最近のイタリア旅行では、口コミサイトやSNSの普及の影響か、「人気レストランには予約しなければ入店できない」という傾向を感じます。

何度か、お店の前まで来て「予約でいっぱい」と断られ涙した経験から、ヴェネツィアの人気レストラン「ラ・ズッカ」を予約しておくことにしました。

「ラ・ズッカ」は野菜料理の人気店!

「何で予約までしてラ・ズッカに入りたいの?」というと、ラ・ズッカは野菜料理のお店なんですよ~。

「ヴェネツィアで野菜料理?海鮮を食べなよ!」と思われるかもしれませんが、海鮮料理がそれほど好みではない私は、海の幸ばっかり食べるとお腹が疲れてしまうんですよね。

ヴェネツィアでは海鮮料理もポンティーニコロンビーナでちゃんと食べましたよ!

海鮮料理を食べつつも、野菜料理でちょっと休みたいなあと思い、どうしてもラ・ズッカには入りたかったのでした。

ラ・ズッカは、地球の歩き方にも載っているほどの有名店だし、有名店にありがちな「ネットでの評価はイマイチ」ということも全くなく、実際に食べた人からの評価も高いお店なんです。

ラ・ズッカで食べたお料理をご紹介!

ラ・ズッカ(La zucca)は、店名にもなっているカボチャ(イタリア語で「ズッカ」)料理が看板料理です。

何か一つはカボチャ料理を頼みたいなーと思って、オーダーしたのは「カボチャとアーティーチョーク(Carciofi)のパスタ」。

ヴェネツィアのラ・ズッカ

カボチャの甘味と、アーティーチョークの薬膳っぽい味がマッチしていて、非常に健康的な味!胃にもやさしくて食べやすかったです。

ヴェネツィア ズッカ

この日は非常に寒かったので、ニンジン(Carote)をジンジャー(Zenzero)で味つけした料理を頼んでみました。

カボスみたいな柑橘類もついてきて、風邪予防に大変に効きそうな一品!

こちらもやさしい味で、おいしく頂きました。

ヴェネツィア ラ・ズッカ

もう一つは、メニューに「Cicoria」と書いてあったので、「チコリかな?チコリ好きだから頼もう!」とオーダーしたお皿。

お料理が出てきて思ったのは

あれ?私が思っている、小さい白菜みたいなチコリと違う!

イタリアではチコリ(Cicoria)と言っても、いろいろな種類があり、葉を食べたり茎を食べたりいろいろなんだそうです。

このお料理は、チコリと果物のプルーンを一緒に炒めたものでした。

プルーンはお腹によいので、私はよろこんで食べましたが、同行の姉は、このお皿は口に合わなかったそう。プルーンは好き嫌いがありますものね。

ラ・ズッカはイタリア語のメニューしかない!

ヴェネツィア ラ・ズッカ

さて、ラ・ズッカの最大の難点は、「メニューがイタリア語しかなく、しかも見づらい」ことです。

それに加えて、メニューの書き方が前菜、プリモ、セコンド、デザートに分かれていなくて、すべて大文字でダダダッと羅列する形で書かれています。

へっぽこながらもイタリア語を勉強している私は、イタリアのレストランのメニューはそこそこわかるくらいのレベルになっていたハズなのですが、ラ・ズッカのメニューを読解するのは骨が折れました。

どこのテーブルも、イタリア人以外は、メニュー選びに非常に時間がかかっていました。

食べている途中に、隣のテーブルに座ったお客さんに「すみません、今食べている料理は何ですか?」と尋ねられたりもしました。

とにかくおすすめなのは、カボチャ(=zucca)を使った料理なので、「ZUCCA」という文字には注目したいところ。

店内にカボチャのオブジェがいろいろ飾ってあるほど、カボチャにこだわりを見せているお店です。

また、公式サイトのお料理の写真をスマホで出しておいて、指さしオーダーするという手もありますね。

私は時間がなくて焦っていたこともあり、超看板料理「カボチャのフラン
(Flan di zucca)」をオーダーし損ねたのが心残りです。大変に評判のよい料理なので、ぜひ食べてみてください!

ラ・ズッカで感じたコスパは?

ヴェネツィア ズッカ

ラ・ズッカのお会計は、サービス料(コペルト)€2×2、ミネラルウォーター€0.5、パスタが€12、野菜料理2皿がそれぞれ€7で、合計€30.5でした。

ヴェネツィアのレストランにしては…かなり安いっ!

もしかしたらお水は安すぎるので水道水だったのかもしれませんが、それでも安い…。

このリーズナブルなお値段の割には、スタッフさんたちの対応は忙しい中でもていねいでした。

ガイドブックに「スタッフはほとんど女性」と書かれていましたが、私が入店した日は、スタッフのほとんどが上品な男性でした。

ちなみに会計にクレジットカードを利用することができました。クレジット支払いは、テーブルではなく、レジで行います。

最後にレシートを、かわいいカボチャの封筒に入れてくれたのも、ちょっとしたことですが嬉しいサービスでした。

予約はどのくらい前に入れておくべき?

ヴェネツィア ラ・ズッカ

さて。ここが一番大事なところですが、ラ・ズッカはあまりにも人気すぎて、予約なしでの入店は難しいです。

公式サイトには「1~2日前には予約しておくのがおすすめ」と書いてあったので、5日ほど前に土曜の夜の予約を取ろうとしたら、なんと予約はいっぱいでした!

そこで月曜夜のディナーに変更しましたが、観光オフシーズンの3月でさえこうなので、ランチだろうと平日夜であろうと、1週間くらい前には予約した方がよさそうです。

手数料はかかりますが、日本語でオンライン予約できるサイトもあるので、ラ・ズッカに確実に入店したい場合は、早めの予約を心がけましょう。

日本語でラ・ズッカを予約できる「グルヤク」
イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi