イタリアのレストランのパン

イタリアのレストランでは、オーダーした後に、ほとんど必ずパンが出てきます。前菜より早く出てくることもあります。

イタリア旅行のガイドブックなどで、「イタリアのレストランでは、頼んでもいない料理が出てきたら確認すること!」などと書かれていると(当サイトも書いてますね)、このパンをどうしていいか、迷うと思います。

私も最初はよくわからず、思い切ってウェイターさんに聞いたら、「好きに食べて!おいしいよ!」と言われた経験があります。

そう、イタリアのレストランで出てくるパンは、自由に食べてよいのです!

イタリアではパンはcoperto(=サービス代)に含まれる!

ラグーザのレストラン

イタリアのレストランでは、チップの習慣がないかわりに、coperto(コペルト、複数形はcoperti)という、席代・サービス代のようなものが、支払金額に加算されます。

パン代はこのcopertoに含まれるため、別途取られることはありません。

逆に言うと、パンを食べなくてもcopertoは徴収されるので、食べた方がお得です(笑)。

細長い「San Carlo」の袋もパンです!

イタリアのパン サン・カルロ

イタリアのレストランでは、よくテーブルに「San Carlo」と書かれた細長い袋が置いてあることがあります。

実は、コレ、パンです!トリノの名物パン・グリッシーニで、自由に食べてOKです。

この「San Carlo」に入ったグリッシーニは、市販のものなので、トリノ本場のグリッシーニに比べるとB級グルメの味かもしれませんが、それでも結構おいしいです!ぜひ食べてみてください!

イタリアでのパンの食べ方にマナーはあるの?

フェラーラのパン

パンはテーブルに直接置いてよい

イタリアでは、パンの入ったカゴ・皿は、一人一人にではなく、テーブルごとに用意されます。

その際、パンを取り分ける皿は出てこないことも多いです。

取り分け皿がない場合は、食べかけのパンは、テーブルに直接置いてOKという、ちょっと日本人には抵抗のある風習があります。テーブルクロス(布製・紙製)は清潔だという考え方です。

私はコレは抵抗があるので、取ったパンは、テーブルに置かずに、左手に持ってそのまま全部食べちゃいます。前菜が運ばれてきたら、前菜のお皿の隅に置くようにしてます。

パンは手でちぎって食べるのが普通

女性の方は、日本でもパンはちぎって食べる人が多いと思うので、あまり問題ないと思いますが、男性の方は、イタリアではパンを、漢らしく噛みちぎるのはNGですので、ご注意ください。

ただし、パスタをすする音がNGなのに比べて、ぶっちゃけ誰も見てないので、軽い罪です(笑)。

食べかけのパンはカゴに戻すのはNG!

これは、ちょっと目からウロコかもしれませんが、食べきれなかったパンの一部を、パンのカゴに戻すのはNGです。

おそらくですが、カジュアルなレストランでは、パンのカゴは、他のテーブルと共有することがあるのではないかと思います。

まあ考えてみればそうですよね。パンかごには、パンがもりもり盛られてくるので、食べ終わらなかったからといって、すべて処分するのはもったいないです。

イタリアのパンかご

なので、パンかごには食べかけパンは戻してはいけないし、食べなくても、一度手に取ったパンを戻すのは避けた方がよいです。バイキング店で料理を取る時の感覚と同じです。

やや高級なお店では、パンはかごではなくお皿に載ってきます。皿に載せられたパンは、テーブル食べきりの分量でやってきます。

モディカのレストラン

お皿に載ったパンは、自分のテーブル専用のパンなので、かごのパンのルールよりは、ゆるやかに考えてよいと思います。

オリーブオイルが一緒についてくるのはなぜ?

地元でおいしいオリーブオイルが取れる場合、パンと一緒に、オリーブオイルが入った小皿が運ばれてくることがあります。

このオリーブオイルは、バターのような役割なので、パンを浸して食べましょう。

私はこの食べ方がすっかり気に入ってしまい、日本に帰ってからも、バターではなくオリーブオイルでパンを食べるようになりました。

パンでお皿のソースやスープを拭って食べてよい?

スカルペッタ

イタリアでは、パスタやメイン料理のソースや、スープの残りを、パンで拭って食べる習慣があり、その食べ方を指す「スカルペッタ(scarpetta)」という言葉もあります。

この「スカルペッタ」は、厳密には、家での食事ではOKですが、外食ではNGらしいです。

しかし、イタリアなので、そこらへんはゆるいです。それなりの高級リストランテで、「この料理はソースがメインなので、最後までパンを使って食べてください」なんて言われたこともあります。

イタリアのマナーは、とにかくこうしなきゃダメ!という画一的なものではなく、場の雰囲気を読みながら、的確に判断すること自体がマナーという感じがあります。

「スカルペッタ」のように、完全なマナー違反ではない所作については、周囲のお客さんの様子や、レストランの雰囲気を見ながら決めましょう。

パンが出てくるならプリモは注文しなくてよい?

イタリアのレストランの水

イタリアでは、前菜(antipasti)、第一の皿・プリモ(primo/primi)、第二の皿・セコンド(secondo/secondi)とメニューが分けられていますが、フルコースで注文しなければならないということはありません。

パンが出てくるため、パスタやリゾットなど、炭水化物系の料理であるプリモは、注文しないという人も多いです。

栄養のバランスを考えても、あまりお腹がすいていないときは、プリモは注文しないのは正解だと思います。

ただし、イタリアで食べるパスタって美味しいんですよねえ…。私もいつもこの選択で悩みます。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi