日本人によく知られているイタリア語のひとつが、イタリア語の「こんにちは」に該当する「ボンジョルノ(Buongiorno)」。

同じく、イタリア語の「こんにちは」である「チャオ(Ciao)」よりも、「ボンジョルノ」の方が丁寧な挨拶なので、私も初めてのイタリア旅行の時には、「ボンジョルノ」を連発しました。

しかし時として、イタリア人が「ボンジョルノ」ではなく、違う挨拶を返してくることに戸惑った私。

実は「ボンジョルノ」は厳密には「こんにちは」と同じ意味ではなかったんです!

ボンジョルノはどちらかと言うと「おはよう」に近い!

ホテル・メアの朝食

ボンジョルノは「良い(=Buon)」+「一日(=giorno)」という、二つの言葉で構成された単語です。

そのため挨拶として使うと、厳密には「今日は良い一日になるといいですね」というようなニュアンスになり、一日のうちの早い時間帯にしか使わない挨拶なのです。

ボンジョルノ(Buongiorno)で挨拶する時間帯は、午前中から遅くても午後の3時くらいまで

地域によっては、お昼ご飯を食べた後には、もう使わないということもあります。

ボンジョルノに一番近い日本語は、「こんにちは」より「おはよう」かもしれませんね。

こんにちは=ボンジョルノだと思っている日本人が、夕方に「ボンジョルノ~」と挨拶して、イタリア人に「ん?」と怪訝な顔をされるのは、「イタリア旅行あるある」です。

午後からは「ボナセーラ」で行こう!

ヴェネツィア

では、午後の時間帯は、ボンジョルノの代わりに、何と言って挨拶をすればよいのかというと、「ボナセーラ(Buonasera)」です。

「セーラ(sera)」はイタリア語で夕刻という意味ですが、夕刻だけでなく、まだ明るい午後2時くらいから「ボナセーラ」が使えます

イタリア語で「午後」を意味する「ポメリッジョ(Pomeriggio)」という単語が、挨拶として使うには長すぎるため、セーラで代用しているのではないかと推測されます。

イタリア人は、ボンジョルノとボナセーラをしっかり使い分けます。

そのため私が最初のイタリア旅行で、午後の時間帯に「ボンジョルノ」と挨拶すると、イタリア人から「ボナセーラ」と返ってきていたというわけです。

「こんばんは」はBuonasera?Buonanotte?

サンタンジェロ城

イタリア語で「夜」を意味する単語は「notte」で、この「notte」に「Buona(よい)」をつけた、「ボナノッテ(Buonanotte)」という挨拶もあります。

「ボナノッテ」には「こんばんは」という意味もありますが、主に「おやすみなさい」の意味で使います

「ボナノッテ」は就寝につく直前だけでなく、遅い時間帯に人と別れるときにも使います。

たとえばレストランでのディナーの後、ウェイターさんが「ボナノッテ」と言って見送りしてくれます。

「ボナノッテ」は別れ際に使われることが多く、出会った時の「こんばんは」の意味では使われないという印象ですね。

「こんばんは」は、少々遅い時間であても「ボナノッテ」ではなく「ボナセーラ」が使われることが多いです

イタリア語の「こんにちは」は3種類覚えておけば十分!

猫ちゃん

イタリア語の挨拶には、最初に書いたように、カジュアルな「こんにちは」である「チャオ(Ciao)」もあります。

チャオは時間帯を選ばずいつでも使える便利な挨拶です。

まとめると、イタリア語で「こんにちは」を言いたい場合は、この3つの言葉を覚えておけばじゅうぶん!

  • Ciao(チャオ)=カジュアルで一日中使える挨拶
  • Buongiorno(ボンジョルノ)=朝からランチ後まで使う挨拶
  • Buonasera(ボナセーラ)=午後2時頃から夜まで使う挨拶

イタリア語らしく発音するコツ!

ローマ

ボンジョルノは、「ブオンジョルノ」と発音すると、イタリア語っぽい響きになります。

同じように、ボナセーラも「ブオナセーラ」という感じで発音しましょう!

ついでに別れる時の挨拶をご紹介

チヴィタのロバさん

別れる時の挨拶は、カジュアルな場面では、イタリア人も「バーイ」「バイバイ」と、英語っぽい表現を使うことが多いです。

他にイタリア語の特徴として覚えておきたいのが、「チャオ(Ciao)」「ボンジョルノ(Buongiorno)」「ボナセーラ(Buonasera)」は、別れる時にも使える挨拶だということです。

ミラノでホテルスタッフさんが、フロントでの用事が終わった時に日本語で「コンバンワ~」と言って見送りましたが、イタリア語の挨拶は別れる際にも使えるため、間違えたのだと思います。

別れる際の挨拶としては、「ボンジョルノ」の代わりに「ボンジョルナータ(Buon giornata)」、「ボナセーラ」の代わりに「ボナセラータ(Buona serata)」と言う人もいますが、大きな意味の違いはありません。

他には、一日中使える別れの挨拶として、「アリヴェデルチ(Arrivederci)」という挨拶があります。

丁寧な「さようなら」を言いたい場合は、時間帯を選ばないこの「アリヴェデルチ」が一番使いやすいです。

次のページイタリアでは断る意思表示をしっかりと!覚えておきたい3つの表現!

こちらもチェック!

関連記事

明日からイタリア旅行でもこれだけは覚えて行こう!4つの言葉!

イタリア語の数字を覚えれば旅行中の買い物に役に立つ!

イタリア旅行の買い物マナーとして覚えておきたいたった1つのこと!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi