イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

「chorus pass」で入れないヴェネツィアの有料教会も魅力満載!

  • HOME »
  • ヴェネツィア »
  • 「chorus pass」で入れないヴェネツィアの有料教会も魅力満載!

ヴェネツィア 教会

当サイトでは、ヴェネツィア観光に、€12で18(実質16かも)の教会入場がフリーパスになる「chorus pass」をおすすめしていますが、「chorus pass」では入場できない、魅力的な教会もヴェネツィアにはたくさんあります。

私がヴェネツィア歩きをした際に、意外に感じたのは、ヴェネツィアのこの狭い陸地に、予想以上に多くの教会が建てられていて、しかも、大切に保存されていることでした。

商業の町と信仰心というものは、パッとは結びつかないような気もするのですが、現実的な商人たちは、最終的には理屈を超えたものに頼るものなのかもしれません。現在でも、やや宗教色を帯びたビジネス書は、数多く出版されていますしね。

このページでは、「chorus pass」で入場ができない、ヴェネツィアのおすすめ有料教会をご紹介します。

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ

「ティントレット美術館」とも呼べそうな、ティントレットだらけの荘厳な信者会教会。その数、何と70点以上!

この教会にあるティントレット作品だけで、世界中に現存するレオナルド・ダ・ヴィンチ作品の数の約5倍…。ティントレットは筆が速いことで有名だったそうです。

まず1階部分は、聖母マリアの生涯が物語仕立てで描かれています。1階の作品は、ティントレット作品にしては、落ち着いた作品が多かったです(『受胎告知』はビックリするくらい大天使ガブリエルがエネルギッシュでしたが)。

ティントレットらしさ大爆発なのは、2階部分です。荘厳で、ドゥカーレ宮殿の雰囲気に似ています。天井も壁も、ティントレットの作品でびっしり埋め尽くされています。

ティントレットの作品が好きかどうかは別にして、とにかく「圧倒的なティントレット空間」ですので、一見の価値がある教会だと思います。

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ
イタリア語:Scuola Grande di San Rocco
公式サイト:http://www.scuolagrandesanrocco.org/
旅行記:2011年

 

スクオーラ・ダルマータ・サン・ジョルジョ・デッリ・スキアヴォーニおすすめ

ヴェネツィア

とりあえず名前長すぎですね(笑)。絶対覚えられません。私は「カルパッチョのあったスクオーラ」「龍退治のスクオーラ」などと呼んでました。

ちなみに「スクオーラ」とは、イタリア語では「学校」を意味する言葉ですが、ヴェネツィアでは、同じ聖者を信仰していた信者会のことも「スクオーラ」と呼びます。各業種ごとに、その業種を守護する聖人がいたので、同業者組合の延長のような形なのだと思います。

こちらのスクオーラは、カルパッチョの連作で飾られています。『聖ゲオルギウスの龍退治』と、『聖アウグスティヌスの幻影』が特に有名です。

カルパッチョ作品は、他のダイナミックなヴェネツィア派の絵と比べて、どこかかわいらしい雰囲気がありましたが、屋根や柱の装飾もかわいらしく、内装そのものにも見ごたえがあります。2階もあるので、鑑賞を忘れずに。

私がヴェネツィアの教会の中で、一番気に入った教会です!

スクオーラ・ダルマータ・サン・ジョルジョ・デッリ・スキアヴォーニ
イタリア語:Scuola Dalmata San Giorgio degli Schiavoni
公式サイト:http://scuoladalmata.altervista.org/
旅行記:2011年

 

スクオーラ・グランデ・デイ・カルミニ

ヴェネツィア

ヴェネツィア

ウフフって感じの乙女チックな、ロココ調の信者会教会。特に女性におすすめしたい教会です。

2階では、ロココ画家ティエポロの真骨頂である、ふわふわとした天井画を鑑賞できます。椅子に鏡が置いてあるので、鏡に映して鑑賞すると、首が疲れません。

優秀な(誤訳のない)日本語パンフレットを受付で借りられます。帰る時に返却します。

スクオーラ・グランデ・デイ・カルミニ
イタリア語:Scuola Grande dei Carmini
公式サイト:http://www.scuolagrandecarmini.it/
旅行記:2011年

 

マドンナ・デッロルト教会おすすめ

ヴェネツィア コールスパス

ヴェネツィア

ティントレット作品を多数所持している教会です。

中でも、右手の壁側にある『聖母マリアの神殿奉献』は、少女時代の凛としたマリアが印象的な作品です。ヴェネツィアで見たティントレット作品の中で、一番好きでした。

教会の名前(=畑の聖母)の由来となった、近くの畑で見つかった聖母子像と思われる像が、教会の右側の部屋に飾ってありました。

この教会は、私が訪問した2011年は、「chorus pass」で入場できたと記憶していて、2017年版の地球の歩き方にも「chorus pass」対象と書いてあるのですが、「chorus pass」の公式サイトに、教会の名前が無かったため、「chorus pass」で入場できない可能性が高いと思います。

教会の公式サイトには、入場料の記載がないのですが、他の方の旅行記などで、無料で入場できたという情報はないので、一応有料教会として扱います。

マドンナ・デッロルト教会
イタリア語:Chiesa della Madonna dell’Orto
公式サイト:http://www.madonnadellorto.org/
旅行記:2011年

 

「chorus pass」で入場できる教会のご紹介は、こちらの記事をどうぞ

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.