イタリア人の朝食習慣は、日本人とはずいぶん違います。

外国人観光客が多いホテルではノーマルな朝食が出ますが、小さめのホテルではイタリア人風の朝食が出てきて驚くことがあります。

このページでは、イタリアのホテルの朝食事情を語ります。

イタリアのホテルの満足度は「朝食」で決まる!?

イタリアの朝食はおやつみたいで量は少なめ!

バール

イタリア人の定番の朝食は、バールでの朝ごはんです。

バール(Bar)とはイタリア中どこにでもある、立ち飲みカウンターを備えたコーヒー店のことです。

バールでの朝食はカプチーノ(泡立てたミルクが入ったコーヒー)と、コルネット(大きめの甘いクロワッサン)で済ませる人がほとんどです。

イタリア人は、朝食をあまり食べません。

イタリアのホテルで出される朝食は量が少なく、菓子パンだけが並んでいることがあり、日本人から見ると、「えっ…?これだけ?」と思うこともあります。

外国人が多く宿泊するホテルでは、外国人向けに、ハム、チーズ、卵料理、フルーツ、ヨーグルトなどが並んでいますが、フレッシュサラダやスープなどが置いてあることは少ないです。

ホテルアルカディア

イタリア人は朝食に甘いものを食べる習慣があるそうで、朝食ビュッフェにはケーキやクッキーが並んでいてびっくりします。

オレンジの生絞りジュース(スプレムータ)を飲む人も多く、ホテルでもよく用意されています。

イタリアのホテル朝食3つのパターン!

イタリアのホテルの朝食は、朝食ルームでビュッフェ形式で取る朝食部屋に運ばれてくる朝食、チケットを持って近場のバールで食べる朝食、3パターンに分けることができます。

私が今まで食べた朝食の画像とともに、その3パターンをそれぞれご紹介します。

ビュッフェ形式の朝食

朝食

イタリアのホテルの朝食で、一番日本人が喜ぶ朝食が取れるのがビュッフェ形式

菓子パンやおやつだけでなく、ハム・チーズ・卵などのたんぱく質類や、フルーツ、ヨーグルトなどが備えてあることが多いです。

ジュースや冷たい牛乳はセルフサービスですが、温かい飲み物はウェイターにオーダーします。

カプチーノ

イタリア人の朝食に倣って、スチームミルクがたっぷり入ったカプチーノをオーダーしてみましょう!

部屋に運ばれてくる朝食

朝食

部屋数の少ないホテルは、朝食を取る部屋やテラスがない場合、各部屋に朝食が運ばれてきます。

ルームサービスのようで、ちょっとリッチな気分!

チェックイン時に朝食を何時に準備すればいいのか聞かれるので、都合の良い時間を答えると、その時間に部屋に運んできてくれます。

日によって朝食の時間を変えたい場合は、その都度前日にお願いすれば大丈夫です。

このタイプの朝食は、ホテルのオーナーの奥さんやマンマが手作りしたケーキや、ジャムが出てくることもあり、アットホームで楽しいです。

カプチーノもバリスタ(バールのコーヒー入れのプロ)でなく素人が入れたものなので、イタリアの家庭で飲むような、素朴なカプチーノが出てきます。

マテーラで宿泊したホテル朝食がこのタイプで、マテーラ名物のマテーラパンが出てきました。こういった細やかなサービスが嬉しいのが、部屋で食べる朝食のお楽しみです。

バールで取る朝食

フロントが24時間体制でないB&Bは、朝食を近くのバールで食べる形式があります。

B&Bから渡される、朝食チケットを持ってバールに行きます。

飲み物一つと、パンを一つ選べることが多いです。スプレムータ(生ジュース)など、もう1品頼めることもあります。

この形式の朝食は、典型的なイタリア人の朝食で、体験としては面白いですが日本人には朝食の量としては少ないです。

朝食がバールの時は、私はバナナとかヨーグルトをスーパーで購入してホテルで食べてから、朝食に出かけてます。

朝食がついていないホテルの場合はどうする?

バール

個人経営のホテルでは朝食がつかないことがあります。

朝食がついてない場合は、だいたいキッチンもしくはコーヒーメーカー、湯沸かしポットが部屋に備えてあり、コーヒーの粉やティーパックがサービスでついていることもあります。

そういう器具が備えてない場合は、イタリアはどこにでもバールがあるので、バールでの朝食に挑戦しましょう!

イタリアのホテルの朝食の時間は何時から?

ホテルアルカディア

朝食の時間帯はホテルによってそれぞれ違いますが、だいたい8時~10時です。

従業員の多いホテルや外国人宿泊客が多いホテルでは、もう少し早い時間から食べられることもあります。

旅行者は朝早く出発することもあるので、ホテルの朝食の時間が合わないことがあります。

その場合は遠慮せずに、朝食を早めに取りたいと伝えてみましょう。

朝食込みの値段を支払っていれば、可能な限りホテル側は対応してくれることが多いです。

早めに簡単なものを準備してくれることもありますし、まるでお弁当みたいにパンにハムやチーズなどを挟んで、テイクアウト朝食を作ってくれるホテルもあります。

出発が早い朝にこのテイクアウト朝食を持って、移動の電車の中で食べたのはなかなか楽しい体験でした(@サレルノ)。

朝食の美味しいホテルはクチコミを読んで探すべし!

イタリアのホテルを選ぶ時、朝食が一番重要!という人はあまりいないと思いますが、朝食の美味しいホテルに宿泊すると旅行が楽しみが増えるのは間違いありません。

立地や値段や評判が同じくらいのホテルをどちらにしようか迷う時は、クチコミで朝食の感想などにも注目してみて下さい。

クチコミの中には、朝食についてのコメントが結構出てきます。

朝食の量、出される食べ物・飲み物、美味しさなどがチェックできますので、ホテル選びの最後の決め手がなかなかない時は、朝食の評判で決めちゃってもいいかもしれませんよ!?

実際、私は最終的には朝食の評判でホテルを選ぶこともよくあります!

他のイタリアのホテル関連の記事もあわせてどうぞ

次のページ宿泊税とは何か?イタリアではホテル代以外の料金が徴収される!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi