ローマのコロッセオ

イタリア旅行は…

  • 片言の英語
  • コミュケーション力
  • イタリア人と臆さずに触れ合う積極性

この3つさえあれば、よほどの事態が起きない限りは乗り切れます。

イタリア旅行にイタリア語を理解するスキルは、必ずしも必要ではありません。

それでも、最低限これだけは覚えてからイタリアに行った方が良い!というイタリア語が4つあります。

細かい所は英語で交渉するとしても、この4つの言葉をポイントで使えば、イタリアに来ている気分が味わえますし、現地のイタリア人人との距離がグッと縮まります。

では順番に覚えていきましょう!

Ciao(チャオ)

Ciao(チャオ)」は、朝でも昼でも夜でも挨拶にも使える魔法の言葉です。

イタリア語にはもっと丁寧な「ブオンジョルノ(Buon giorno)」などの挨拶もありますが、使える時間帯が決まっています。

それに対し「チャオ」は24時間いつでも使えて便利!

「チャオ」はカジュアルな挨拶とはいえ、あまりにもフォーマルな場面でなければ使ってOKですし、イタリア人は外国人のイタリア語に対して大らかなので、堅苦しく考えなくて大丈夫です。

イタリアでは日本とは違って、買い物をする時に、店員だけでなく客の方も軽く挨拶します。

バールに入った時、スーパーでレジの順番が来た時、バス・鉄道の切符や美術館の入場券を買う時、まずは「チャオ」と挨拶することできっと楽しい旅になりますよ!

また、日本語の「こんにちは」や英語の「Hello」と違って、「チャオ」は軽い別れの挨拶としても使えます。

Scusi(スクージ)

Scusi(スクージ)」は、日本語では「すみません」にあたります。

「イタリアの旅先でそんなに謝罪することがあるの?」とお思いになるかもしれませんが、「スクージ」は謝罪の時だけでなく、誰かに話しかける時の「すみません」としてよく使います

道を尋ねたい時や、バールやジェラテリアで注文するものが決まって店員さんを呼ぶ時に、まず「スクージ」と言ってから話しましょう。

バスを降りたい時や、人ごみの中から抜けたい時も、この「スクージ」を使いましょう。

人にぶつかって軽く謝りたい時もこれでOK!

ちなみに「スクージ」の「ジ」を「ズィ」と発音すると、イタリア語っぽくなります。

Grazie(グラーツィエ)

Grazie(グラーツィエ)」は知っている方も多いかもしれません。イタリア語の「ありがとう」です。

道を聞いたりしてお礼を言う時はもちろんのこと、買い物をして会計が終わった後にも言います。

イタリアは売る方も、買う方も相手に感謝する文化なんですね。

つい「グラッチェ」という感じに軽く発音してしまいがちですが、「ラ」にアクセントを置いて、強めに長く「グラーーーツィエ」くらいに発音するとイタリア語っぽくなります。

Prego(プレーゴ)

Prego(プレーゴ)」は、日本語では「どうぞ」が一般的な訳で、旅行先では言われることの方が多いかもしれません。

行列に並んでいる時に自分の番が来ると、スタッフさんから「プレーゴ(=どうぞ)」と声がかかります。

他にジェラートなどケース内のものを購入するスタイルのお店でも、店員さんから「プレーゴ」と声がかかったら、自分が注文する番です。

「プレーゴ」には他に「どういたしまして」の意味があるので、「グラーツィエ」と相手に言われたら「プレーゴ」と答えましょう。

私は初めてのイタリア旅行で「プレーゴ↑」と語尾を上げて発音していまい、イタリア人にフザけて真似されたことがあります。

「ゴ」ではなく「レ」が一番高くて強い発音になるので、「プレーーゴ↑」と発音しましょう。

イタリアはとにかく言葉を交わす文化!

シラクーサのレストラン

「イタリア人がおしゃべり」というのは、ステレオタイプ化された固定観念ではなく、実際に本当のことです。

もちろん中には無口なイタリア人もいますが、全体としてはイタリア人はよくしゃべります。

日本人の感覚だと、特にイタリア人男性のおしゃべり好きにはビックリするかもしれません。

イタリア人は個人個人がおしゃべりというのもありますが、それだけでなく、言葉を交わし合うのがイタリアの文化なのだと思います。

特に日本との違いは、他人に対する挨拶です。

日本(特に都市部)では「お互いに無関心を装うのがむしろ礼儀」という空気もありますが、イタリアでは逆に、他人に対するささいな「ありがとう」「すみません」をしっかりと口に出すことをおすすめします。

イタリア人と通じ合うには、イタリア語力なんかより、むしろ会話の「ノリ」の方が大事だな…というのが最近の私の考えです。

というのも基礎的なイタリア語をがんばって学習している私より、コミュニケーション力が高い姉の方が、イタリア語などこの4つの言葉しか知らないくせに、いつもイタリア人と盛り上がってるんですよ…。

とにかく!

「もう明日からイタリアに行くんだけど…」という人も、寝る前に「チャオスクージグラーツィエプレーゴ」と10回唱えて、この4つの言葉だけは装備してイタリアに行きましょう!

次のページイタリア語の数字を1から10まで覚えれば旅行中に役立つ!

関連記事

イタリア語の挨拶!おはよう・こんにちは・こんばんはを使い分けよう

イタリア旅行の言葉は英語ができれば問題ない?

イタリアの現地事情をまとめた記事一覧

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi