イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

ラヴェンナの必見モザイク!サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂の行き方

  • HOME »
  • »
  • ラヴェンナの必見モザイク!サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂の行き方

ラヴェンナ

世界遺産に登録されている、「ラヴェンナの初期キリスト教建築群」のほとんどは、ラヴェンナの中心街に集まっていて、徒歩で見て回ることができますが、唯一、市街地から離れた場所にあるのが、サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂です。

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂は、ラヴェンナの中心街から、南へ5㎞ほど離れた、クラッセと呼ばれる地域にあります。聖堂名自体が、「クラッセにあるサンタポッリナーレ聖堂」という意味になっています。

何もない草原の真ん中に、大きな聖堂がぽつんとあり、外から見てもなかなか風情があります。

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂内で鑑賞できるモザイクは、爽やかな緑色が印象的で、心が洗われるような清純な作品です。

ラヴェンナまで来て、このサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂まで行かないのはもったいないの一言!アクセスはそれほど難しくないので、ぜひ足を運んでみてください!

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂への行き方

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂への行き方は、バスを使って行く方法と、鉄道を使う方法があります。

 4番バスでサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂へ

ラヴェンナの中心街からサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂に行く場合は、4番バスを利用します。バスの本数は、1時間に数本程度はあるようです。

4番バスは、駅から出発します。その後ラヴェンナの中心街へ入り、途中、サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂近くのバス停にも止まります。


サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂近くのバス停は、おそらくココだと思います。ここから乗る場合は、反対方向のバスに乗らないように気をつけてください。

注意したいのは、帰りのバス停です。私が利用した2009年は、行きに降りたバス停を、帰りのバスは通りませんでした。おそらく今でも、同じルートではないかと思います。

帰りのバス停は、教会出口を出て、右手の草原の中にぽつんとありました。


たぶんコレだと思います。が、何せ、利用したのが2009年と結構前の話なので、現地で必ず確認してください。

参考リンク:バスを運行しているSTART ROMAGNA社のサイト

 鉄道でサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂へ

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂の近くには、クラッセ駅という鉄道駅があります。

このクラッセ駅からサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂までは、歩いて5分程度なので、鉄道を利用して行く方法もあります。

他の町から、ラヴェンナに日帰りで来る場合は、このクラッセ駅を利用すれば、効率的にラヴェンナ周遊ができると思います。

注意したいのは、クラッセ駅はだいぶ小さな駅で、無人駅であることが予想されます(私はバス利用のため、鉄道駅は見ていないので確実にはわかりませんが)。クラッセ駅では有人窓口での切符購入は、できないと想定しておいた方がよいでしょう。

また、クラッセ駅のような小さな駅は、停まらない電車があるので、クラッセ駅に停まることを確認してから乗車しましょう。

 サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂のトイレ情報

教会の外、出入り口の近くにありました。シーズンオフで人が少なかったためか、なかなか清潔にしてありました。

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
イタリア語:Basilica di Sant’Apollinare in Classe
公式サイト:ラヴェンナの観光公式サイト

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.