フェラーラのジェラート

イタリアに行ったからには、イタリアンジェラート(アイスクリーム)を食べなきゃ!

本っ当ーーーに美味!です!夏の旅行だけでなく、冬場の旅行でも、天気がよい日などを狙って、ぜひ味わってください。

イタリアでは、ジェラートは定番スイーツで、どこの町でもジェラート専門店「gelateria(ジェラテリア)」があります。

お店によって、美味しさが違うので、地元の人においしいジェラテリアを聞いて、その町のNo.1ジェラートをいただきましょう!

イタリアのジェラテリアでのジェラートの買い方

ジェラテリア

イタリアのジェラテリアでジェラートを買う方法は、それほど難しくはありません。

大きく分けて3パターンです。他のお客さんの買い方を観察すれば、どのパターンかすぐわかります。

後払い型

  1. カップもしくはコーンの大きさを指定する(指差せば大丈夫!)
  2. フレーバーを選ぶ(指差せば大丈夫!)
  3. お支払い

先払い型

  1. 先にカップもしくはコーンの大きさを決めて、レジで支払い
  2. レジで受けとったレシートを見せてフレーバーを選ぶ。会計からジェラートを盛るまで、同じ人が担当するならレシートは不要

チケット制(混雑店に多い)

  1. 入り口近くにある番号札を取る
  2. 自分の番号が電光掲示板に表示されるか、大声で呼ばれたら自分の順番になる
  3. カップ・コーンの大きさとフレーバーを選んでお支払い

ジェラートの値段はどう決まるの?相場はどのくらい?

ジェラテリア

イタリアのジェラテリアでは、ジェラートの値段は、コーン・カップの大きさで決まります。

レジの近くか、見えやすい場所に、どの大きさがいくらになるのか、金額が提示されています。

お店によってジェラートの値段は差がありますが、一番小さいカップで€1.5~3程度です。

コーンとカップはどちらがおすすめ?

イタリアのジェラート

イタリアのジェラテリアではコーンとカップ、どちらがよいかですが、もちろんコレはお好みです。

私は、コーンよりカップの方が、多めにジェラートが入ることが多い気がするので、いつもカップにしています。コーンと違って垂れてこないので食べやすいですしね。

ですが、ジェラテリアの中には、コーンを自店で焼いて手作りしているお店もあるので、その場合はコーンで食べます。コーンの近くに自家製(proprio)と書いてあるのが目印です。

また、シチリア島ではジェラートをフォカッチャに挟む食べ方が定番です。

パレルモのジェラテリア

ぜひシチリアでは、フォカッチャ挟みジェラートに挑戦してみてください。ちょっと喉がかわきますが、美味しいですよ!

ジェラートのフレーバーの数はいくつまで選べるの?

イタリアのジェラテリアで選べるフレーバーの数ですが、一番小さいサイズでも、追加料金なしで、2つまではフレーバーを選べることが多いです。サイズが大きくなれば、選べるフレーバーの数も増えます。

選べるフレーバーの上限は、メニューに書いてあることも多いですが、わからないときはスタッフさんに尋ねてみましょう。

「ハウメニー?」程度の片言英語でも、身振り手振りで伝えれば、だいたい通じます。

イタリア語だと、直訳ぎみですが「Quanti gusti posso scegliere?(クアンティ・グスティ・ポッソ・シェギエレ)」が「何フレーバー選べますか?」という意味になります。

フレーバーは味見して選べる!

ジェラート

ジェラテリアは、多いお店では30以上のフレーバーがあり、選ぶのに迷います。

また、どんな味なのか、メニューに書いてあるイタリア語がわからなくて、予想できないこともあります。

そんなときは、お願いすれば、小さなスプーンに少量すくって味見させてくれます。

混雑時は難しいかもしれませんが、店内に余裕がある場合は、気になるフレーバーは味見させてもらいましょう。

「味見できますか?」は、イタリア語で「Posso assaggiare (ポッソ・アッサッジャーレ)?」です。

ショーケースのジェラートの中身が見えないのはなぜ?

