ラゲージタグ

みなさま、海外旅行の際、ラゲージタグをスーツケースや荷物に付けていますか?

ラゲージタグとは、自分の名前や連絡先を記入したネームラベルのことです。

ラゲージタグの他の呼び方として、「ラゲッジタグ」「トラベルタグ」「ネームタグ」などとも呼ばれます。

ラゲージタグはイタリア旅行に必要?

このラゲージタグですが、イタリア旅行に必要かどうかと言いますと、絶対に必要ということはありません。

ただし、ロストバゲージ(飛行機に乗る時に預けたスーツケースが行方不明になること)のリスクが高い場合には、スーツケースに付けておくのがおすすめです。

連絡先や名前がラゲージタグに記載されていると、行方不明になったスーツケースが見つかった際の連絡が、スムーズです。

ロストバゲージのリスクが高くなるのは、イタリアへのフライトで、乗継便を利用した場合です。

乗り換える空港が、たくさんの飛行機が乗り入れる大きな空港だったり、乗り換え時間が短いフライトだったりすると、ロストバゲージの確率は上がると言われています。

ロストバゲージに関する関連記事はこちら→ロストバゲージの原因を知って全力で避ける対策法!

いずれにせよ、乗り換え便を利用する人は、ラゲージタグを付けておいた方が吉でしょう。

ラゲージタグの書き方

ラゲージタグには、名前、往路に利用する便、旅程の前半に滞在するホテルの情報を書き込みます。

行方不明になった荷物は、多くの場合は2日くらいで手元に届きます。面倒な場合は、滞在するホテル情報は、最初の2~3日間の分だけでもよいでしょう。

例として、私のラゲージタグはこんな感じです。名前とホテル名は偽名です。

NAME:Alberto Gilardino…自分の名前

<04 MAR>…往路便を使う日。MARは3月。日、月の順で

Narita/Tokyo→Zulich LX161…経路と便名

Zulich→Florence LX1680…乗継したのでもう一つ。Florenceはフィレンツェの英語名

<04 MAR-07 MAR>…最初のホテルの滞在期間

Hotel:B&B Montolivo…ホテル名

Via Gamberini 5 Firenze…ホテルの住所

+39-XXX-XXXXXX…ホテルの電話番号。39はイタリアの国番号。

私が一番好きだった時期の、フィオレンティーナの選手名を使ってみました。

荷物が見つかった際に、ホテルに電話をかけてもらった方が、スタッフが電話に出られる確率が高く、私よりも英語で状況を的確に把握してもらえると思い、自分のではなく、ホテルの電話番号を記入しています。

私は、帰国する際は、スーツケースがどこかに行っちゃっても、最終的に見つかって届けばいいや、と思っていて、帰国した後は、日本語で流暢に(あたりまえ)交渉ができるので、あまり心配してません。

ので、帰国便のロストバゲージに関しては、何にも対策してませーん!帰国便も心配な方は、帰国便の情報と、日本での連絡先を追記しましょう。

ただし、ラゲージタグはそれほど大きくないので、あまりたくさんの情報を書こうとすると、入らないです。

その際は、発見してもらえるかどうかはわかりませんが、裏に続きを書くか、情報を書いた紙を、折ってラゲージタグに挟んでおくなどの方法があります。

ラゲージタグはどこで買える?

ラゲージタグは、ピンからキリまであり、いろいろな所で購入できます。

名前が書ければ何でもいい!派→百円均一ショップにあります

スタイリッシュなものがいい!派→旅専門ブランドの「MILESTO」公式オンラインストアのものは、男女問わず使えてオシャレです

かわいいものがいい!派→キャスキッドソンのラゲージタグがかわいいです!

ラゲージタグ

私が今使っているのも、キャスキッドソンのものです!

キャスキッドソンの公式オンラインストア
※「ラゲッジタグ」で検索すると商品が出てきます

関連記事

イタリア旅行の必需品・持ち物チェックリスト

ロストバゲージの原因を知って全力で避ける対策法!

ロストバゲージへの準備と保険でロスバゲなんか恐くない!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi