イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

イタリア旅行の食事の基本!レストランが開く時間は?食事代はどのくらい?

リパリ島のレストラン

イタリア旅行の楽しみ方は、旅人の数と同じだけある!…というくらい、いろんな角度から楽しめるイタリア旅行ですが、イタリアへ行く一番の目的はグルメ!という方も多いです。

このページでは、イタリアの食事事情、特に、旅行者にとって一番関係がある外食事情についてまとめてみます!

 イタリアのレストランは何時くらいに開くの?

イタリアのランチ時間

フェラーラのレストラン

イタリア人の昼食時間は、日本人よりもやや遅めです。

イタリアには、南イタリアを中心に、「シエスタ(昼寝・長めのお昼休み)」の習慣が残っていて、ランチもゆったりと取る傾向にあります。そういえば、イタリアはスローフード発祥の地でもあります。

レストランのランチタイムは、だいたい12~15時くらいです。

12時より早い時間にランチが始まるお店はほとんどありません。

お店によっては(特に地方都市や南イタリア都市)、ランチは13時から始まるという、ゆったり営業のお店もあるので、スケジュールが詰まっている場合は、注意が必要です。

私も一度、アブルッツォ州のアンヴェルサという小さな村で、お目当てのレストランがあったのですが、12時に行ってみると営業時間が13時からで、それではバスの時間に間に合わず、食べ損ねた経験があります。

イタリアのディナー時間

ボローニャ

イタリア人は、夕食も日本人より遅めの時間に取ります。

イタリア人の夕食は、だいたい夜8時以降で、夜10時から夕食なんて人も普通にいます。

日本人から見ると、そんな遅い夕食はメタボの心配が…と思いますが、イタリア人は夜行性(?)が多いのか、夜寝るのも遅いそうです。

観光客の多い町や都市部では、夜7時くらいには、多くのレストランは営業が始まります。

夜7時くらいにお店に入ると、お店の中は外国人観光客だけで、あまり人気のないレストランに入っちゃったかな?と不安になりますが、8時を過ぎると、人気店には地元の人たちが押し寄せてきます。

ハッピーアワー(アペリティーヴォ)について

アーモンドワイン

イタリア人は夕食が遅いですが、その前に食前酒を飲む人たちもいます。イタリア語で食前酒のことを、aperitivo(アペリティーヴォ)といいます。

夕方6時から8時くらいにの時間帯に、アペリティーヴォを楽しみたい人たちのために、バールや居酒屋では、「ハッピーアワー」と呼ばれる、おつまみ食べ放題の時間を設けていることがあります。

ハッピーアワーの時間があるお店は、入り口に「Happy hour」の看板と、時間帯が書いてあります。

ハッピーアワーでは、その時間内であれば、お酒をオーダーした客は、カウンターに置いてあるおつまみが食べ放題になります。

気になるアペリティーヴォのお値段ですが、お酒1杯、おつまみ食べ放題付きで、€5~15で楽しむことができます。もちろん、値段の高いアペリティーヴォは、おつまみも豪華になります。

このハッピーアワーで簡単な夕食を済ませてしまうという人もいますが、値段設定の安いお店だと、あまりにも食べ過ぎると、マナー違反と見なされることもあるとか、

日本人お得意の「空気を読んで」、地元の常連客のやり方に合わせるとよいと思います。

ついでに朝食編

朝食

イタリア旅行の朝食はホテルで食べるという人が多いと思いますが、個人経営のB&Bに宿泊したり、宿泊料金を抑えるために、朝食なしのプランにする人もいると思います。

その場合に、イタリアで使えるのは何と言ってもバール!

イタリア人は、朝食は自宅でなくバールで取るという人も多く、バールでカプチーノ(泡立てミルク入りエスプレッソ)と、コルネット(甘いクロワッサン)という朝食が定番です。

利用客の多いバールでは、朝食セットを販売していることもあります。

朝7時過ぎには、朝食のために営業しているバールも多いので、朝食の外食にも、ぜひトライしてみてください!

 イタリアでの外食の食事代はどのくらい?

イタリアには、マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店や、ファミレスのようなお店がほとんどありません。

日本のような、手ごろな定食屋もないため、外食にかかる費用は、日本よりも高くなります。

もちろんレストランもピンからキリまでなので、一概には言えませんが、平均的なお店で食べると、一人€20前後はかかると思います。日本円で2500円以上ですので、やはり日本人の感覚からすると高く感じますね。

安くて評判のよいお店で食べると、もう少し食費は抑えられますし、ピッツェリア(ピザ専門店)でピザ1枚食べて済ませるのであれば、一人€10以下くらいで食べられます。

 人気店は予約がおすすめ

リパリ島のレストラン

イタリア人は、人気レストランに入る時は、日本人よりも予約する習慣があるように思います。

地元の人にも人気のお店は、いざ足を運んでみても、予約客で満席になっていて、入店できないということを、何度か経験しています。

どうしても入りたいお店がある場合は、事前に予約しておくのがおすすめです。

イタリアに限らず、ヨーロッパでは、予約客の方がよいサービスを受けられるとも言われています。

特にホテルスタッフにすすめられたお店であれば、ホテルスタッフに予約を取ってもらうのがおすすめです。

レストラン側も、今後もおすすめの店として紹介してもらいたい気持ちがあるので、ホテルの紹介客には待遇がよい傾向があります。

予約は、レストランの前を通りかかったときに、直接自分で予約する手もありますし、日本語で海外のレストランをオンライン予約できるグルヤクというサイトもあります。

「イタリアの食事」についての関連記事

イタリアのレストランの種類!リストランテとトラットリアの違いは?

イタリアのレストランで料理が出てくる順番!注文から会計までの流れ

イタリアのレストランでの注文方法!メニューはフルコースで頼まないとダメ?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

イタリア旅行の「食」に関する情報

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の「食」に関する情報

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.