イタリアのショーウィンドゥ

イタリア旅行に行く方の中には、イタリア旅行の一番の楽しみはお買い物!という方もいるでしょう。

イタリアでお買い物する際に、気をつけたいのが、イタリアでのお買い物マナーです。

イタリアでのショッピング中に、イタリア人スタッフの感じが悪く、不愉快な思いをしたという話をたまに聞きます。

確かにイタリア人の接客は、日本ほどていねいでないことがあります。

ですが、もしかしたら、あまりよい接客を受けられなかったのは、日本のお店と同じような感覚で買い物をして、知らずにマナー違反をしてしまっていたせいだった、という可能性もなくはありません。

イタリア旅行に行く前に、イタリアのお買い物マナーについて予習して、旅行中は気持ちよくお買い物しましょう!

イタリアでは「お客様は神様」ではく、店員と客は対等

マンドラリスカ博物館

イタリアのお買い物マナーは、たった1つの大原則がベースになりますので、まず、コレを頭に入れておきましょう。

それは、イタリアは日本と違い、「お客様は神様」という言葉に象徴されるような、顧客至上主義ではないということです。

イタリアに限らず、「個人」という概念が確立されている西欧のほとんどの国では、一人の人間どうしとして、店員と客は対等な立場です。

そのため、来店している客に、少々の迷惑行為があっても、店員の方が目をつぶる日本の感覚とは違います。

「これくらい客なんだから大丈夫だろう」という振る舞いをすると、イタリアの店員は不快感を隠しません。

相手が日本人観光客だと、言葉が通じないと思って注意をしないことがあるので、そういった場合は、なぜか不快な接客をされたという感覚だけが残ってしまうのです。

イタリアでの買い物マナー 実践編

店員と客は対等という大原則に従って、具体的に、イタリアのお店ではどう振る舞えばよいか、日本と違う点を中心に見ていきましょう。

 イタリアではお店に入るときは簡単に挨拶を!

まず、日本人旅行者が、悪気なくやってしまうマナー違反が、「店に無言で入る」です。

日本では、入店時に「いらっしゃいませ」と言われて、わざわざ言葉を返す人はほとんどいませんよね。店員の方も、挨拶を返されることを期待していません。

ですが、イタリアでは入店の際に、軽く挨拶するのが基本です。無言で、店員とも顔も合わせずに店に入ってくる日本人客が、イタリアでは奇妙に見えてしまうのだそうです。

ブランド店や高級レストランなら、ていねいな挨拶である「ブオンジョルノ」、バールや駅の売店などでは、簡単に「チャオ」と一声かけてからお店に入りましょう。

ただし、「ブオンジョルノ」はランチ以降は使わない挨拶なので、よくわからない時は「チャオ」もしくは英語の「ハロー」でじゅうぶんです。

店に入る際に、近くに店員がいない時は、わざわざ大声で挨拶しなくても大丈夫です。店内に入って、店員を見つけて目が合った時に、声をかければよいです。

この挨拶マナーの例外は、大型のスーパーマーケット。

大型スーパーでは、レジを打ってもらうスタッフには軽く「チャオ」と声をかけますが、入店時や、店内の品出しをしている人に対する挨拶は、現地の人たちも省いています。

イタリアのスーパーでの買い物方法についてはこちらの記事をどうぞ。

 お店の商品にはむやみやたらに触らない

パレルモの猫の陶器

これはちょっと一概には言えない部分もありますが、イタリアでは、一部のお店では、客が勝手に品物に触ることを嫌がられます。

工房やアトリエに併設されている、手作り品を販売する店では、こういう傾向が強いです。

とは言っても、それほど値段が高くない商品は、手にとって触っても問題ないです。心配な場合は、触ってよいかお店の人に尋ねるのがよいでしょう。

お店の人と話すのは緊張するかもしれませんが(私も今でもそうです)、イタリアはコミュニケーションが基本の国ですので、ささいなことでも会話を交わすことで、関係がスムーズになります。

ビニールがかかっている商品は、基本的には触っても大丈夫です。

生の野菜や果物は、近くにビニール手袋が用意されている場合は、それを利用して触ります。

 手に取った商品は、元の場所に戻す

La Coppola Storta

これは当たり前のことといえば当たり前なのですが、日本の売り場は、お客さんが多い店だと特に、客が商品を元に戻さずに、荒れていることがありますよね。

それに対し、イタリアでは、お店の売り場が乱れていることはあまりないです。

まだ購入していないお店のものは、自分のものではないので、大切に扱い、触ったら元の場所に戻すようにしましょう。

 値段の話は積極的にしてOK

ウルビーノのぬいぐるみ

日本人は、あまり値段の話を大っぴらにするのを好まない傾向があります。

この感覚は、イタリアではあまり必要ありません。値段がついていない商品の価格は、積極的に尋ねましょう。

ちなみに値切り交渉は、あまりイタリアで見ることは少ないです。

ただし、商品に傷があったりする場合は、ディスカウントを訴えて大丈夫です。イタリアは個人経営のお店が多く、その場で店主さんが判断できることが多いです。

関連記事

イタリア旅行のばらまきお土産はチョコレートが最強!おすすめのブランドは?

イタリア旅行の買い物はお店の営業時間と休みの曜日に注意しよう!

イタリアの免税手続きの手順!金額はいくらから?空港での払い戻し方法は?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi