グルメ大国のイタリアは、ヨーグルトもなかなか美味しいです。

イタリアのスーパーマーケットでよく見かけるヨーグルトのブランドには、Parmalat(パルマラット)や、日本でもおなじみのフランスのDANON(ダノン)などがあります。

その中で私がぶっちぎりでおすすめのヨーグルトブランドは

Vipiteno(ヴィピテーノ)です!

Vipiteno(ヴィピテーノ)はどんなヨーグルト?

ヴィピテーノは北イタリアのアルプス地方、「南チロル」と呼ばれる山岳地帯で作られているヨーグルトブランドです。

南チロルはイタリア語とドイツ語の二か国語地帯のため、ヴィピテーノのヨーグルトにはドイツ語表示があり、最初は「ドイツのヨーグルトなのかな?」と思っていましたが、イタリア産です。

鷲の前に宗教者?みたいな人が描かれたロゴが目印です。

ヴィピテーノのヨーグルトは、「牧場直送ヨーグルト」のような味がして、市販のヨーグルトとは思えないフレッシュさがあります。

イタリアのスーパーではそれほど値段は高くなく、他のヨーグルトと同じくらいの値段、€1以下で買えることが多いです。

他のヨーロッパ諸国では、高級食材店で€2以上で販売しているのを見たことがあります。

ヴィピテーノのヨーグルトは何味がおいしい?

ヴィピテーノのヨーグルトは、フレーバーが非常に多いのが特徴です。

その中で何味が美味しいかというと…全部おいしいです!!!

あえておすすめを…と言われると、とりあえずプレーンは食べてみてほしいですね!あとはハチミツ味とブルーベリー味が特においしかったかな。

プレーンは「Bianco(白)」と書いてあります。左がふつうのプレーンで、右が少し値段が高いBIOのプレーン。

ちなみに低脂肪のプレーンは「Magro」という表示があり、黒っぽい外装でした。

私の推しヨーグルトの2つ!ハチミツ(miele)と、ブルーベリー(mirtilli neri)です!

右はレモン味(limone)です。レモンもフレッシュなヴィピテーノヨーグルトによく合います。

左はBIOのブルーベリー、右はコーヒー味(caffe)です。

日本人の感覚だと「コーヒー味のヨーグルト!?」と思ってしまいますが、非常に美味しかったです!だまされたつもりで食べてみてください!

ヴィピテーノヨーグルトの故郷はどんな町?

ヴィピテーノヨーグルトは、その名もヴィピテーノ(Vipiteno)という小さな町で作られています

ヴィピテーノはオーストリアとの国境がすぐそこというアルプス地帯にある町で、美しい景観からイタリアの最も美しい村(I borghi più belli d’Italia)という同盟に登録されています。

南チロル地方を旅行した時に足を運びたかったんですが、時間が足りなくてヴィピテーノまで行けませんでした。残念…。次の機会に!

ヴィピテーノのあるアルト・アディジェ州(南チロル地方)のスーパーマーケットは、ヴィピテーノのヨーグルトの種類が豊富です。

紙パックではなくビンに入った、よりフレッシュな味を楽しめるものもあります。

アルト・アディジェ州へ行ったときは、ぜひご当地ヨーグルト・ヴィピテーノをたくさん食べてみてください!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi