イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

イタリアは鉄道の旅がおすすめ!イタリアの鉄道事情と電車の種類

イタリアの線路

イタリアへ個人旅行に行く場合、イタリアに不慣れなうちは、バスより電車を使う旅程を作るのがおすすめです。

というのも、イタリアのバスは、「遅れる・わかりにくい・トイレがない」…と、旅行者にとってはなかなか厄介な代物なのであります。

今までは、「イタリアのバスは困ったちゃんなので、相対的に鉄道がおすすめ」と言ってきましたが、最近のイタリアの鉄道は、だいぶ立派になってきました。

鉄道の遅延が減ってきましたし、何より車両がキレイになりました。車両についているトイレも、最近ではほとんど紙が用意されていて、清潔です。

このページでは、イタリアの鉄道事情について、簡単にまとめてみました。

イタリアの鉄道網は、南北が軸

イタリアの線路

日本の都市部と比べると、イタリアの鉄道に対しては「フッ…まだまだだな」と言いたくなりますが、実はイタリアは、ヨーロッパの中では、かなり鉄道が発達した国なのだそうです。

イタリアの鉄道網は、南北に伸びている線が軸になります。

ティレニア海側はミラノ→ボローニャ→フィレンツェ→ローマ→ナポリ、アドリア海側はヴェネツィア→ボローニャ→アンコーナ→ペスカーラ→バーリと、大都市を南北につなぐ路線を軸として、路線が広がっています。

逆に、アペニン山脈が縦方向にイタリアをつらぬいているためか、中部以南の、東西をつなぐ鉄道アクセスは、あまりよくなく、見た目の距離に対して、時間がかかります。

また、トスカーナ州やウンブリア州など、イタリア中部の丘上都市は、鉄道駅から旧市街が離れていて、鉄道駅からバスでアクセスしなければならないこともあります。

イタリアの国鉄と私鉄

イタリアの電車

イタリアの電車

イタリアの鉄道にも、日本のJRと私鉄のようなものが存在します。

日本のJRに当たるのが「Trenitalia(トレニタリア)」で、現在は民営ですが、国鉄を引き継いだ鉄道会社です。「FS」とも呼ばれます。

「Trenitalia」の何を略せば「FS」になるの?と不思議に思うかもしれませんが、「FS」というのは、国鉄時代の愛称が残ったものだそうです。

「Trenitalia」は、イタリア全土に広がっていて、旅行者が利用する鉄道の多くが、この「Trenitalia」になります。

私鉄は、旅行者の利用が多い線だと、都市部を結ぶ高速列車「itaro(イタロ)」、とんがり屋根の町アルベロベッロを通る「Sud-Est(スッド・エスト)」、サッシ住宅のあるマテーラを通る「Appulo Lucane(アップーロ・ルカーネ)」などがあります。

Trenitalia(FS)の電車の種類

イタリアの鉄道路線の多くを占めている「Trenitalia」には、日本の特急・急行・各停のような、さまざまな種類の電車があります。

Freccia(フレッチャ)

イタリアの電車

日本の「新幹線」に該当するような(厳密な鉄道ファンからは「違う!」と言われると思いますが)、一番速くて、高くて、キレイな電車です。要予約で全席指定。

以前はEurostar(エウロスター/略してES)と呼ばれていましたが、現在は、イタリア語で「矢」を意味する「Freccia」が正式名称です。ただし今でも、電光掲示板などで、「ES」と表示されているのを見ることがあります。

「Freccia」には三種類あって、車体の色で呼び分けられています。ハイテクな順に紹介します。

Frecciarossa フレッチャロッサ(赤色)

「Frecciarossa」は、高架線を走り、イタリアの主要都市をつなぐ高速電車です。たいへんにキレイです。

以前は、1等/2等という区分けでしたが、現在では、4種類もの座席クラスに分かれています。

高価な座席順に、Executive/Business/Premium/Standardとなります。

Businessクラスの中には、より静かな環境で座れる「Area Silenzio」、コパートメント仕様の「Salottino」などが含まれています。

Executiveは食事付き、BusinessとPremiumはウェルカムドリンク付きです。

Frecciargento フレッチャルジェント(銀色)

「Frecciargento」も高架線を走る高速電車。「Frecciarossa」との違いは、首都ローマが発着駅となり、ローマと準・主要都市間を結んでいることです。

座席クラスは1等/2等に分かれていて、1等はドリンクサービスが付きます。

Frecciabianca フレッチャビアンカ(白色)

「Frecciabianca」は、高架線路のない地域で、大きな都市をつなぐ電車です。アドリア海側の主要都市間を移動する時は、この「Frecciabianca」を利用する機会が多いです。

座席クラスは1等/2等があり、1等にドリンクサービスが付くのは、北部の一部地域を走る電車のみです。

Intercity(IC) インテルシティ

電車

「Freccia」よりも近距離間を結ぶ特急電車が、Intercity。略称でICとも呼ばれます。要予約で全席指定です。運賃は「Freccia」よりは安く、各駅停車(R、RV)よりは高いです。

座席クラスは1等/2等があります。1等のドリンクサービスは、公式サイトを見る限りなさそうです。

「Intercity」には、個室車両や寝台車両が連結している夜行列車があり、夜行の電車は「Intercity Notte」と呼ばれます。

Express(E) エクスプレス

数は少ないですが、英語で「急行」を意味する、「Express」という電車のカテゴリーが存在します。

ローマのフィウミチーノ空港とテルミニ駅を結ぶ「Leonardo Express」が、この「Express」に当たります。座席指定は、今のところ不要です。

Regionale Veloce(RV) レジョナーレ・ヴェローチェ

「Regionale Veloce(レジョナーレ・ヴェローチェ)」は、直訳すると、「速い各駅停車」。略して「RV」。日本で言えば、準急くらいの位置づけです。

予約不要、自由席オンリーで、切符の値段も各駅停車と同じです。

「Intercity」と、所要時間がほとんど変わらないのに、切符の値段は「RV」の方が格段に安い、ということもあります。

「RV」は「安くて速い子」なので人気があり、路線によっては、混雑していることもあります。イタリアの車両は中央、前方が混みやすいので、座席が見つからない場合は、後方まで探してみましょう。

Regionale (R) レジョナーレ

イタリアの電車

「Regionale(レジョナーレ)」は、各駅停車です。略称は「R」。予約不要、全席自由です。

とことこと走って、マイナーな駅にも停車する、とっても親しみの持てる電車ですが、イタリア旅行で、ごくごく近距離を移動することは少ないので、あまり使う機会はないかもしれません。

この「Regionale」、昔は「安くて遅いオンボロ電車」というイメージでしたが、最近は様子が代わってきました。

2017年の旅行では、私が目撃した限りでは、ヴェネト州、エミリア・ロマーニャ州では、州がTrenitaliaとコラボした感じの、非常にハイテクで美しい電車が、なめらかに走っておりました。

ただし、姉の意見では「今は作ったばかりでキレイだけど、3年も経てば、落書きされてオンボロ電車になってるよ」。…むむっ…そうかもしれない…。

イタリアの鉄道は遅れるって本当?

イタリアの駅

時間通りに来ないことで有名な、イタリアの鉄道。

最近、電車の外装・内装や、駅のインフラなどがだいぶ整備されてきたイタリア鉄道界ですが、電車の遅延は相変わらずだなあという印象です(2017年旅行後の感想)。

南に行けば行くほど、電車は遅れます。今までの最高記録は44分の遅延っ(2012年SudーEst線@アルベロベッロ)!本当にねえ…。どうやったら44分も遅れるんでしょうねえ…。乗り換え予定があるときは、乗り換えの時間は多めに取っておいた方が無難です。

ちなみに、乗り継ぎ予定の電車は、その前の電車が数分遅れている場合は、待っていてくれることもあります。が、44分遅れの時は、さすがに行ってしまってました…。

Frecciaは、イタリアが国の威信をかけて運行してるそうで、大きく遅れることはあまりありませんが、5分10分の遅れは日常茶飯事です。Frecciaどうしの乗り換えでも、乗り換え時間は、30分くらいは見ておいた方が無難だと思います。

イタリアの電車内のトイレ

イタリアの電車のトイレ

イタリアの電車は、ほとんどトイレがついています。

国鉄でも私鉄でも、車内のトイレは、意外と使えるレベルであることが多いです。特に最近は、結構きれいになってきました。嬉しいこと限りなしです。

ただ、手洗いの水が出ないことは今でもよくあるので、電車内でトイレに行くかもしれない場合は、抗菌ウェットティッシュを持っておくと便利です。

他のイタリアの鉄道に関する記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.