ヴェネツィアで、念願のムラーノ島へ行って参りました。

ムラーノ島といえばガラス工芸が有名ですが、ささやかな庶民の私が、ムラーノの高級ガラス製品目的でムラーノ島に行くはずがナイ!ですね。

ムラーノ島で昔から「見たい見たい!」と思っていたのは…

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

この不思議な形をしたサンティ・マリア・エ・ドナート教会です!

サンティ・マリア・エ・ドナート教会の外観

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

サンティ・マリア・エ・ドナート教会の外観は、日本人の私が言うのも変な話ですが、大変にエキゾチックです。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

イタリアでこの教会が「エキゾチック」と感じるのは、おそらく東方のビザンチン様式だからでしょうね。

細い柱が二本ずつ軽快に並ぶ様子は、シチリア島で見られるビザンチン・アラブ・ノルマンなどの様式が混ざった建築を思い出させます。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会は反対岸から見よう!

さて、サンティ・マリア・エ・ドナート教会の最高の眺めを探すなら…

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

教会の手前の橋を渡って、運河の向こう側から教会を見るのがおすすめです。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

そうすると、ホラっ!運河の向こう側に、不思議な魅力を醸し出すサンティ・マリア・エ・ドナート教会が見えるんです!

いや~、本当にムラーノ島に来てヨカッタ!ヴェネツィア本島にも素敵教会はたくさんあるんですが、その中のどの教会よりもサンティ・マリア・エ・ドナート教会が好きですねっ!

サン・マルコよりも?ええ、サン・マルコよりも!

サンティ・マリア・エ・ドナート教会は内部もスゴイ!

サンティ・マリア・エ・ドナート教会は、外観だけでも大満足なのですが、外観だけではないのが、この教会のスゴイところ(教会の回し者みたいな私)。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

一歩足を踏み入れただけで、私は思いましたよ…!

この教会はスゴイぞ…!

だって遠目にも、中央祭壇の美しいモザイクが光っているし、足元にも既にモザイク床が広がっているんですもん!(私はモザイク大好き)

しかも入場料無料ですよ、無料っ!

サンティ・マリア・エ・ドナート教会の床モザイク

もうね、サンティ・マリア・エ・ドナート教会の床モザイクの全てを紹介することは難しいんですが、いくつかピックアップしてみますね。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

仲良くお食事中の孔雀たち。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

草食動物を捕まえた猛禽類?

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

こちらは小鳥を捕まえている猛禽類。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

こ、これは…。ニワトリがキツネを…?

教会内の解説には、二羽のニワトリは神の象徴で、世界で悪質なことが行われないように監視しているのだとか。

しかし現代人の我々が見ると、やはりユーモラスに感じてしまいますね。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

グリフォンにちょっと似た感じのモンスターもいます。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

一番謎だったのが、このモザイク。どっちが上なのかもわからない!

私も姉と「何だろうねえ~」としげしげ見つめていましたが、欧米系の観光客も、不思議そうにこのモザイクの周りを回っていたので、ヨーロッパ世界ではおなじみの図像というわけでもなさそうでした。

教会入り口近くにあった解説をナナメ読みしてみたところ、「精霊と人間が合体した姿では?」という仮説はあるものの、正体は判明していないのだそうです。

中央祭壇内陣の聖母モザイクも素敵!

この床モザイク群だけでも、もう大満足なのですが、見逃せないモザイクがもう一つ!

というか、見逃しようがない場所にあるモザイクなのですが、

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

中央祭壇の聖母のモザイク!

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

金色をバックに、すっと立つ清廉さと強さを合わせ持ったような聖母マリア。いかにもビザンチンという感じのプロポーションです。

サンティ・マリア・エ・ドナート教会

トルチェッロ島のサンタ・マリア・アッスンタ教会の聖母モザイクと似ていますが、こちらの方が聖母の表情がやわらかい感じです。

今話題に挙げたトルチェッロ島のサンタ・マリア・アッスンタ教会もそうなんですが、本島以外の小島にも非常にみごたえのある教会があるのが、ヴェネツィアの魅力だなあ~と、改めて感じました。

まとめ

そんなわけで、ムラーノ島に行ったら、ぜひ「外観も内部モザイクもすばらしい、しかも無料入場!」の素晴らしいサンティ・マリア・エ・ドナート教会を訪れることをおすすめします!

ていうか、私のように、サンティ・マリア・エ・ドナート教会を目的にムラーノ島に行ってもいいくらいですっ!

ムラーノ島への行き方はこちら→ムラーノ島への行き方!ヴァポレット(水上バス)乗り場・料金・時刻表

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi