イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

フィレンツェからサン・ジミニャーノの行き方 バスに乗るときの注意点

サン・ジミニャーノ

「塔の町」サン・ジミニャーノは、これだけ人気の観光地でありながら、公共交通機関を使ってサン・ジミニャーノまで行きたい個人旅行者にとって、アクセスしにくい町です。

フィレンツェから行くには、バス(または鉄道)を乗り継いで行かなければなりません。所要時間は、乗り換え時間まで合わせて、2時間弱かかります。

これが日本だったら、即、フィレンツェから直通バスを走らせるのに手を挙げるバス会社がいると思うんですけどね…。直通だと1時間半かからないんじゃないかと。

サン・ジミニャーノに限らず、旅行者目線からだと、イタリアの長距離バスの路線は、「なぜそこを結んでいないんだ!」と言いたくなることが多いです。

そんなわけでアクセスしにくいサン・ジミニャーノですが、フィレンツェから行く場合は、同じ行程を日帰りで行く人が多いため、仲間の観光客も多く、バスの運転手さんたちも観光客慣れしているため、あまり迷うことはありません。

このページにまとめている情報を見ると、「大変そうだな…」と思うかもしれませんが、実際に行ってみると、それほど苦労はしないので、ぜひサン・ジミニャーノ行きを挑戦してみてください!

フィレンツェからサン・ジミニャーノへ行く方法


フィレンツェから行く場合は、必ずポッジボンシ(Poggibonsi)という、正確に覚えるのが難しい(笑)町で乗り換える必要があります。まずはポッジボンシまでたどり着きましょう。

フィレンツェからポッジボンシへ

 SITA社のバスでポッジボンシへ行く

フィレンツェからポッジポンシへ行くには、SITA社のシエナ行きのバスに乗ります。フィレンツェからポッジボンシまでは50分程度。

フィレンツェでのバス乗り場は、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の西側にあります。


駅からフィレンツェ旧市街への方角とは逆なので、ちょっと探しにくいかもしれません。

バス切符は、このバスターミナルの窓口でサン・ジミニャーノまで通しの切符を購入することができ、€6.8です。往復で購入しておくと便利です。ペラペラの紙の時刻表(イタリア語で「オラリオ(orario)」を、欲しいと言えばもらえます。

窓口はお昼休みを取ることがあるので、お昼の便に乗りたい場合は、午前中に切符購入を済ませておいた方が無難かもしれません。

フィレンツェからサン・ジミニャーノへ行く観光客は多く、座れないこともあるので、早めにバスターミナルへ行き、座席を確保しましょう。

注意が必要なのは、SITA社のシエナ行きのバス・131番は二種類あって、RAPIDO(急行)はポッジポンシで停まりません。シエナまでノンストップです。

ポッジポンシで停まるのは鈍行バスで、「オルディナリエ(ordinarie)」または「ディレッタ(diretta)」と呼ばれます。

ここらへんは、SITA社のスタッフさんたちもよくわかっていて、乗る際に「シエナ?サン・ジミニャーノ?」と確認してくれることもありますが、自分でもしっかり確認しましょう。

降りる場所は、ポッジボンシの鉄道駅前です。バスの終点ではないので注意してください(終点はシエナです)。運転手さんが教えてくれることが多いですが、うっかり降り損ねたという体験談もマレに見ますので、気をつけましょう。

ちなみに、ポッジボンシの鉄道駅にはトイレがあり、鉄道を使わない人でも自由に使えます。2011年には無料で使えました。万が一有料化していても、鉄道駅のコイントイレは、だいたい€1以下で入れます。

SITA社の公式サイトはこちら。下の方「Corse Ordinarie」から、ポッジボンシへの往復の時刻表を確認できます(リンク先のPDFファイル)。

SITA社の時刻表の見方を簡単に解説

SITA社時刻表

シエナのページでも触れましたが、SITA社の時刻表はわかりにくいので、簡単に解説します。

①Feriale…月~土曜の時刻表という意味。日・祝の時刻表は「Festivo」
②土曜日は運行しない
③土曜のみ運行する(多分)
④フィレンツェでの発着時間
⑤ポッジボンシの発着時間

③に関しては、念のため窓口でも確認してください。

しかし…②と③のバス、全く同じ時間発なんだけど…どういうこと?分ける必要性がわからない…。でもね、SITA社って、常にこんな感じです。アマルフィ海岸もSITA社のバスですが、こんな感じ…。

 鉄道でポッジボンシへ行く

フィレンツェからポッジボンシへは、鉄道で行くこともできます。直通電車で1時間ちょっと、片道€7.5。

ポッジボンシの鉄道駅は、昔は「Poggibonsi」という駅名でしたが、現在では、サン・ジミニャーノから一番近い駅だよという意味を込めているのか、「Poggibonsi-S. Gimignano」という駅名になっています。

ポッジボンシからサン・ジミニャーノへ行くバスは、鉄道駅の正面から出るので、鉄道を使って行っても、乗り換えのための移動はほとんどありません。

バスより鉄道が好きな私は、喜んで鉄道で行きたいところですが、多くの観光客はフィレンツェからポッジボンシへのアクセスにバスを使います。

というのも、ポッジボンシで乗り換えるバス同士は、接続がよい時間帯に設定されているのですが、鉄道の時刻表は乗り換えの時刻表が考慮されていない便が多く、また直通電車の本数も少ないです。

バス同士は、連携が取れているようで、フィレンツェからポッジボンシへのバスが遅れた場合は、ポッジボンシ発サン・ジミニャーノ行きのバスは、待っていてくれることが多いようです。電車が遅れた場合は、このような連携はおそらく無いと思います。

フィレンツェから南下する高速道路は、混雑や工事中もあるため、鉄道を使った方が楽ではあるのですが…以上のことを考えると、バスの方が無難かもしれません。

ポッジボンシからサン・ジミニャーノへ

ポッジボンシからサン・ジミニャーノへ行くバスは、ポッジボンシの鉄道駅のすぐ前から出るので、迷うことはないです。

Tiemme Toscana Mobilità社(以前運行していたTRA.IN社を併合)の、130番バスが運行しています。1時間に1本程度の便数があり、所要時間は25分程度。日曜は日に5便程度と減便されます。

で、このTiemme Toscana Mobilità社の時刻表も探しにくい&わかりにくいんですよね。

時刻表はこのページにあるんですが、下の方のグレーのリンクボタン「Mostra altri(イタリア語で『他のバスも表示しろよ!』)」をクリックしないと、110番以降のバスの時刻表は表示されないというわかりにくさ。

クリック先に表示される、130ーAが往路でポッジボンシ→サン・ジミニャーノ、130ーRが復路でサン・ジミニャーノ→ポッジボンシです。

で、この時刻表が、SITA社の上を行く複雑さで、土曜無し、土曜オンリー、学校のある日だけ、月・金・水・土だけ…と、旅行者をあざわらうかのように様々な表示があります。

コレ、観光インフォメーションか、バス切符売り場の窓口で、「今日はどの便があるんですか?」と確認して、マルをつけてもらった方が無難です。

私がサン・ジミニャーノに行った時も、「時刻表に載っているバスが来ない事件」があったのですが、たぶん、観光客の誰も、この複雑な時刻表を読みこなせなかったのではないか…と今では思っています。

ただし、日曜・祝日でない限り、それなりに便数はあるので、最終バスさえ確認しておけば、それほど心配ないと思います。

逆に言うと、日曜日のサン・ジミニャーノ行きは、できれば避けた方がよいと思います。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア行こう!と思ったら

イタリアの国旗

タウンライフ旅さがしイタリアに行きたい!と思い立ったけど、まだ何も具体的に決めていない…という時におすすめのサイト。旅程の希望や、予算に合わせた自分好みのツアーを、無料で探してもらえます。
詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険

海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。
詳細はこちら

イタリア旅行の必需品!

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。
詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.