フェラーラのジェラテリア

イタリアのジェラテリアは、ショーケースにカラフルなジェラートが並んでいるイメージですが、最近は、ショーケースの中のジェラートに銀色のフタがされていて、中身が見えないお店が増えてきました。

これは、ジェラートの新鮮さを保つためだそうです。

逆に言うと、銀色のフタがあるお店は、天然素材にこだわっだ手作りジェラートを出している可能性が高いので、ジェラテリア選びの目安にしてもよいかもしれません。

ジェラートの上から生クリームを載せるのは有料?無料?

ヴァンヌーロのジェラート

イタリアン・ジェラートと言えば、ジェラートの上にこんもりと生クリームが載ったものが頭に浮かぶと思います。

最後に載せる生クリームは、有料のお店と無料サービスのお店があります。

有料の場合は、だいたいメニューに書いてあります。「Panna」が生クリームで、有料の場合は€0.5~1程度です。

ジェラートを盛ってもらう際に、生クリームをお願いしたければ、「コン・パンナ・ペルファヴォーレ」と伝えましょう。

ちなみにコン・パンナは、最初に伝えずに、ジェラートを盛り終わったあとに伝えましょう。最初にコン・パンナを希望すると、クリームを載せるスペースを作るために、ジェラートを少なめに盛り付けられることがあります。

超混雑のジェラテリアでは何を注文するのがおすすめ?

フィレンツェ ジェラテリア

ジェラテリアでは、ショーケースを見ながら、じっくりとフレーバーを選びたいものですが、超混雑している人気ジェラテリアでは、移動もままならず、ショーケースを見ながら選べないことがあります。

フレーバーを選べないときは、「ミルク(フィオール・ディ・ラッテ)」と、「ピスタチオ(ピスタッキオ)」を選ぶのをおすすめします。

シャーベット系の方が好きな人は、ピスタチオを「イチゴ(フラゴーラ)」に変えましょう。

これらは、どのジェラテリアにもあるフレーバーですし、この超定番フレーバーを食べれば、だいたいそのお店の味がわかります。

もし、味が気に入って、どうしてももう一度そのジェラテリアに行きたい!と思ったら、閉店間際などのすいている時間に再度足を運んで、今度はゆっくりとフレーバーを選びましょう!

観光客を狙ったジェラートのぼったくりがあるって本当?

イタリア旅行のトラブルのひとつに、ジェラテリアで、頼んでもいない大きなコーンにフレーバーを山盛りにされ、€20~50の大金を要求されるなんていう被害を耳にします。

頼んでもいない場合は、払わなければよいだけなのですが、怖いおじさんにすごまれると、払わざるを得ない時もあるかもしれません。

そこで悪徳ジェラート屋にぼったくられないための対策!

有名ジェラート店に入る
地元の人も利用しているジェラート店に入る
いつでも騒げば警官が来てくれそうな、大きな広場に面したお店に入る
コーンやカップの値段が書いていないお店には入らない

これだけ警戒すれば大丈夫だと思います!

ジェラテリアの定番フレーバーの種類!イタリア語でご紹介

バニラ→vaniglia(ヴァニーリャ)
ミルク→fior di latte(フィオール・ディ・ラッテ)
コーヒー→caffe(カッフェ)
チョコレート→cioccolata(チッコラータ)
ヘーゼルナッツペースト→nutella(ヌテッラ)
ピスタチオ→pistacchio(ピスタッッキオ)
ミント→menta(メンタ)
アマレット→amaretto(アマレット)
ヨーグルト→yogurt(ヨーグルトゥ)
レモン→limone(リモーネ)
オレンジ→arancia(アランチャ)
イチゴ→fragola(フラゴーラ)
リンゴ→mela(メーラ)
梨→pera(ペーラ)
ティラミスス→tiramisu(ティラミス)

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi