イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

  • HOME »
  • »
  • 海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

ローマ旅行

私のイタリア旅行は、いつも慎ましやかな、節約旅行です。無い袖は振れませんからね、ええ。

そんな私ですが、海外旅行保険には、いつもしっかり入っています。

節約旅行なのに矛盾しているように見えますが、むしろ、節約派こそ、海外旅行保険には入らなければならないのですっ!

海外では、医療保険が効かないため、万が一のケガや病気で病院にかかると、数百万円単位の医療費がかかることがあります。

イタリア旅行でケガや病気をする確率は、決して高くはないかもしれませんが、ゼロではありません。万が一に備えて、数千円の旅行保険に入っておくのは、むしろ節約になると思っています。

節約旅行派の味方「off!」が大幅値上げ!

値上げ

私のような節約旅行派に、長年の間愛好されていた海外旅行保険が、損保ジャパンの「off!」でした。地球の歩き方の裏表紙には、たいてい「off!」の広告が掲載されていて、知名度も抜群でした。

2017年度の旅行でも、旅行2~3週間前に、この「off!」にいつものプランで入ればいいかな、と思ってサイトを見てみると…。

…最初は目を疑いましたよ!保険料が倍近くに跳ね上がっている!

今まで、「イタリア行き・3週間前後の旅程・ファミリープラン」の旅行保険は、手荷物遅延のオプションなども付けて、二人で8000円程度で入れていたのですが、倍近くになっていました。

仕方ない、他の旅行保険を探そう…と思いましたが、もともと「off!」は、他の旅行保険会社よりもかなり格安設定だったため、2~3週間のイタリア行きで、もともとの予算(一人5000円以内)で入れそうな旅行保険は見つかりません。

ていうか、そもそも海外旅行保険そのものが値上げの流れになっていて、他社もじりじりと値上げしてますよ!

さあ、どうする私!?

海外旅行保険付帯の無料クレジットカード「エポスカード」を作ることに

エポスカード

こうなったら、もう、奥の手しかありません。

いえ、奥の手なんかじゃありませんね。海外旅行では常識の、「手厚い海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを作る」しかありません。

今までも、この手は知っていたのですが、何だかクレジットカード作るのが面倒くさくて、作っていなかったんですよね。面倒くさがりはいけませんね。

海外旅行保険の内容が充実していて、しかも無料で作れるクレジットカードは、昔はたくさんあったんですが、時代の流れなのか、かなり数が少なくなってきました。

その中で選ぶなら、マルイと提携している「エポスカードが鉄板」というのが、海外旅行好きにはよく知られていることです。

エポスカードは、入会費・年会費無料…つまり、完全無料で作れるクレジットカードの中では、海外旅行保険が手厚いことで有名です。

また、カードを持ってさえいれば、海外旅行に出かけた際に、自動的に海外旅行保険の特典が適応される「自動付帯」であることも魅力です。

旅行まであと2~3週間と迫っていたため、急いでエポスカードをオンラインで申し込みました。

エポスカード申し込みから発行までの流れ

出発が迫っていたので少し焦りましたが、エポスカードをオンラインで申し込んでから手元に届くまでは、7日間…ちょうど1週間でした。

以下、申し込んでから手元に届くまでの流れです。

オンラインで申し込み
エポスカードの入会ページに行き、必要事項を記入して送信します。私は10分くらいで記入が終わりました。突っ込んだ質問としては、勤め先のTEL番号、従業員数、勤務年数などでしょうか。あらかじめ確認しておくと、記入がスムーズです。あと、この時点で、4桁の暗証番号を設定するので、こちらも決めておくと早く終わります。
申し込み完了のメールが届く
このメールは、申し込み送信後にすぐに届きます。申し込みを受け付けたというだけの確認メールで、カード発行のための審査結果などは含まれません。
カード発行のメールが届く
カード発行のための審査を無事に通過すると、「カードを発行します」という旨のメールが届きます。私の場合は、申し込みをしたその日のうちに、このメールが届きました。
口座振替手続きを行う
カード発行のメールの中に、口座振替手続きの案内があります。案内にあるリンクから、オンラインで手続きできます。手続き期限は7日以内でしたが、私は旅行が迫っていたので、メールを受け取ってすぐに手続きしました。この手続きは5分くらいで終わります。
使用限度額などを決めたハガキが届く
口座振り替え手続きが完了した3~4日後に、エポスカードから使用限度額などを決めたハガキが届きました。
エポスカードが届く
オンライン申し込みをしてから、ちょうど1週間で、手元にエポスカードが届きました。受け取るためには、身分証明書が必要です。クレジットカードなのに、ずいぶん大きな封筒で届いたので驚きました。

エポスカード付帯の海外旅行保険だけでイタリア旅行には足りる?

エポスカード

さて、改めて、エポスカードに付帯する、海外旅行保険の内容を見てみましょう。

 傷害死亡・後遺障害  500万円
 傷害治療費用  200万円
 疾病治療費用  270万円
 賠償責任  2000万円
 救援者費用  100万円
 携行品損害  20万円

(2017年4月の状況。詳細はエポスカードのサイトでご確認下さい)

この内容で、イタリア旅行に足りるか…ですが、それは何とも断言できません。

1週間程度の日程で、しかもツアーで行くならば、この補償内容で行くのも悪くはないかな…とは思います。

個人的に、もう少し欲しいかな、と思うのは、「傷害治療費用」。イタリア旅行中に病院にかかるような病気にかかる可能性(=疾病治療費用)よりは、交通事故などでケガをする可能性の方が高いかなあ…と思うので(イタリアは車の運転が荒いことで有名)、300~400万円くらいは欲しいように思います。

あとは、やっぱり航空機遅延と、ロストバゲージ(手荷物遅延)の際の保険が欲しいところかなあ…。しかし、この2つの保険が付帯している無料のクレジットカードは、まずありません。

エポスカードの補償内容で足りない部分はこうやって補う!

こういった、気になる「足りない部分」は、他に海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っている場合、その補償金額も合算して受け取ることができます。

エポスカード以外で自分が所持しているクレジットカードに、海外旅行保険が付帯しているのか、補償金額はどのくらいか、まずは確認しましょう。

海外旅行保険の内容が手厚いカードを、複数枚所持するというのも、よく知られた方法です。

エポスカード以外で、無料で作れる、海外旅行保険が手厚いクレジットカードといえば、楽天カードが有名です(楽天カードは、旅行代金の一部を楽天カードで決済した場合にのみ、海外旅行保険が付く「利用付帯」です)。

また、無料クレジットカードの海外旅行保険では足りない部分を、オーダーメイド式の海外旅行保険で補うこともできます。

私のおすすめは「エポスカード」+「AIUのフリープラン」

私が現在、イタリア旅行のための海外保険で、自分に最適かなと思っているのは、「エポスカード」の補償内容に、「AIU」のオーダーメイド式プランである「フリープラン」を合わせることです。

AIUの「フリープラン」は、クレジットカードに付帯する保険ではカバーできない「航空機遅延」「手荷物遅延」をつけることができます。

心配性な私は、これに、さらに「傷害治療300万(これもエポスカードの200万と合算できます)」と、「賠償責任1億(私、不注意だからな…)」を付けます。

AIUの「フリープラン」は、フリーでも「死亡・後遺障害」を必ず付けなければならないという縛りと、「手荷物遅延」を付けるなら「携行品損害」も必ず付けるという縛りがありますが、それまで付けても、イタリア旅行3週間で4000円行かないくらいです。

まあ、このくらいが、「節約したいけど小心者で心配性」な私の、落としどころかなあという感じですね。

エポスカードを申し込むのは出国が差し迫る前に、お早めに!

エポスカード

最後に、もう一度大事なこと!

エポスカードは申し込んでから手元に届くまで、私の場合はちょうど1週間かかりました。

ですが、この1週間は、私がすべて最速で手続きした場合の日数です。場合によってはもう少し時間がかかる可能性もあると思います。

できれば、旅行に出かける1ヶ月前~3週間前くらいには、申し込んでおくのが安心だと思います。

旅行出発直前は、他の準備でバタバタしますので、海外旅行保険はなるべく早めに決めて、手続きを済ませておきましょう。

エポスカードを詳しく見る

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.