イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

イタリア旅行で最も注意すべきはスリ!実体験から傾向と対策を考える

ローマ

イタリア旅行での防犯対策。まずは、イタリア旅行中に遭う犯罪被害として、圧倒的に多い、スリ対策に力を入れましょう。

私はイタリア旅行中に、スリに二度狙われた経験がありますが、無事に何も盗られずに生還いたしました。

そんなサバイバーであるワタクシめが、スリ対策を熱く語らせて頂きます。

イタリアでの旅行者を狙うスリにはどういった傾向がある?

 イタリアでスリに注意したい場所は?

スリが発生しやすい場所は、「混雑した狭い空間」です。

その意味で、一番危険なのは、大きな都市の市バス・地下鉄の車内だと思います。

他にも、人がごった返している観光地観光地近くの狭い路地などは要注意です。

 スリに注意したい状況は?

スーツケース

スリは、こちらの手がふさがっていて、身動きが取りづらい状況を狙い打ちしてきます。

要するに、スーツケースを持って移動している時が一番危ないです。

私が狙われた2度のケース、どちらもスーツケースを持っていた時です。

また、バックパック(リュックサック)も、スリから見ると狙いたくなる持ち物です。混雑した場所で持つ場合は、カッコ悪くても、満員電車に乗るときの要領で、身体の前で持つようにしましょう。カッコ悪くても!

 イタリアのスリの手口の特徴は?

ユーロとお財布

イタリアで旅行者をターゲットとしたスリの手口の特徴は、「スリ集団」とも呼べるような、グループでの犯罪が多いことが挙げられます。

ターゲットの気を惹くグループと、ターゲットの注意が他に向いている隙に、ポケットやバッグから、貴重品を抜き取るグループに分かれた、チームプレーを仕掛けてきます。

集団でターゲットを囲んでワーワー騒ぎ立て、ターゲットが「???」と戸惑っている間に、スリを遂行するというパターンが多いです

この集団は若い女の子グループのこともあり、おじさんグループの時もありますが、なぜだか性別混在しているグループは少ないですね。

スリ対策はスリの立場から考える!私が実践している2つの対策

財布

旅行者を狙ったスリ集団は、その道のプロです。ターゲットにされてしまうと、なかなかその場では対抗しきれません。

でも心配無用!その場では対抗できなくても、事前に手を打っておけば、たとえ狙われても、被害に遭わずに済みます。

そんなスリ対策は、極めてシンプル。スリの立場を考えたときに、ターゲットがどこに貴重品を持っていたら盗りにくいかを考えてみましょう。

ここでは、私のイタリアでの貴重品の持ち歩き方を紹介します。二度のスリ攻撃を、無事に防御した方法ですっ!

 パスポート・大金・使う予定のないカード類は洋服の下へ!

私はスリ対策として、貴重品はスリの手が届かない、服の下に入れることにしています。

ポケットのついたアンダースコートみたいなものを自作しようと思ったのですが、母に「不器用なアンタが作ったら、旅行中に破れて、むしろ貴重品が落ちるよ!既製品を買いなさい!」と、もっともなことを言われたため、規制の防犯グッズを買うことにしました。

海外旅行用のセキュリティー用インナーは、旅行グッズ店や、オンラインでもいろいろ見つかります。タンクトップやキャミソール、ベストタイプ、ベルトタイプなど出ていますが、私が愛用しているのはこちら。

プリガード
[ソロ・ツーリスト] Solo-Tourist プリガード

服の下につけても、動きにくくないというのが一番の長所です。スカートスタイルにどうぞという感じの商品ですが、丈が短いので、パンツスタイルの時もそれほど気にならないです。サイズはMとLがあります。

チャック付きポケットの大きさですが、パスポートはパスポートカバーごと入ります。財布は入らないので、大きな金額の現金は、100円ショップで買える、封のできる小さなビニールに入れています。

セキュリティインナー

そのままだとポケットが外側についているので、以前は、裏返してポケットを内側にして着用していました。上から洋服を着れば、スリの世界チャンピオンとかでない限り、このポケットから盗むのは至難の技っ!と勝ち誇っていました。

今では、スリの世界チャンピオンに遭遇する確率は低いことに気付いたので、そのまま着用していますが(その方が、ポケットの中のものを取り出すときが便利なので)、慎重派は、裏返しての着用もおすすめですよ。

インナーとして着用するので、頻繁に洗いたいところですが、こちらの商品は、洗ったら次の日には乾くような素材なので便利です。

こちらの商品は、私はamazonで購入しています→[ソロ・ツーリスト] Solo-Tourist プリガード
東急ハンズの旅行グッズコーナーでも見たことがあります。

急にパスポートやお金が必要になったらどうするのさ?

…という疑問が出るかもしれませんが、そんな時は、事情を話して、トイレに必要なものを出しに行きます。

イタリア人は、「人は人」って感じなので、別に怪訝な顔もされないですし、何てことないですよ!

 その日に使うお金のために「捨て財布」を用意する!

ユーロ札

大きな金額のお札は、服の下にしまいますが、その日の観光で使う予定のお金は、外に出ていないと不便です。

そこでおすすめなのは、「捨て財布」を用意することです。

「捨て財布」とは私のオリジナル用語です。特許が欲しいです。万が一盗まれても、頭の中でベートーヴェンの「運命」が鳴り響かないような、チープなお財布を用意するのです。

その中に、その日の観光に、だいたい使いそうな金額(食費、交通費、入場料など)を入れます。その日の予定にもよりますが、私の場合はだいたい€30~50、多くお金を使う日でも、€100以下くらいを目安にしています。

そして、この「捨て財布」は、普通にじゃんじゃん使います。

悪い人にたとえ目をつけられても、この「捨て財布」が、「ははあ、アレがアイツの財布だな!」と思われて、持って行かれるだけです。もちろん残念ではありますが、「かかったな!どうせソレは捨て財布!スリは元より覚悟の上ッ!」と、勝った気分になれるかもしれません(笑)。

間違っても、この「捨て財布」の中にはキャッシュカードやクレジットカードを、安易に入れないようにしましょう。

旅程の都合上、どうしてもカード類を財布に入れなければならない場合は、しっかり周囲に気を付けるか、財布を守れる自信がない人は、財布を入れたバッグの内ポケットや、バッグのチャックそのものを、ストールピン…ぶっちゃけデカイ安全ピンで留めてしまう手もあります。ピンを刺していれば、よっぽどでない限り、知らずにバッグを開けられてしまうことはないでしょう。

現在、捨て財布として使用しているのは、ミニ財布なる、手のひらサイズのお財布です。ベルメゾンネットで購入しました。

財布

こちらです。パスポートと比べても、この小ささ!軽くて小さいので町歩きに便利ですし、値段も1000円程度と、とってもリーズナブルでした。

貴重品はホテルの金庫に入れる?持ち歩く?

金庫

イタリアのホテルには、金庫(cassaforte)がよくついています。

観光時に、貴重品をホテルの金庫に入れておくか、自分で持ち歩くかは迷いました。ガイド本や、旅行会社の意見も半々です。

イタリアはスリが多いので、観光中はパスポートのコピーを持ち、パスポートや多額の現金は、ホテルに預けるか、部屋の金庫に入れるべきだという意見もあります。

その一方で、イタリアは泥棒も多いので(トホホ…)、ホテルの部屋に置いておくのは危険だし、ホテルのフロントに預けても財布の中身を抜き取られていて、抗議しても取り合ってもらえなかったなんて話もあります。

どちらの方がよいのかは、何とも言えないと思いますが、私は、上記のように、貴重品を服の下に入れるなら、持ち歩いても大丈夫だろうと考え、持ち歩く選択をしています。

イタリア旅行でのスリ対策まとめ

というわけで、私のスリ対策は、

その日の観光の途中でさっと使うお金→「捨て財布」に入れて、普通に使う
大金やパスポート→セキュリティー用インナーに入れて服の下に身につける

これで、とりあえず大金と、パスポートを盗られる確率は、限りなく低くなります。

私はローマでスリに遭いかけたことがあり(バッグのチャックまで開けられた)、幸い何も被害はなかったのですが、万が一あの時「捨て財布」を取られていても、€20しか入ってなかったのであります。ほっほっほっほ。

ということで、対策さえ取っていれば、イタリアのスリなど恐るるに足らずっ!

他のイタリア旅行の防犯に関する関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.