イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

ヴェネツィアの交通手段 観光ゴンドラ以外のゴンドラがある!?

  • HOME »
  • »
  • ヴェネツィアの交通手段 観光ゴンドラ以外のゴンドラがある!?

ヴェネツィア内で使える乗り物は船だけ!

ヴェネツィアの運河

何度も繰り返して書いていますが、ヴェネツィア内には自動車が入ることができません。

イタリアには、中心街に自動車が入れない町はいくつかありますが、大抵の場合は、ボローニャやルッカなどのように、基本的には車で入れなくても、何が何でも完全にダメというのではなく、許可を得たタクシーなどは入ることができます。

しかし、ヴェネツィアは、車は完全にダメです。これは本当に珍しいです。ヴェネツィア内を転がっている車輪は、観光客のスーツケースの車輪か、物資を運んでいる手押し車だけです。

ちなみに、ヴェネツィアに自動車で入ることは、おそらく物理的に不可能です。大小の運河が無尽に張り巡らされているため、小さな階段状の橋が無数にかかっていて、車で渡ることができないのです。この小さな橋を、手押し車は器用に渡って行きます。職人技です。

というわけで、ヴェネツィアで使える交通手段は、船だけです(あ、己の足もありますね)!

ヴェネツィアは陸の部分は狭いので、普通の観光であれば、己の足だけでじゅうぶんです。

それでも、スーツケースを持っての移動だったり、非効率的な移動であってもとにかく運河を使ってみたかったりと、ヴェネツィアで船を利用するケースはあると思います。

このページでは、今までのページと重なる情報もあるとは思いますが、ヴェネツィアの特殊な交通事情をまとめてみました。

ヴァポレット(水上バス)

ヴェネツィア

別名「水上バス」と呼ばれるヴァポレット。

運河に設けられた停留所で乗り降りする、まさに文字通り、運河でバスの働きをする交通機関です。

ヴァポレットについては、別ページで詳細に解説していますので、下記のリンクから参照下さいませ。

水上タクシー

ヴェネツィア タクシー

ヴェネツィアでは、水上バス(ヴァポレット)も運河を走っていますが、水上タクシーも走っています。

水上タクシーはイタリア語で「Motoscafo」(複数形だと「Motoscafi」)。または「Taxi Acquei」とも呼ばれます。

ヴァポレットと違い、タクシーなので、好きな船着き場で降りることができます。

ヴァポレットとの違いは他にもいくつかあり、まず、モーターボートなので速いです。運河を颯爽と走り抜けている船の多くは、この水上タクシーです。

また、コンパクトなので、カナル・グランデ(大運河)だけではなく、狭い小さな運河にも入ることができます。小運河沿いのホテルにも、この水上タクシーを使えば、近くまで行くことができます。

この颯爽と大運河を駆け抜ける水上タクシーはカッコいいので、私は使ってみたいのですが、何せ、高いっ!ヴァポレットなんぞ問題にならないくらい高いっ!

ヴェネツィア市街からサンタ・ルチア駅までがだいたい€60、空港までは€100以上です。うん、水上タクシーが遠いです。

ちなみに、イタリアの陸を走るタクシーと同じように、水上タクシーにも無認可タクシーがいるらしいです。必ず、正規のタクシー乗り場から乗るか、ホテルのフロントなどで手配してもらうようにしましょう。

ゴンドラ

ヴェネツィアと言えばゴンドラ。ヴェネツィア観光の代名詞のような存在です。

昔はヴェネツィア市民の足として使われていたゴンドラですが、現在は観光用で、移動手段として使われることはほとんどありません(移動のためのゴンドラについては後述します)。

いささかアトラクション的なイメージはありますが、それでも、観光客を乗せたゴンドラが運河を往く光景は、ヴェネツィアに華やかさを添えています。

ゴンドラを漕ぐのは、資格を持ったゴンドリエーリです。公定料金は、2016年現在で30分で€80。ゴンドラには6人まで乗れますが、人数とは関係なく、一艘分の値段で払います。

さて、この観光ゴンドラですが、実は、個人旅行者には非常にやっかいな代物です。

というのも、公定料金が守られず、「実際より高い金額をふっかけられる」「規定より短い時間で降ろされる」「一人いくらで請求される」など、観光客の不満が絶えないんですよね…。

公定料金があるのだから、公定のコースも決めてしまい、それ以上のコースへ行きたい場合は、交渉次第で料金を上乗せという制度にすれば済む話なのですが、このへんは、イタリア的。

交渉に長けたゴンドリエーレが、自分に有利な交渉を成立させられるように、何となくルールをグレーにしているような感もあります。ちょっと悪い言い方をすれば、「観光客から巻き上げる」悪しき風習が残っているように思います。

とはいえ、ゴンドラに乗ると決めたなら、こういった狡猾なゴンドリエーレとの交渉も、「商人国家ヴェネツィアの真髄」と、プラスに捉えた方が面白いと思います。

交渉する際には、ヴェネツィア市の観光公式サイトに掲載されている公定料金のページを示すのも手です。(→VENEZIA UNICA 2段落目の「80 euro – è la tariffa per 30 minuti」の部分)

偽物のゴンドラに乗ったという話はめったに聞きませんが、観光ゴンドラは、必ず正規のゴンドラ乗り場から乗るようにしましょう。ため息橋の近く、Hotel Danieliの近くにあるゴンドラ乗り場が人気です(ため息橋の下をくぐるため)。

ゴンドリエーレさんとの交渉は気が進まない…という方は、オプショナルツアーでゴンドラ周遊を申し込んでおく方法もあります。

オプショナルツアー専門店ベルトラでは、相乗りのゴンドラクルーズを一人€29で申し込めます。二人くらいまでの少人数旅行であれば、この相乗りゴンドラの方がお得ですし、料金交渉も必要ないので気楽ですね。

トラゲットおすすめ

ヴェネツィア

やっと、私の大好きなトラゲットを紹介する番になりました!

先ほどちらっと触れましたが、ヴェネツィアには、今でも移動用として使われているゴンドラがあります。それがトラゲット(Traghetto)です。

カナル・グランデ(大運河)には、3つしか橋がかかっていません。カナル・グランデを横断したい時に、橋が近くになくて困ることもあります。

そんな時に利用するのがトラゲットです。つまり、トラゲットは、カナル・グランデの向こう岸に行くための渡し船です。

ゴンドラを使って移動するので、観光周遊ゴンドラに乗るほどではないけど、ゴンドラにちょっと乗ってみたい!という方には、ぜひおすすめです。

観光ゴンドラと違って、トラゲットのゴンドラは無骨です。飾りもなく、赤い絨毯も引かれてなく、ゴンドリエーレさんも、ボーダーの制服を着用してないこともあります。ゴンドラが市民の足だった時代を、一番体感できる乗り物だと思います。

1回の乗船につき一人€2(ヴェネツィア市民は€0.7)。降りるときにゴンドリエーレさんに直接渡します。できればお釣りがないように用意しておいた方がスムーズだと思います。

所要時間は5分もかからないくらいの、あっという間の体験ですが、水面が近くに見え、なかなか楽しいです。基本的には立ち乗りですが、それなりに揺れるので、乗客が少ない時は座っても大丈夫です。

VENEZIA UNICAからの翻訳転載ですが、6つの乗り場と、稼働時間を記載しておきます。

Santa Sofia  平日7:30~13:00   休日8:45~19:00

Carbon  平日8:00~13:00 (休日は休みかも)

S.Tomà 平日7:30~20:00  休日8:30~19:30

Santa Maria del Giglio 平日&休日9:00~18:00

Dogana 平日&休日9:00~14:00

San Samuele 平日8:30~13:30(休日は休みかも)

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.