもしれませんが)

JALの公式サイトはこちら

他の航空会社のレビュー記事もあわせてどうぞ



イタリア行き航空券関連の記事インデックスはこちら
イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.