イタリアのサンドイッチは、ハードなパン生地で生ハムや野菜などを挟んだ「パニーニ(単数形だとパニーノ)」が主流です。

日本でなじみが深い食パン生地のサンドイッチは「トラメッツィーノ(tramezzino)」といいますが、正直パニーニの方がおいしく感じます。

パニーニ

こちらがハードパン生地サンドイッチのパニーニ。

トラメッツィーノ

こちらが柔らかいパン生地サンドイッチのトラメッツィーノ。

ヴェネツィアはイタリアでは珍しく、この「トラメッツィーノ」が有名な町です。

なぜヴェネツィアだけがトラメッツィーノ文化なのかわかりませんが、ヴェネツィアは海鮮料理メインなので、ハムなど肉がメインとなるパニーニは発達しなかったのかもしれないです。

そんなわけで、ヴェネツィアで「ランチは軽めに」という場合には、トラメッツィーノを食べるのもヴェネツィアならではの体験です。

私はヴェネツィアのトラメッツィーノ超有名バールと、地元のヴェネツィア人にすすめてもらったバールでトラメッツィーノを食べました。

ヴェネツィアの「トラメッツィーノ2大バール」とも呼べそうな、この2店をご紹介します。

バール・アッラ・トレッタ

ヴェネツィアでトラメツィーノといえば、最初に名前が出てくる超有名店が「バール・アッラ・トレッタ」です。

アカデミア美術館のすぐ近くにあります。

一応バールなのですが、むしろトラメツィーノ専門店のような感じで、30種類ほどのトラメツィーノがケースに所せましと並んでいます。

むしろ種類が多すぎて、選ぶのが大変かもしれませんが、中に入っている具材はケースの外からでもしっかり見えるので、見た目で選べばよいと思います。

私はオリーブ入りのトラメッツィーノを食べました。オリーブが効いていておいしかったです。

ただしほとんどがマヨネーズ味つけで、マヨネーズあまり好きでない姉には、あまり好評ではなかったです。

アッラ・トレッタでは、テーブル席に座れば、スマホでメニューのQRコードを読み込んで、日本語メニューを見ることができます。

ですが、おすすめは、カウンターでの立ち食いか、持ち帰りにして外で食べることです。

というのもバールなので、トラメッツィーノは立ち食いか持ち帰りならひとつ€1.6ですが、テーブル席で食べると€2.6に値段が跳ね上がります。

アッラ・トレッタのトラメツィーノは小さいので、€2.6だと「高っ!」と思います。

私は寒い雨の日だったため「高っ!」を覚悟でテーブル席で食べましたが、やはり「高っ!」と感じました。

また、トイレがトルコ式であまり綺麗でないため、トイレ休憩に利用するメリットもあまりありません。

トラメッツィーノは持ち帰りにして、運河を見ながら食べましょう!(晴れてたら、だけどね!)

バール・ティツィアーノ

バール・ティツィアーノ

バール・ティツィアーノは、「トラメッツィーノがおいしいお店」として、最初のヴェネツィア滞在の時に、ホテルでおすすめしてもらったバールです。

ヴェネツィアのほぼど真ん中で、普通に歩いていて通りかかるような場所にあります。

アッラ・トレッタほどではないですが、こちらもたくさんの種類のトラメッツィーノがケースに並んでいます。マヨネーズ味つけでないトラメッツィーノもあります。

お値段は立ち食いか持ち帰りで€1.8ですが、アッラ・トレッタのもの(€1.6)より大きく感じました。テーブル席の値段は、食べたことがないので不明です。

バール ティツィアーノ

アッラ・トレッタとの違いは、トレッタが観光客がほとんどなのに対し、ティツィアーノは地元客もかなり多いです。

私がつたないイタリア語で注文すると、常連のヴェネツィアおやじたちに「ブラーヴァ!(よくやった!)」と大喜びされて恥ずかしかったです(笑)。

おやじたち、昼間からワインを飲んで上機嫌でした…。

このようにバール・ティツィアーノは地元の常連客で賑わうバールなので、ヴェネツィアの日常を味わうのにもおすすめです。

ですが、またもやトイレの話で申し訳ないですが、トイレはトルコ式でアレなので、トイレ休憩に使うバールとしてはおすすめしません。

ずばりトラメッツィーノは美味しいか?

さて、ここからは私の個人的な感想です。

ぶっちゃけトラメッツィーノは美味しいか。

私の好みから言いますと…ヴェネツィアのトラメッツィーノは、他のイタリアの町で食べるトラメッツィーノよりはおいしいですが、日本のサンドイッチより美味しいかというと…何とも…。

ローマの名物ピザや、フィレンツェの名物パニーノとくらべると、ものすごく心に残る味…ということはなかったです。

もしかしたらヴェネツィアには他にも隠れたトラメッツィーノの名店があるかもしれませんが、次にヴェネツィアに行くときに、積極的にランチで食べようとは思わないかなあ…。

もちろん人によっては、ヴェネツィアのトラメッツィーノは大変おいしかった!という感想もありますので、もし興味があるならそれほど高くもないですし、試してみてください!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi