イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

これで困らない(かも)!イタリア旅行でのバスの乗り方マニュアル

イタリアのバス

「イタリア旅行でバスに乗ると言っても、バスくらい切符買って乗って、目的地で降りりゃあいいんだろ」…と、お思いのそこのアナタ、甘いっ!

いやあ、イタリアでの個人旅行では、これまでバスに何度も泣かされていますよ…。日本の至れり尽くせりのバスサービスがどんなにまぶしく感じることか。ビューティフル・ジャパニーズ・バス!

では、イタリアのバスの何がそんなに問題なのか。

イタリアのバスの問題点報告書
1.バス停が見つからなーい!
2.バス停近くで切符が買えなーい!
3.バス停に時刻表がなーい!
4.バスがなかなか来なーい!
5.交通渋滞でバスが全然進まなーい!
6.どこで降りればよいのかわからなーい!
7.帰りのバス停が見つからなーい!

…というわけで、おすすめなのは、歩ける距離の時は歩くことです。バス停を探したりバスを待ったりしているうちに、歩いたら着くくらいの時間は過ぎてしまいます。旅で立ち寄る見知らぬ町なら、歩くことで小さな発見もありますしね。

とはいっても、バスを利用せざるを得ない場合も出てきます。というわけで、私がバス利用の際に工夫していることなどを含めて、イタリアでのバスの乗り方を記録しておきます。

イタリアでのバス切符の買い方

エディコラ

まず、これは一番重要な情報なのですが、イタリアでは、車内でバス切符が購入できないことが多いです。(シチリア島だけは例外で、長距離バス利用であれば、ほとんどの場合、バス内で運転手からバス切符を購入できます。)

バスに乗る前に、タバッキ(「T」のマークが目印の雑貨店)、エディコラ(新聞スタンド店)、バールなどで、バス切符をあらかじめ購入しておきます。

あまり大きくない町だと、バス切符を売っているお店が一斉に昼休みに入ってしまい、その時間帯には切符を購入できないことがあります。また、バスで遠足に行ったりした場合、遠足先の町にバス切符を売っているお店がなく、帰りの切符が買えずに困ることもあります。

そういうわけで、バス切符は売店が開いているうちに早めに、できれば往復で買っておくことをおすすめします。バスを利用する日でなくても、切符の購入は可能です。

市内バスの値段はたいてい一律で、町にもよりますが€1~1.5程度です。一日券などの方がお得なケースもあるので、一日に複数回バス利用する予定がある場合は、あらかじめバス会社のホームページなどで、料金体系を調べておきましょう。

バス車内にある自動券売機を使う時の注意点

最近は、人口が多い都市の市バス利用の際、バス内に自動券売機を見かけることも増えてきました。

自動券売機での購入方法は難しいこともありますが、周りの地元の人々が教えてくれるので、心配ありません。

ただし、自動券売機ではコインしか使えなかったり、お釣りが出ないことも多いので注意しましょう。また、車内でのバス切符購入は、お店で購入するバス切符より、1割程度値段が高いことも多いです。

バスの時刻表は公式サイト&インフォメーションで調べよう

イタリアのバス停は、バスの時刻表が貼っていないことも多々あります。

ほとんどのバス会社は、それなりの公式サイトを持っていて、時刻表を調べることができます。イタリア語で時刻表は「Orario」です。

しかし、平日ダイヤ、休日ダイヤなどを、イタリア語がわからない人が見分けるのは難しいです。

そんな場合は、観光インフォメーションで、「○月×日の時刻表を知りたい」などと尋ねれば、時刻表をプリントアウト(もしくは手書き)してもらえます。

イタリアの町でバス停を探せ!

バス停

バス停は、特に駅前や広場など、多くのバス停があるバスターミナルでは、どのバス停から乗ればよいのか、わかりづらいです。ホームに係員がいる鉄道と違って、誰に聞けばいいのかもわかりません。

なので、まずは、切符を買うときに、売店の店員さんにバス停を尋ねましょう。ただ、教えてくれますが、かなり適当です!あとは、頑張ってバス停に貼ってある路線図などで、そのバス停に停まる線を確認します。

バスを待ってるヒマそうな現地の人に聞くのもアリですが、現地の人が自信なさそうに答えるときは、間違っている可能性が高いので、複数の人に聞いてみましょう。(イタリア人は日本人と違って、尋ねられたことに対して、確信がなくても答えます。これは文化の違いなので、悪気があるわけではありません。)

また、帰りのバス停を探すのに手こずることがあります。イタリアでは、帰りのバス停が、日本のように、行きのバス停のほぼ反対側にあるわけではなく、とんでもなく遠い場所にあったりします!

降りた場所が終点だったらそのまま運転手さんに聞いても良いし、もしどうしても見つからなかったら、現地の人に聞いてみましょう。帰れなくなるのでは…と思うと非常に心細くなり、観光に集中できなくなるので、帰りのバス停とバスの時刻は、早めにチェックしておきましょう!

あと、これは、何度イタリアに行ってもやらかしてしまうのですが、イタリアの車は、右車線通行であることを頭に入れておきましょう。うっかり日本の感覚で、反対側のバス停でぽかーんとバスを待ってしまうのは私だけでしょうかねえ。

ちなみに「バス停」は、イタリア語で「fermata(フェルマータ)」です。

イタリアでのバスの乗り方

イタリアのバス

原則は「前乗り・後ろ降り」

イタリアのバスは、原則として前のドアから乗り、後ろのドアから降ります。

このルールは結構ルーズなことが多く、混雑時や、移動が面倒な場合などは、地元の人々も適当なドアから乗り降りしています。

切符の刻印を忘れずに!

イタリアでは、バスに乗ったら、切符に刻印が必要です。

刻印機は、バス車内にあり、たいてい黄色くて、運転席のやや後方にあります。

上から切符を入れて刻印するタイプと、横から水平に入れて刻印するタイプがあります。わからなければ、周りの乗客さんたちが親切に教えてくれるので、心配無用です。

刻印を忘れたらどうなるか…ですが、大抵の場合は、どうもなりません。そのままバスを降りて終わりです。

ですが、ごくたまに、抜き打ちの検札係のスタッフが乗ってきて、乗客の切符をチェックします。その時に、切符に刻印していないことや、切符を持っていないことがバレたら罰金を科されます。(イタリアのバス会社は、この罰金で儲けているのだというウワサも…。)

ですので、「バスに乗ったらまずポチッと刻印!」と頭に刻み込んでおきましょう。ぽちっとな!

たまに、乗客数が少ないバスでは、刻印の代わりに、運転手さんが切符を手で破ったり、日付を書き込むこともあります。そのような場合は刻印は不要ですが、不安な場合は、刻印が必要がどうか尋ねましょう。「ティンブラーレ(イタリア語で「刻印」)?」と聞けば、だいたい通じます。

目的地でしっかり降りるコツ

イタリアのバス

イタリアのバス車内では、停留所のアナウンスがありません。そのため、目的地で降車するのが非常に難しいです。実際に、目的地で降車しそこねる日本人観光客を、今まで何度も見たことがあります。

そのため、目的地でちゃんと降りるために、運転手さんの力を借りましょう。

バスが来たら、前方で待ち構えておいて、ドアが開いたら運転手さんに「ば あ 〇〇?(〇〇まで行きますか?)」と聞きましょう。このバスがそこに行くとわかっていても聞きましょう。そうすれば、このバスに〇〇まで行きたい観光客が乗ってるな、と認識してもらえるからです。

そして、そのまま運転手さんの近くの場所にいましょう。不安そうにしていると、降りる場所を教えてもらえます。もちろん運転手さんに「着いたら教えてください」と、きちんと伝えられればベストです!大抵の場合、運転手さんは親切に対応してくれました。

そして、運転手さんに「さあ、ここだよ」と教えてもらったら、「ぐらーつぃえ」と丁寧にお礼を言って降りましょう。

pullman(長距離バス)とautobus(市バス)

イタリア旅行で使うバスは、pullman(長距離バス)とautobus(市バス)に大きく分けることができます。

「pullman」はどんなバス?

バス

pullman(プルマン)は、都市と都市を結ぶ、だいたい30分以上の距離を走るバスです。青色が多いです。最近は、白もよく見ます。

長距離バスであっても、車内にトイレがついているのは見たことありません。ただし、2時間に1度程度、トイレ休憩に停まる場合が多いです。

pullmanは、車体下部に荷物入れがあり、スーツケースサイズの荷物を車内に持ち込むことはできません。

全席指定のpullmanだと、満席になると乗せてもらえないこともあります。人気路線を利用する場合は、早めの購入が必要です。

「autobus」はどんなバス?

イタリアのバス

autobus(アウトブス)は、市内を走るバスです。市民が頻繁に使っていて、路線図・バス停共に複雑です。オレンジ色が多いです。

市内を走る地下鉄やトラムの切符と、共通に使えることもあります。

車内下部に荷物入れはなく、スーツケースなどの大きな荷物も、車内に持ち込みます。

そのため、車内混雑時には、大きな荷物を持っていると、スリに狙われることもあるので、大都市で市内バスに乗る場合は、じゅうぶんに警戒してください。

切符購入時のミニ注意

pullmanとautobusは、走らせているバス会社が違うため、バス切符も共通ではないので、切符購入時には注意しましょう。基本的には、単純に「バス切符を下さい」と言うと、市内バスの切符が出てきます。

自分の行き先のバス切符が、どの切符を買えばいいかわからないこともあると思いますが、「~行きのバス切符を下さい」という言い方をすれば、正しい切符を販売してくれるので、あまり心配はありません。

バス利用時は、旅程に余裕を持って!

イタリアのバス

以上のことに留意すれば、問題点の多くは解決できると思います。

残った問題は「4.バスが来ない」と、「5.バスが進まない」。

…こればっかりは、どーしよーもないので、バスでの移動が予定にある場合は、時間に余裕を持ったプランを立てることをおすすめします。

2011年には、バスが遅れるどころか、時刻表に載っているバスがそもそも来ないという、摩訶不思議な神秘体験にサン・ジミニャーノにて遭遇しました。旅行オフシーズンなどは、時刻表に載っている便が減数されることがあるので、要注意です(って注意しようがないんですけどね…)。

それにしても、イタリア人は普段どうやって、このわかりにくいバスライフをこなしているのか…。

ちなみに、今までのイタリアで、バスの乗り方に一番苦労したのは、シチリア島のパレルモです。パレルモのバスでは、おまけにスリにまで遭いかけました。大都市での市バス利用は、本当にじゅうぶん注意してくださいね。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.