イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

バチカン美術館攻略マニュアル 見どころは?予約は必要?

  • HOME »
  • »
  • バチカン美術館攻略マニュアル 見どころは?予約は必要?

バチカン美術館とは?

バチカン美術館

バチカン美術館とは。

カトリックの総本山・バチカン市国内にある、歴代の教皇が威信をかけて集めた芸術品を展示している、世界に名立たる美術館です(バチカン博物館とも言われます)。

美術館内には、人類の芸術作品の最高峰との呼び声高い、ミケランジェロの「天地創造」「最後の審判」といった天井画・壁画で装飾されたシスティーナ礼拝堂があります。

システィーナ礼拝堂以外にも、ラファエロの「アテネの学堂」などの傑作壁画、ヘレニズム時代の傑作彫刻「ラオコーン」、ルネサンスの巨匠たちの絵画を多く展示する絵画館など、見どころが多すぎる美術館で、ローマ観光では外せないスポットです。

ちなみに、バチカン美術館は、内部に複数の美術館があり、バチカン美術館という呼び名はその総称です。そのため、イタリア語では、「musei」と、英語のmuseumに当たる単語が、複数形になっています。

バチカン美術館の見どころ ここだけは見逃せない!

システィーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂

言わずと知れた、バチカン美術館最大の見どころです。

ミケランジェロの天井画「天地創造」、後方の壁画「最後の審判」だけでもお腹いっぱいになりそうなのに、側面の壁も、ボッティチェリ、ギルランダイオ、ペルジーノ、ルカ・シニョレッリなどの、ルネサンス期の巨匠が競演している、実に贅沢な空間です。

順路は最後の方に位置しているので、システィーナ礼拝堂を目当てにバチカン美術館に行く場合は、システィーナ礼拝堂にたどり着く前に力尽きないように、体力を温存して鑑賞して下さい。

バチカン内は広いですが、システィーナ礼拝堂の案内表示は、館内至る所にあるので、迷わずにたどり着けます。

内部は写真撮影禁止で、座り込みや大きな声でのおしゃべりが禁止されていて、係員やアナウンスに注意されます。(しかし、この真面目ぶっている係員たちは、人が少ない時はふざけ合っているのを私は目撃したぞ。)

オペラグラスを持ち込んで天井画を鑑賞する人もいますが、私は(コンタクト入れて1.0くらい)肉眼でじゅうぶん楽しめました。

システィーナ礼拝堂を最も空いた状態で見るには?

いつも大混雑のシスティーナ礼拝堂。

空いた状態で見る技としては、朝一番でバチカン美術館に入場し、他の展示室には脇目もふらず、一心不乱に「Cappella Sistina」の矢印に従って、まっすぐシスティーナ礼拝堂を目指すのがおすすめです。

一緒に朝一番で入場した人のほとんどは、他の見どころでも足を止めると思いますので、先にシスティーナ礼拝堂まで行ってしまえば、一番乗りで人が少ない状態で見学できます。この方法で、ラファエロの間も先に見てしまうのもありです(順路では、システィーナ礼拝堂よりラファエロの間が先です)。

さて、この方法だと、すっ飛ばしてしまった展示室が後から見学できないのでは?と心配になると思いますが、広い広いバチカン美術館は、総合案内所のような、クロークやオーディオガイド貸出カウンターがある場所があります。

そこからスタートしてそれぞれの見所を見て回った後は、また総合案内所に帰って来れる構造になっています。

ですので、システィーナ礼拝堂を見た後、この総合案内所に戻ってくれば、また、一から見学しなおすことができます。私は、初めてバチカン美術館に行ったとき、この構造を知らなくて、先にシスティーナ礼拝堂を見た後、必死で後戻りしました。あの時、キミは若かった…。

システィーナ礼拝堂の後に、総合案内所に戻ってくるのは、それほど難しくありませんが、時々、間違ってピエトロ大聖堂側に続く道に迷い込んでしまう人もいるようです(この道はいつも開放しているわけではないそうですが)。

心配な場合は、システィーナ礼拝堂を見学した後、スタッフに、「カフェテリア」か「ピナコテカ(絵画館)」に行く道を尋ねるようにすれば、総合案内所に戻って来れます(どちらも総合案内所から行くため).

ラファエロの間

アテナイの学堂

システィーナ礼拝堂に次ぐバチカン美術館の人気スポットが、ラファエロの間です。

ラファエロと、その弟子が天井画・壁画を手掛けています。ここで鑑賞できる壁画「アテネの学堂」はあまりにも有名です。

個人的に一番感動したのは、ヘリオドロスの間にある「聖ペテロの解放」です。

cimg3867-2
天使が、収監されている聖ペテロを助けに来る場面を描いています。

ラファエロの間は、時期によって、外の通路を通って、一番奥のコンスタンティヌスの間から順に見学となることもあります。そのせいで方向感覚がおかしくなることもありますが、奥からの見学でも、全ての部屋を見学できるようになっています(修復中でなければ)ので、順路通り進めば心配ありません。

ベルヴェデーレの中庭にある「ラオコーン」

ラオコーン

システィーナ礼拝堂とラファエロの間が、バチカン美術館の二大人気スポットですが、三番目は何かというと、やはり、「ラオコーン」を推したいです。

世界史の教科書でも見たことがあると思いますが、ヘレニズム期の傑作と言われる(制作年代には諸説あり)、トロイの神官ラオコーンが女神アテナの放った蛇に、絞め殺されてしまう場面の彫刻作品です。

このラオコーンがあるのは、ピオ・クレメンティーノ美術館内の中庭です。

ピオ・クレメンティーノ美術館は、飛ばしてシスティーナ礼拝堂まで行けるので、スルーしてしまう観光客も多いですが、時間に追われていなければ、ぜひラオコーンだけにでも対面してくることをおすすめします。

ちなみに、ラオコーンの近くには、アポロ像、ペルセウス像といったイケメン像もありますよ!

ピナコテカ(絵画館)

奏楽の天使

バチカン美術館のピナコテカ(絵画館)は、システィーナ礼拝堂や、ラファエロの間の人気ぶりに押されてしまって、いまいち目立たない存在ですが、鑑賞せずに済ませるには惜しすぎる、すさまじいコレクションです!

ラファエロの絶筆を含む三作品(その他小作品もある)、カラヴァッジョ、フィリッポ・リッピ、レオナルド・ダ・ヴィンチの未完成作品と、イタリア美術好きには必見の作品目白押しです。

個人的に特に鑑賞をおすすめしたいのが、画像の、メロッツォ・ダ・フォルリの「奏楽の天使」。もともとサンティ・アポストリ聖堂という教会にあった壁画を、教会が取り壊される際に、壁だけ剥がしてバチカン美術館に持ってきたものだそうです。

そのため、ひび割れた壁に描かれた天使たちが、断片的に残っているのですが、ひびが入っていようと、主がいなかろうと(同じ絵の中心に描かれていたキリストの絵だけは、現大統領官邸にあるらしい)、音楽だけは響き続けている…みたいな、ちょっと感動を覚える絵です。

ピナコテカ(絵画館)は、最初の総合案内所のような入口で、他の有名な見どころと方向が別になります(入ってすぐ右折。他の見どころは左の方に進む)。

私はいつも、最初にピナコテカを見て、いったん地下のバールで休憩して、それから他の見どころへ突撃しています。逆に、システィーナ礼拝堂などを見終わってから、入り口側に戻ってピナコテカに行く方もいます。

バチカン美術館の鑑賞は、所要時間はどのくらい?

バチカン美術館

バチカン美術館は、所蔵作品が多いだけでなく、館内自体も非常に広いです。おそらく、全てをゆっくり堪能しようと思うと、丸一日はかかると思います。

人気の高いシスティーナ礼拝堂とラファエロの間は、順路の最後の方に当たります。そこにたどり着くまでに、他の作品をじっくり鑑賞しているうちに、時間が無くなってしまう…なんてこともありますので、自分の予定と合わせて鑑賞しましょう。

ラオコーン+ラファエロの間+システィーナ礼拝堂の3つだけを鑑賞するという人でも、移動そのものに時間がかかるので、1時間半~2時間は念のため見積もっておいた方がよいと思います。

バチカン美術館のレストラン・カフェ

1日かけてでも、ゆっくりバチカン美術館を堪能したい人は、美術館内のレストラン・カフェを利用しながら休憩することになると思います。

が!

この、レストランとカフェが………。

まず、地下の食堂。セルフサービスのレストランで、学食みたいな雰囲気です。ですが、値段は学食よりも高くB級グルメ級、で、味は学食です。それでも、自分は学生だと暗示をかけ、値段のことを考えないようにすれば、食べられない程のことはありません。

そして、カフェ…。注文したものを、広々とした中庭で食べたり飲んだりできるのは気持ちいいのですが、注文した紅茶は、人生で飲んだ紅茶の中で一番不味いシロモノでした。熱湯が、明らかに耐熱性でないビニールカップに入れて出されましたよ。その中に、ティーパックを自分で入れて飲みなさいよ!という紅茶でした。

ですが、他に休憩する場所ないんですよね…。休憩にはここを使うしかないですね。カフェ内に売っている、市販の水とお菓子を買って休憩するのが無難だと思います。

バチカン美術館は予約が必須?

アテネの学堂

バチカン美術館は公式サイトでオンライン予約ができます(http://mv.vatican.va/)。

私が行った2月、3月は行列は無しでした。私が2回バチカン美術館に足を運んだ感じだと、同じローマ内の、サン・ピエトロ大聖堂やコロッセオ程は行列にならない、という印象です。

予約が必ずしも必要とは思いませんが、ハイシーズンに訪問予定で、時間を節約したい場合は、公式サイトでの予約は英語で簡単にできるようなので、予約しておいた方が無難だと思います(ただし予約料€4がかかります)。

バチカン美術館のミニ情報 館内情報・服装など

ラファエロの天使

 中はあまりに広くて途方に暮れますが、無料で持ち歩ける館内案内図はありません。詳しい館内の地図つきのガイド本を持ち歩きたいところですが、バチカン美術館は広くて疲れますので、なるべく荷物を減らすため、コピーもしくは必要な部分を切り取って持っていくことをおすすめします。

 荷物はクロークで預けられます。なるべく疲れないように、身軽になって大美術館に突撃しましょう。

 バチカン美術館は、サン・ピエトロ大聖堂ほどは服装にうるさくない印象ですが、システィーナ礼拝堂は聖なる場所なので、あまり露出が激しすぎないファッションで行くように気をつけましょう。

 システィーナ礼拝堂は、なんと閉館30分前には追い出されます!見学には余裕を持って!

バチカン美術館
イタリア語:musei vaticani(ムゼイ・ヴァティカーニ)
公式サイト:http://mv.vatican.va/
日本語で予約できるサイト:VELTRA
旅行記:2013年その1 2013年その2 2009年

他のローマ関連記事もあわせてどうぞ



ローマ関連記事のインデックスはこちらから
イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.