今回のヴェネツィア再訪で、訪問を楽しみにしていた教会がサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

ガイドブックを見ると、ベッリーニの絵やヴェロネーゼの天井画が素敵で、

なんで前回のヴェネツィア訪問で行かなかったんだろう…?

と、8年前の自分に疑問を感じましたが、答えはすぐワカリマシタよ。

コールス加盟の教会じゃなかったからだ!!!

前回のヴェネツィア訪問では「コールス」という、15教会ほどの教会に入れる共通券を購入し、コールス加盟教会を鼻息荒く回ったんでした。

前回訪問しなかった謎が解けた所で!

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会をご紹介します。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会はどんな教会?

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会(Santi Giovanni e Poolo)は、ヴェネツィアの北東部にある大きな教会です。

観光ルートからはやや外れていて、それほど観光客が多くない界隈にあります。

歴代総督の葬儀が行われた教会で、総督の豪華なお墓も必見です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会の必見絵画

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会で鑑賞できる必見絵画のひとつが、入って右側にあるジョヴァンニ・ベッリーニの祭壇画です。

特に祭壇画の左下に描かれた、幼子イエスを肩に乗せて川を渡っている聖クリストフォロの絵が好きでした。

また、左奥のロザリオ礼拝堂は、ヴェロネーゼの天井画や壁画がびっしりと並び、さながらヴェロネーゼ美術館の様相です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会
ロザリオ礼拝堂のヴェロネーゼ天井画の一部

特に天井に描かれた「受胎告知」は、下から見上げたアングルで描かれた珍しい「受胎告知」で、今まで見たヴェロネーゼ作品でも特に好きでした。

ロザリオ礼拝堂は自分で灯りのスイッチを入れて鑑賞します。時間が経つと灯りは自動的に消えますが、また点灯すればOKです。点灯用のコインは不要で、スイッチは入ってすぐの壁にありました。

その外にも、聖ドメニコ礼拝堂のピアツェッタの天井画や、聖ドメニコ礼拝堂脇のロレンツォ・ロット作品が見どころです。

「暗くて見えない…」という作品は、セルフで点灯するものがいくつかありましたので、点灯スイッチを探してみてください(無料で点灯できます)。

教会内は撮影禁止です(画像はポストカード撮影)。残念な気もしましたが、その分鑑賞に集中できて、かえってよかったのかなとも思いました。

お隣のスクオーラ・ディ・サン・マルコも必見!

ヴェネツィアは、ひそかな素敵スポットが多い町なのですが、このサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会前の広場もそのひとつです。

まず、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会の横に、ユニークだけと美しい姿をした建物が!

スクオーラ・ディ・サン・マルコ

こちら!スクオーラ・ディ・サン・マルコです。

スクオーラとはイタリア語で「学校」という意味ですが、ヴェネツィアでは同信組合(同じ守護聖人を持つ人たちの集まり)の建物のことも指します。

うっすらとピンクっぽい白色で、やさしい曲線が目立つ「ヴェネツィア・ルネサンス様式」と呼ばれる建築です。

アシンメトリーなのに、なぜか調和が感じられて美しい!

宿泊したホテルの支配人が、必見ポイントとしてこのスクオーラを真っ先におすすめしたのですが、ヴェネツィア地元民から見ても自慢の風景なんですね!

こちらのスクオーラは内部見学できることもあるようなのですが、私が行った時は閉まっていました。

コッレオーニ騎馬像も必見!

コッレオーニ騎馬像

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会前の広場には、もうひとつ必見のものがありまして、それがコッレオーニ騎馬像です。

コッレオーニとはベルガモ出身(ベルガモはヴェネツィアとミラノの中間にある小都市)で、傭兵としてヴェネツィア軍を率い、めっちゃ強かったのだそうです。

で、コッレオーニさんは遺言で「オレの銅像をサン・マルコ広場に作ってくれ」と残しました。

サン・マルコ広場

サン・マルコ広場というと、ヴェネツィアの超中心地。

「外国人(ベルガモ人)の像をサン・マルコ広場に作りたくねえなあ…」と思ったヴェネツィアは、どうしたかというと…

「スクオーラ・ディ・サン・マルコ前の広場に作ればいいじゃん!」と、この場所にコッレオーニさんの銅像を設置した…という、逸話が知られています。

どこまで本当の話かはわかりませんが、いかにもしたたかなヴェネツィアらしさを感じるエピソードすね。

コッレオーニ像

こちらがコッレオーニ像。レオナルド・ダ・ヴィンチの先生として知られるヴェロッキオ作です。

わざわざフィレンツェのヴェロッキオに銅像制作をオーダーするあたりは、ヴェネツィアの誠意を感じますけどね。

でもこの場所もじゅうぶん素敵なので、コッレオーニさん、よかったじゃない?

お菓子が美味しいカフェで一休み!

この広場には、地元のお客さんで賑わっている庶民的なカフェ兼バール「Rosa Salva」があります。

ヴェネツィアのお菓子屋さん

立ち飲みバールとしても使えますし、奥には座るスペースもあって、ヴェネツィア歩きの休憩に最適です。

ここのお菓子は大変おいしかったです!ヴェネツィア名物のザエティを食べてみてください!

まとめ

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会だけを見学するつもりが、教会が面している広場が見どころ多すぎで、広場ごと楽しめちゃいました。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会はコールス共通券に含まれていないのが残念ですが、逆に含まれていないためか、観光客がそれほどは多くありません。

サン・マルコ広場から遠くないエリアですので、サン・マルコの喧騒に疲れたな~と感じたら、ぜひこちらに足を延ばしてみてください!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi