イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

ローマ観光プランの作り方 おすすめのモデルコースは?一日で周るには?

  • HOME »
  • »
  • ローマ観光プランの作り方 おすすめのモデルコースは?一日で周るには?

ローマを堪能し尽くすには数年が必要!?

「ローマは一個の世界であって、それを通暁するのには、まず数年を必要とする」( ゲーテ『イタリア紀行』相良守峯訳・岩波文庫より)

我々と同じ、イタリア旅行愛好家であったゲーテは、ローマの全てを堪能し尽くすには、数年間は滞在しなければならないと書いています。

まったくゲーテの言う通りで、ローマは、あまりにも見どころが多い町で、ガイドブックを見ると、いったいどこをどの順番で見て周ればよいのか、途方に暮れてしまいます。

私は、3回ローマに足を運んだことがあり、全部で15泊していますが、それでも全くローマを制覇したとは言えません。まだまだ行きたい場所が山ほどあります。

しかし、ローマを楽しみ尽くすために、ローマに数年滞在するなんてことは、なかなか現実的に叶う夢ではありません。

何とか、自分の滞在期間に合わせて、山ほどあるローマの見どころを、取捨選択して観光プランを立てていかなければなりません。このページで、そのお手伝いが、少しでもできればいいなと思っています。

ローマに行ったらこれだけは見逃せない!ローマ2大スポット

ローマの観光スポットの数は、ゆうに100は超えます。その中で、これを見なければローマに行ったとは言えない!という、ローマ観光地のツートップをご紹介します(たぶん、紹介される間でもなく、ご存知だと思いますが…)。

コロッセオ

言うまでもない、ローマのシンボル。「コロッセオが崩れるとき、ローマも滅びる」などと言われています(実際は、既に少し崩れかけてますけどね…)。

バチカン美術館(システィーナ礼拝堂)

ANGEL ART

バチカン美術館の中のシスティーナ礼拝堂は、ミケランジェロの、「天地創造」「最後の審判」などの、あまりにも有名な天井画・壁画で装飾されています。

ルネサンス美術の最高到達点とも言えるような、迫力ある圧巻な空間。ローマまで足を運んで、見ずに帰るなんて選択肢はありません。

バチカン美術館自体は非常に広くて、全部を丁寧に見て周ると、半日以上は確実に費やしてしまうので、時間がない場合は、他の展示部屋はスルーして(スルーするのはもったいない部屋もありますが…仕方ない!)、システィーナ礼拝堂と、その手前の順路に位置する「ラファエロの間」だけ鑑賞しましょう。

ローマ観光のルートを作るコツ!

ローマ

ローマのような、見どころの多い町は、まずはガイドブックなどで、行きたい場所をピックアップしましょう。

基本的には、行きたい場所から順に行くのがよいですが、それだと行ったり来たりになってしまい、効率が悪くなります。

ですので、行きたい場所を、何が何でも行く場所「スタメン」と、できれば行きたい場所「補欠」に分けましょう。

それで、まずは、「スタメン」を、開館・開場時間を考慮しながら、順番に線で結んでいきます。最低でも、ここに何時に着きたいという目安の時間も書き込みます。

そして、「スタメン」の移動の途中に「補欠」がある場合は、チェックしておきます。時間があれば、立ち寄るようにします。こうしてルートを作れば、理論上は「スタメン」を逃すことはないです(あくまで「理論上は」です。実際は、のっぴきならない事態が起きて、予定は狂うこともあります)。

これは私個人の意見ですが、ローマ内での移動に、地下鉄やバスは、距離のある移動以外ではおすすめしません。ローマの地下鉄には旅行者を狙うスリが多いです。バスは、スリが出るだけでなく、本数が少なかったり、降車場所がわからなかったりと、使いこなすのは難しいです。

ローマは、城壁内であれば徒歩で周れる町です。また、見どころから見どころへ移動している途中にも、バロック教会や噴水、古代遺跡がふっと現れますので、歩くだけでも観光になります。バロック芸術と古代遺跡が融合している独特の町並みを、ぜひ歩きながら楽しんで下さい。

ローマ観光 1日で周るおすすめのモデルコース!

サンタンジェロ城

ローマは連泊が望ましい町ですが、どうしてもローマで1日しか過ごせないという場合の、モデルコースを作ってみました。

ローマに限らず、イタリア旅行では、不測の事態が起こることがあるので、あまりにも時間に追われすぎないようなコースにしました。そのため、ガイドブックや他のサイトが提案しているようなモデルコースに比べると、訪問スポットの数が少ないと思います。

バチカン美術館
まず、朝一番で、バチカン美術館に行きます。美術館に入場したら、「Cappella Sistina(システィーナ礼拝堂)」の矢印に従って、他の展示物は飛ばして、まっすぐシスティーナ礼拝堂を目指します。システィーナ礼拝堂の手前のラファエロの間を見学した後、システィーナ礼拝堂を見学。朝一番に、システィーナ礼拝堂に直行すれば、結構すいている状態で見ることができます。
サンタンジェロ城(外観)・サンタンジェロ橋
サンタンジェロ城内には入らず、天使の立ち並ぶサンタンジェロ橋から外観を拝みます。
スペイン広場
おそらく人がものすごく多いので、ササっと見学。
トレヴィの泉
おそらく人がものすごく多いので、ササっと…(以下略)
コロッセオ(外観)
まずは外側から、コロッセオの雄大な姿を拝みましょう
コロッセオ内部入場か「真実の口」を見に行くか選択
ここは2択。コロッセオの内部に入るか(おそらく行列あり)、「真実の口」を見に行くか(写真撮影の行列はあり)。個人的には、コロッセオ内部をおすすめしたいですが、どうしても「真実の口」を一目見たい方もいるかと思います。
ジェズ教会
バロックの3D天井画と呼ばれる、絵が立体的に見える圧巻の天井画を鑑賞しましょう。ただし、お昼休みがあるので、ジェズ教会到達は16時くらいが望ましいです。
パンテオン
内部には無料で入れます。広くないので時間はかかりません。
サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会
内部入場して、カラヴァッジョの聖マタイ三部作を鑑賞します。
ナヴォーナ広場
ベルニーニ作の四大河の噴水のある、バロック広場で〆。

 

このルートなら、それほどバタバタすることなく、旅程をこなせるのではないかと思います。制限時間が1日なので、行列の待ち時間が長いサン・ピエトロ大聖堂は、あえて外しました。

古代ローマ遺跡、ルネサンス芸術、バロック芸術、ローマの休日コースと、ローマという町がもつ複数の顔を、それぞれ少しずつ楽しめるコースになっています。

補足

もし、このモデルコースで時間があまったらどうする?

このモデルコースは、鈍足旅行派の私が作ったものなので、やや、ゆとりのあるコースです。そのため、サッサと回り終わってしまう人もいるかもしれません。

フフフ…そんなこともあろうかと、〆をナヴォーナ広場にしてあるんですよ。

ナヴォーナ広場周辺は見どころが多く、カラヴァッジョ作品・ラファエロ作品を所蔵するサンタゴスティーノ教会へ入ってもいいですし、パンテオン近くのサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会も見どころの多い教会です。

まだまだ歩き足りない場合は、このモデルコースではスキップした、サン・ピエトロ大聖堂まで行くのも、ナヴォーナ広場からならそれほど遠くないです。サン・ピエトロ大聖堂が開いている時間に間に合わなくても、大聖堂前の広場や、正面からの外観だけでも楽しめます。

もし、ローマで2日過ごせるなら?

ローマで2日過ごせるなら、上記のコースに、バチカン大聖堂と、フォロ・ロマーノを加えるのが妥当だと思います。

また、バチカン美術館の、システィーナ礼拝堂以外の部分を省略せず、傑作の多いピナコテカ(絵画館)と、有名な「ラオコーン」のある、ベルヴェデーレの中庭を鑑賞に加えるのもおすすめです。

美術好きには、城壁外になりますが、ボルゲーゼ美術館もおすすめしたいです(事前予約が必須)。

「ローマの休日コース」には本当に行きたいか考えよう

真実の口

ローマ観光では、映画「ローマの休日」にゆかりのあるスポットが人気です。

「スペイン広場」「トレヴィの泉」「真実の口」などが有名スポットですが、旅行のオフシーズンでも、すさまじい人だかりです。

映画を見ていない私の感想だと、これらの有名スポットは、それぞれ魅力はありますが、他のローマの観光スポットよりも、特別に優れて見どころがあるとは思いません。

特に思い入れもないのに、この「ローマの休日」スポットだけをピンポイントで周ってしまうと、ローマではただ人ごみに疲れただけ…となってしまう可能性もあります。

もしローマで過ごせる時間が短いのであれば、「有名だから」行くのではなく、本当に行きたいかどうかを考えて、コース決めすることをおすすめします。

他のローマ関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.