カスティリオーネ・デル・ラーゴは、隣接しているトラジメーノ湖での釣りがさかんです。

私が訪問した際も、湖で釣りをしている様子が見えました。

トラジメーノ湖で取れる淡水魚を使った料理が、カスティリオーネ・デル・ラーゴの郷土料理です。

カスティリオーネ・デル・ラーゴの訪問では、ちょうどランチタイムがあったので、郷土料理が食べられるレストランに入ってみました。

オステリア・レ・スカレッテ(Osteria le Scalette)

カスティリオーネ・デル・ラーゴのレストラン

「Osteria le Scalette」は、カスティリオーネ・デル・ラーゴ旧市街から、ちょっとだけ外に出たところにあるレストラン。TripAdvisor (トリップアドバイザー)で評判がよかったので、入ってみました。

メニューには、トラジメーノ湖の魚だと思われる、淡水魚の絵が描かれています。

郷土料理が食べられるお店ということで、カスティリオーネ・デル・ラーゴの郷土料理を中心に、オーダーしました。

カスティリオーネ・デル・ラーゴの豆料理

こちらは、BBI(イタリアの美しい町同盟)の、カスティリオーネ・デル・ラーゴのページに、特産だと書いてあった「Faglioina(インゲンマメ)」のサラダ。

湖畔の独特の土壌で育った、消化によい豆だそうです。消化にはよいのかもしれませんが、味はマメでした(だってマメだから)。

いや、すみません、私あんまりこういうタイプの豆は好きじゃないんですよね。でも、特産だということで食べてみたかったんです!

カスティリオーネ・デル・ラーゴの魚スープ

こちらは、「Zuppa di pesce di Lago」という名前。日本語訳すると、そのまま「湖の魚のスープ」。正真正銘の郷土料理です。

魚自体は淡水魚なので、やや淡白な味ですが、その分、トマトベースのスープの味付けがしっかりしていました。魚の味はあんまりありませんでしたが(笑)、スープの味は美味しかったです!

カスティリオーネ・デル・ラーゴのパスタ

もう一品、パスタを食べたくてオーダーしたのが、チンタ・セネーゼ(シエナ豚)のパスタ。

こちらはカスティリオーネ・デル・ラーゴの郷土料理ではないんですけど、実は一番美味しかったのがこのパスタでした。

チンタ・セネーゼは、お腹に太いラインが入った、変わった外観をした、シエナ周辺だけで飼育されている豚で、実は結構高級豚なんだそうです(知らなかった)。

そんなわけで、カスティリオーネ・デル・ラーゴの郷土料理レストランは、なぜかシエナ豚が一番美味しかったというオチはありましたが、郷土料理を食べるにはおすすめのお店です。

魚スープは小骨がかなり多く、お店の人にも、食べるときに注意して!と言われました。注文するなら、小骨が喉に刺さらないように気をつけてくださいね。

ちなみに、私がカスティリオーネ・デル・ラーゴ訪問した3月は、観光のシーズンオフなので、開いているお店は少なかったです。

オフシーズンにカスティリオーネ・デル・ラーゴに行く人は、あらかじめ、オフシーズンでも開いているお店を調べておくか、お店が閉まっている可能性も考えて、何軒か目星を付けておいた方がよいです。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi