ナヴォーナ広場

2009年に、ローマの中心部、ナヴォーナ広場の老舗レストランで、日本人観光客がぼったくり被害に遭ったというニュースが、ひときわメディアを賑わせました。

二人でのディナーで、10万円近い金額を請求され、その中には20%ものチップ料金が含まれていたという話でした。

そのレストランが、著名人が来店したこともある有名店で、日本のガイドブックにも掲載されていたのも、さらにショッキングなニュースとなりました。

ちなみに、お店の名前は「イル・パセット」ですが、この件がイタリアでも騒ぎになり、閉鎖に追い込まれたので、おそらく現在は営業していないと思います(グーグルマップなどで出てこない)。

最近は日本人観光客も用心深くなり、以前ほどぼったくりレストランの被害は聞かなくなりましたが、それでも、特に観光地では、ぼったくりレストランに注意が必要です。

イタリアの、観光客をターゲットにしたぼったくりレストランには、ありがたいことに特徴がありますので、以下のことに気をつけてください。

 イタリアでは客引きしているレストランは避ける!

ウェイター

イタリアの観光都市の、さらに観光客が多い広場では、ウェイターの格好をした人が、客引きをしている風景をよく見ます。

しかし、ちょっと注意して見てみると、この客引き係の人は、観光客と思われる相手ばかりに声をかけているのに気がつきます。地元の人が前を通っても、スルーします。

要するに、客引きをするレストランは、観光客をターゲットにしたお店である可能性が高いのです。

観光客をターゲットにしたお店は、観光客はほとんどの場合一見さんで、たとえこのお店で美味しいものを食べたところで、リピーター客にはならないため、料理の味に力を入れていないことが多いです。

料理の質は悪いですが、観光客の目につきやすい、土地代の高い場所に出店しているので、料理の値段は高くなります。

それだけでも、こういったお店には入らない方がよいのですが、悪質な場合は、観光客がイタリア語や現地事情がわからないことにつけこんで、法外な値段を請求することがあります。

上述した、ローマのナヴォーナ広場のレストラン事件では、店側に、チップが料理代の20%なのが相場だなんて言われたそうです。

もちろんそんな相場などありません。イタリアのレストランでは、サービス代は勘定に含まれることが多く、チップは必要ないことがほとんどです。

客引きしているレストランには入らないというのは、ぼったくりレストランに入らないための大原則です。特に片言の日本語で話しかけてくる場合は、日本人をターゲットにしているので要注意です!

 イタリアではメニューのないお店には入らない!

イタリアのメニュー

イタリアでのレストランぼったくりの体験談の多くに、メニューを持ってきてもらえず、ウェイターさんにおまかせする形になったというものがあります。

メニューで金額を確認せずにオーダーしてしまったら、最後に「コース料理」と称して、いくらでも支払いを請求できてしまいます。

 ちなみに、上述のローマ事件でも、被害者は、メニューをウェイターさんにおまかせしてしまったそうです。

ですが、イタリアには、本当にメニューがない名物店というものも存在します。

海鮮料理のお店に多く、その日に仕入れできた食材によってメニューが変動するため、固定したメニューがなく、シェフやウェイターさんと相談しながらメニューを決めていくというスタイルです。

私もこういうタイプのお店に、パレルモとロコロトンドで入ったことがあります。

そのような場合でも、必ずオーダーする料理の値段は確認してください。イタリアでは値段の話は、マナー違反ではありませんし、当然尋ねるべきことです。

 頼んだ覚えのない料理が出てきたら必ず確認する!

マルティーナ・フランカのレストラン

きちんとメニューを見て、自分たちで選んでオーダーしても、さらに敵(?)に上を行かれることがあります。

頼んでもいない料理を、勝手に運んでくるのです!で、最後に勝手に勘定につけ加えて、高額請求をする、と。

これ、もちろん「あんたらが勝手に持ってきたものだから払わない」と言えますが、食べてしまうと、「でも消費しただろ!」と強気に来られます。

何だコレ?と思ったら、曖昧にせずに、必ず確認してください。

私もヴェローナで、スープを頼んだはずなのに豆を煮たような皿が出てきて、「こんなの頼んでない」と言ったら、頼んだスープが本当にその料理だったことがありました(笑)。

こういうこともありますが、疑問に思ったことは必ずつっこみましょう。イタリアはそういう文化なので、遠慮しなくて大丈夫です。

ただし、イタリアのレストランでは、本当に店側のサービスで、おまけの料理が出てくることも結構あります。

きちんとしたお店では、そういったおまけ料理を運んでくるときに、「これはサービス」「これはプレゼント」と必ず言い添えます。その場合は、ありがたく頂きましょう。

ちなみに、パンはオーダーしなくても出てきます。パン代はサービス料に含まれるため、食べても追加料金は取られないので、安心してください。万が一、パン代を異様に請求された場合は、騒いで抵抗しましょう。

 イタリアのレストランの伝票は必ず確認する!

どんなに素晴らしいレストランに入っても、最後に運ばれてくる伝票は、必ずチェックしましょう。ぼったくりでなくても、単純に店側が計算を間違えることもあります。

イタリアでもらう伝票は、コース料理でない限りは、何をどれだけ注文したか、内訳がわかるようになっています。

イタリアのレストランでもらう伝票の見方を解説!

レストランの伝票

これが、イタリアで一番よく見るタイプの伝票です。

左の数字が注文した数、右が値段です。上から順番に解読してみます。

COPERTI(サービス料)…3人分で€3
VINO-BIRRA(ワイン・ビール)…なし
ACQCA MINERALE(ミネラルウォーター)…1本で€1
PIZZA(ピザ)…なし
ANTIPASTI(前菜)…なし
PRIMI PIATTI(第一の皿)…2皿で€10
SECONDO PIATTI(第二の皿)…2皿で€17
CONTORNI(つけあわせ)…1品で€7
FORMAGGI(チーズ)…なし
FRUTTA(フルーツ)…なし
DOLCI-DESSERT(デザート)…なし
CAFFE-LIQUORI(カフェ・食後酒)…3人分で€6
MENU A PREZZO FISSO…(コース料理)…なし

TOTALE(合計)…€44

4という数字が読みにくいですね。イタリア人の4はこんな感じです。あと、7も独特の書き方になるので注意です。

また、税は内税で、メニューで見た金額にさらに上乗せされることはありません。たまに、このタイプの詐欺もあるらしいので、気をつけてください。

そこまで神経質になりたくないという人は、自分の想定より多く請求された場合のみ、細かく明細を見ればよいと思います。

イタリアのレストランでぼったくりに遭わないための対策まとめ!

  • 客引きしているレストランには入らない
  • メニューのないレストランで値段のわからないものをオーダーしない
  • 注文した覚えがない料理が出てきたら手をつける前に確認する
  • 支払う前に伝票の内容を確認する

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi