ローマ レストラン

イタリア旅行の楽しみの一つが、おいしいピザを食べること

ですが、イタリアのレストランに入ると、メニューにピザがなくて「あれ?」と思うかもしれません。

イタリアでは本格的なピザを出すお店は、ピザ専門店「ピッツェリア(pizzeria)」です。

レストランやトラットリアでもピザを出すお店がありますが、おいしいピザを食べるなら、餅は餅屋、ピザはピザ屋、断然ピッツェリアへ行きましょう!

イタリアで食べるピザの値段はどのくらい?

ピザは、イタリア大衆料理の代表です。

ピッツェリアでピザを食べて食事を済ませるなら、トラットリアなどに入店するよりずっと安くで食べられます。

お店にもよりますが、イタリアではピザは1枚€3~10くらいです。

ピッツェリアのピザは持ち帰りにできる!

イタリアのピッツェリア

日本にはピザ宅配のお店があり、ピザを入れる平たい箱はおなじみだと思います。

あのピザ用の箱が、イタリアのピッツェリアでも用意されていて、たいていの場合テイクアウトでも購入することができます

持ち帰りの方が、お店で食べるよりピザの値段が安くなる場合もあります。

外食して帰りが遅くなるのは避けたいから、ホテルでゆっくりピザを食べたいという場合は、ピザの持ち帰りにぜひチャレンジしてみてください。

「持ち帰り」を意味するイタリア語は、「portare via(ポルターレ・ヴィア)」です。覚えておくと便利です!

食べきれなかったピザは持ち帰りOK!

ベルガモ

パレルモのピザ屋さんでピザを食べたとき、隣のテーブルのちょっとシブい男性が(ちなみに元サッカーイタリア代表のガンベリーニに似てた)、食べきれなかったピザを、颯爽と持ち帰りにしました。

それを見て、「へー、そんなことできるんだー!」と知りました。

ピッツェリアには前述のように、持ち帰り用の箱が用意されているので、食べきれないピザを持ち帰りたい分は、持ち帰りの箱をもらうことが可能です。

旅行客は持ち帰っても食べる時間がないことが多いですが、食べ物が傷みにくい冬場に、朝食のつかないホテルに宿泊している時は、翌朝の朝食用に持ち帰ると便利です。

イタリアのピザは大きいって本当?シェアしても大丈夫?

パレルモのピザ

ピッツェリアで出てくるピザの直径は、女性の肩幅くらいあることもあり結構大きいですが、観光後でおなかがすいた状態であれば、女性でも1枚食べられます。

とはいえ本当に大きいので、隣のテーブルを見て、一枚食べる自信が出ないこともあります。

イタリアのピッツェリアでは、ピザは一人一枚オーダーするのが普通です。

ですが、ピッツェリア自体がカジュアルなお店ですし、観光地で働くイタリア人は日本人の食が細いことを知っています。

私はオーダーする際にシェアしてもよいか尋ねて、同行者とシェアすることもあります。

ちなみに、日本人はいろんな味を楽しみたいと考え、二人で2枚のピザを頼む場合でも、違う種類のピザをオーダーして、半分ずつ食べたいものですが、イタリア人は料理のシェアはあまりしないため、ピザの半分こもしません。

イタリア人は、食べ合わせにこだわる人が多く、一度にあまりいろんな味を食べない傾向があるそうです。

ピザの半分こはイタリア人の習慣とは異なりますが、大きなマナー違反という感じはないので、私は「目立たないようにする分は構わないかな」と考えています。

日本人も、和食のマナーを知らない外国人観光客に目くじら立てることはないので、その感覚でよいかな、と思います(違う考え方の人もいるとは思いますが)。

そうは言ってもやはり気が引けるという人は、持ち帰りにしちゃいましょう。ホテルの部屋で食べるなら、遠慮なくシェアできます。

イタリアのピザは手づかみで食べてOK?

ミラノ ピザ屋

日本では切ったピザを手づかみで食べるのはマナー違反ではありませんが、イタリアのピッツェリアでの正式なマナーは、ピザはフォークとナイフを使って食べます。

ですが、ピッツェリア自体フォーマルなお店ではないので、どうしてもフォークとナイフで食べにくい場合は、小さく切ったものを手で食べる分は、許容されると思います。

逆にバールなどで販売されている切り売りピザは、紙ナフキンで包んで、手で食べる方が自然な時もあります。

「どうしても周囲の視線が気になる!」という場合は、これもまた持ち帰りにしましょう。

リラックスして、楽しんで食べるのが一番!

「イタリアのおいしいピザ屋は夜しか営業しない」は本当?

ナポリのピザの窯

イタリア旅行の都市伝説みたいのものに、「おいしいピッツェリアは夜しか営業しない」というのがあります。

コレが真理かどうかは…イエスでもありノーでもあるかな、という感じです。

本格的なピザ屋さんが、夜しか営業していないことが多いのは本当です。アマルフィで有名なピザ屋さんにランチで行こうとしたら、夜しか営業していなくて撃沈したことがありました。

夜しか営業しない理由は、窯で本格的にピザを焼いているお店は、窯は一度火を入れたら気軽に消せないため、夜だけ火を入れるのだそうです。

とはいえ、観光地や人口の多い都市部で、昼から夜までひっきりなしにお客さんが入ってくる立地では、昼に火を入れた窯をそのまま夜まで通しで使うため、ランチ営業もしています。

そのため、ランチ営業しているピッツェリアが窯でピザを焼いていないとは一概には言えないので、ご注意を!

イタリアのピザについてまとめ

  • ピザはピザ専門店「ピッツェリア(pizzeria)」で食べるのがおすすめ
  • ピザの値段は一枚€3~10程度。
  • ピザの持ち帰りは基本的に可能。食べきれなかった分もOK
  • イタリア人はあまりピザをシェアしない
  • 正式にはピザを手で食べるのはマナー違反だが、カジュアルなお店ではそれほど厳しくない
  • 本格的なピザ屋は夜しか営業していないことがよくある

次のページイタリアのバールを使いこなす!注文の仕方・テイクアウト・チップ事情など

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi