「VENEZIA UNICA(ヴェネツィアウニカ)」がよくわからん…

「VENEZIA UNICA(ヴェネツィアウニカ)が難しくてよく分からんぜ…」「ワタシもだぜ…」

と、このカーニヴァル仮装をしているお二人が呟いているかどうかはわかりませんが、ヴェネツィアのツーリストカード「VENEZIA UNICA」は理解が難しいシロモノです

結論を先に言っておくと、

ヴェネツィアへ行く旅行者が使うことはそんなにないんじゃないかな…。

…という感じですが、 VENEZIA UNICA の公式サイトそのものは、ヴェネツィアの旅行情報を収集するために利用価値があります。

このVENEZIA UNICAについて、私のわかる範囲でまとめてみました!

「VENEZIA UNICA」とは?まずはサクッと説明してみるんだ!

ヴェネツィアウニカ

VENEZIA UNICAの公式サイト

「VENEZIA UNICA」とは…私の中では、今、以下のように理解されています。

ヴェネツィア内の交通、美術館・博物館などの入場、イベントなどのチケットを、まとめて購入できるサービス。旅行者にとって、ものすごーくメリットがあるわけではない

最初は、このカードを作ったら、何かヴェネツィア旅行中に良いことがあるのではないか(何か優待が受けられるとか…)と思って、いろいろVENEZIA UNICAのサイトで遊んでみました。

その結論が、上記のような感じです。

「VENEZIA UNICA」はツーリスト用とVIP(?)用がある!

ヴェネツィア

「VENEZIA UNICA」には、「FOR REGULAR USERS」と「FOR VISITORS」の、二種類があります。

「FOR REGULAR USERS」 がヴェネツィア居住者やヴェネツィアによく訪れるVIP向けのカードで、「FOR VISITORS」が旅行者用です。

VIP用カードを旅行者が作るメリットはあるか?

ヴェネツィア

VIP用の「FOR REGULAR USERS」を作ると、ヴェネツィアでの交通や美術館・博物館の入場で優待を受けられます。

では、一般の旅行者が「FOR REGULAR USERS」 のカードを作るメリットはあるでしょうか。

「FOR REGULAR USERS」のカードを作るのに、手数料自体はかかりません。

ですが 「FOR REGULAR USERS」 カードを作るのに、さまざまな個人情報を登録する手間がかかります

また、ヴァポレットなど交通での割引優待を受けるには、ヴェネツィア市民は€10、ヴェネト地方の住民は€40かかり、それ以外の人は€100を支払う必要があるようです。

つまり、日本人旅行者が「 FOR REGULAR USERS」 カードを作ってヴァポレット利用の優待を受けるには、€100が必要になります

さらに、美術館・博物館の入場についてはこのように記載されています。

Venice residents who will go to a Musei Civici ticket office showing their Venezia Unica city pass a free museum ticket will be issued, also valid for Venice born people.

…つまり、「ヴェネツィアに住んでいるか、ヴェネツィアで生まれた人であれば美術館・博物館への入場無料券をゲットできる」ってことですよね?逆に、そうでない人はダメってことですよね?

この解釈でOKなら、最初に支払った€100の元が取れるくらい、割引価格で運河の乗り物に乗りまくらない限りは、旅行者が「FOR REGULAR USERS」の「Venezia Unica city pass」カードを作るメリットはないということになります。

以上が、私のかわいそうな脳みそで弾き出した結論ですが、何か解釈に間違いなどがございましたら、遠慮なくご指摘くださいませ。

一般旅行者用「VENEZIA UNICA FOR VISITORS」について

VENEZIA UNICAのFOR VISITORS」カードは一般の旅行者向けで、ヴェネツィアで利用できる各種チケットを、オンラインで購入できるサービスです。

「VENEZIA UNICA」で割引販売している共通券

「VENEZIA UNICA」では、旅行者向けに抱き合わせ販売して、20%前後の割引になる切符が何種類かあります。

個人の興味によっては、お得に感じるものが見つかるかもしれないので、詳しくは、VENEZIA UNICAのサービス案内で探してみて下さい。

割引販売切符を探すには、一番上の「OUR BEST DEALS」の「Open」をクリックします。

SILVERは美術館や教会の切符を組み合わせて販売するもの、GOLDはそれにヴァポレットなど交通機関が加わったもの、PLATINUMは有効期限が3~7日と長く、連泊してかなりの見どころを回りたい旅行者向けのものです。

それぞれ何種類かの共通券があり、左下の「OFFER DETAILS」をクリックすれば詳細を確認できます。年齢制限のある切符もあるので、気をつけましょう。

これらのVENEZIA UNICAの割引共通券には、アカデミア美術館、カ・ドーロ、サン・マルコ寺院の有料エリアなどの主要観光名所が含まれていません

割引切符と言っても、自分の行きたい観光地が入っていなければお得には感じないので、ヴェネツィアで何を見たいかを先に考えてから、これらの割引切符を吟味した方がよいですね。

割引以外の切符を「VENEZIA UNICA」で購入するメリットはある?

「VENEZIA UNICA」では、ヴェネツィア観光用の交通や共通券などを、割引券でないものも、一括して扱っています。

割引でない券を「VENEZIA UNICA」で探すメリットを無理やりにひねり出してみると、ヴェネツィアの観光情報を一つのサイトで簡単に探せるということ交通の切符や入場切符を同じサイトで事前購入できること、などだと思います。

ちなみに、このVENEZIA UNICAでオンライン購入しても、交通機関の利用の場合は、現地でバウチャーとチケットを引き換えなきゃならないようです。

なので、事前購入のメリットはそれほどないように思います。

博物館や美術館の場合は、「メールで受け取るバウチャーのみで入場できる」とは書いていますが、それでもよっぽど混雑する時期以外は、現地で買った方が楽じゃないかなーと私は思います。

「VENEZIA UNICA」の使い方・購入方法

…と、さんざん「VENEZIA UNICA」をディスっている私ですが、一応、私が理解している範囲内で、「VENEZIA UNICA」の利用の仕方をまとめておきます。

まずはBUY NOWをクリックしてカートを登場させる

「BUY NOW」をクリックすると、

ヴェネツィアウニカ

画面の右の方に、カートが登場します。

自分の名前を入力して先にカードを作る

カートに商品を入れる前に、まずは名前を入力して、カードを作らなければなりません。ここで名前を入力しても、何も買わずに終了すれば、カードは正式には作成されないので大丈夫です。

ここでは「ごん どら子」さん(仮名)を入力してみます(何と安易なネーム…)

1にファーストネームの「DORAKO」、2に苗字(ラストネーム)の「GON」を入力して、3の「CREATE CARD」をクリック

ヴェネツィアウニカ

「ごん どら子」さんのカードが出来上がりました。

ヴェネツィアウニカ

購入したい商品をカートに入れる

カードを作成したら、あとは好きな商品をカートに入れていきます。ここでは、「サン・マルコ広場周辺共通券」と「ACTV社のヴァポレット24時間券」をカートに入れてみます。

「サン・マルコ広場周辺共通券」をカートに入れる

観光地の入場券をカートに入れる際は、「MUSEUMS AND CHURCHES」の「Open」をクリックします。

ヴェネツィアウニカ

すると、いろいろな商品が出てきます。サン・マルコ周辺の共通券の場合は、一番上の「MUSEI CIVICI DI VENEZIA」の「OFFER DETAILS」をクリック。

ヴェネツィアウニカ

上から3番目の、「St. Mark’s Square Museums」が該当する商品なので、カートに入れます。ここが少しわかりにくくて、カートに入れる際は、1で入れるカードの名前を選び(ここでは「DORAKO GON」)、2で商品を選びます。選んだら、3の「ADD TO CART」をクリック。

ヴェネツィアウニカ

これでカートに入りました。

ヴェネツィアウニカ

ACTV社ヴァポレット24時間券をカートに入れる

ヴァポレット券を探す場合は、「PUBLIC TRANSPORT」を開きます。

ヴェネツィアウニカ

「ACTV – TOURIST TICKETS」から、上記と同じ手順で、カードの名前と、商品「ACTV – 1 day Ticket」を選んで、「ADD TO CART」でカートに入れます。

ヴェネツィアウニカ

カートに入れた商品を削除/カード自体を削除する

カードを作成してからカートに商品を入れるので、取り消せなければどうしよう…と少し思ってしまいますが、カートに入れた商品の取り消し、またはカード自体を削除する方法は簡単です。

1の×印でクリックでカード自体の削除、2の×印のクリックで商品を削除することができます。「本当に削除しますか?」という表示が出るので、「Yes」をクリックすればOKです。

実際に購入したい場合は、3の「CHECK OUT」から先に進みます。

ヴェネツィアウニカ

こんな感じで、お試しでいろいろ遊んでみることもできるので、「VENEZIA UNICA」のサイトでいろいろ試してみて下さい。

実際にこのサイトを利用しての購入は、旅行者にとってそれほどのメリットは今のところ無さそうですが、ヴェネツィアの観光情報をゲットするには便利なサイトができたと思います。(と、最後にフォローしておく…)

他のヴェネツィア関連記事もあわせてどうぞ

次のページヴェネツィアのホテルを探す!宿泊におすすめの場所は?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi