私がイタリア旅行に行くたびに、絶対に遭遇したくない!と祈っているトラブルが、ロストバゲージ。

通称「ロスバゲ」です。間違えて「ロスバケ」と呼ばれることもありますが、それじゃあロスト・バケーションの略になってしまいますね。

しかし!「ロスバゲ」に遭ってしまうと、楽しいはずのバケーションが台無しになってしまうので、あながち「ロスバケ」でも間違ってなかったりします…。

ロストバゲージの意味は?ディレイとの違いは?

空港の荷物ベルトコンベヤー

私がこんなに恐れている、ロストバゲージとは何か。

ロストバゲージとは、出発空港で飛行機に預けたスーツケースなどの荷物が、到着空港に到着していない事態を指します。

ロストバゲージも、厳密には2つに分けられます。

預けた荷物が同じ飛行機に乗せられず、その後のフライトで、自分が到着したのと同じ空港に遅れて到着するのは、「ディレイバゲージ」です。

それに対し、荷物が他の空港行きの便に乗ってしまい、違う目的地の空港に行ってしまったり、飛行機に乗らずに空港に放置されてしまったり、行方不明の状態になってしまうことがあります。こちらが正式な「ロストバゲージ」です。

「ロスト」した場合でも、結局荷物が見つかって、旅行中に手元に届けば、「ディレイ」になります。

ただし、旅行者にとっては、ディレイかロストかすぐには分かりませんので、どちらもまとめてロストバゲージと呼ぶのが一般的です。

ロストバゲージって本当に自分にも関係あるの?起きる確率は?

スーツケース

飛行機に預けたはずの荷物がなくなるなんて、あり得ないだろ!きちんと仕事しろ!

…と言いたくなりますが、人間だもの(Byみつを)。やはり、ある程度の確率で、人為的ミスは起こります。

ロストバゲージが起こる確率は、統計としては200人に1人くらいの割合だそうです。パーセントにすると0.5%くらい。

そう聞くと、そんなに低い確率ならゼロも同然、心配ないと思うかもしれませんが、コレが数字の不思議とも言いましょうか。

ロスバゲに遭う人は、0.5%をはるかに超えた確率で、何度でもロスバゲに遭います。逆に、ロスバゲに遭わない人は、何度飛行機に乗っても、セーフだったりします。

また、「実際にロスバゲに遭った」という話を聞く回数は、0.5%という数字の感覚よりも、ずっと多く感じます。

このカラクリは、国際線より利用者の多い国内線の直行便では、ほとんどロスバゲは起こらないので、その分海外旅行者が実際にロスバゲに遭う確率は、この数字よりも高いのではないかと推察しています。

ロストバゲージが起こる最大の原因は「乗り継ぎ」

フィウミチーノ空港

さて、「ロスバゲに遭う人は何度も遭う」「国内線直行便ではロスバゲはほとんどない」と書きましたが、ロストバゲージの起きやすいフライトというものが存在します。

ロストバゲージの多くは、大きな空港での乗り継ぎがあるフライトで起こるのです。

大きな空港には、短時間に次々と飛行機が到着し、大量の荷物が積み込まれます。

この大量の荷物を、その空港で受け取られる荷物、それぞれ次のフライトに乗る荷物と、選り分ける作業をしている際に、一定の確率でミスが起こります。

運悪く、この際にミスが起きると、荷物が正しく運ばれないのです。

また、仕分けの際のミスとは別に、乗り換え時間が少ない乗継便だったり、フライトが遅れて乗り換え時間が短くなったりすると、荷物を載せるのが間に合わず、次の便に回される場合があります(この場合はディレイになります)。

こういう事情から、直行便での旅行が多いという人は、ロスバゲとは無縁なので、旅行スタイルによって、ロスバゲに遭いやすい人と、遭いにくい人の差が出ます。

イタリア旅行でロストバゲージに遭うと大変!

ペスカーラのホテルのアメニティ

このようなロストバゲージ、旅行に必要なアイテムを詰めこんだスーツケースが届かないわけですから、海外でこんな目に遭ったら、いかに大変か、想像するのも嫌なくらいです。

イタリアのホテルには、石鹸、シャンプー程度のアメニティは置いてありますが、日本のホテルのように、手ぶらで宿泊できるようなアメニティは完備していません。

イタリアは、日本のようなコンビニ文化は無いため、ロスバゲに遭った際に、最低限必要な物を、現地で調達するのに骨が折れます。

ただでさえ時間が限られたイタリア旅行ですから、必需品の購入などに時間を使いたくないもの。

イタリア旅行でロスバゲに遭うと、実際の不便さ、精神的疲労以上に、時間も奪われます。

ロストバゲージに遭わないように徹底的に対策するぞ!

そんなわけで、絶対にイタリア旅行でロストバゲージに遭いたくない私は、ロスバゲ対策だけは徹底します。

その甲斐があるのかは分かりませんが、今のところ(8回の旅行)、ロスバゲとは無縁です。

対策しても、逆宝くじのように、当たってしまうときは当たってしまうロスバゲですが、とにかく人事を尽くして天命を待つの精神で、やれることはやりましょう!

なるべくイタリアへの直行便を使う

イタリア国内線

前述したように、ロストバゲージのほとんどが、乗継空港で起こります。

ということは、まず簡単な対策としては、乗継空港なんてものが存在しない、直行便を使うのが、最大のロスバゲへの防御策です。

直行便を使っても、最初の出発空港から、違う飛行機に荷物が乗って行ってしまうことが、ごくマレにあるので、これで0%とは言えませんが、出発空港は日本の空港。

真面目な日本の空港のスタッフさんたちは、そうそうヘマをやらかさないだろう、と信じましょう。

問題は、イタリアへの直行便は、2018年現在でアリタリア航空しか飛ばしていないこと。

イタリアへの直行便は数が少なく、直行便は人気が高いため、満席になるのが早いです。

経由空港での乗り換え時間を多めに設定する

シャルルドゴール空港

乗継便を使ってイタリアに行く際の、ロストバゲージへの有効な対策は、経由空港での乗り換え時間を長めにすることです。

まず、乗り換え時間が短かければ短いほど、人間が乗り換えに間に合っても、荷物が間に合わない「ディレイ」が起こる確率が高くなります。

荷物が届かなかった人が、「乗り換え時間が短かったんですよね~」と言っているのを、何度か聞いたことがあります。

また、乗り換え時間が短いと、空港の荷物仕分け係の人たちも、急いで仕事が雑になる可能性があるので、ミスが起きやすくなります。

経由する空港には、空港の広さや、各ターミナルの接続によって、「最低乗継時間(MCT)」というものが設定されています。乗り継ぎとなるフライトの乗り継ぎ時間は、必ず、この最低乗継時間以上が確保されています。

ですが、これはあくまで「最低」ライン。MCTギリギリのスケジュールとなっているフライトは、ロストバゲージとしては避けるのが賢明です。

各空港のMCTなど知らんがな、という人は、イタリアへの乗継便で、ヨーロッパの空港が経由空港となっている場合、目安として1時間半以上の乗り継ぎ時間を確保するのがおすすめです。

出発空港でタグを付けたときにガン見する!

スーツケース

ロストバゲージの原因として、経由空港での人為的ミスよりは少ないと言われますが、出発空港で、間違えたタグを付けられる、ということがあります。

飛行機に預ける荷物には、必ず到着空港のコードが付いた(アルファベット3文字)タグが付けられます。

この時点で、間違えた到着空港のタグを付けられてしまうと、荷物は、そちらの空港へと行ってしまいます。

到着先が、ローマのフィウミチーノ空港なら「FCO」、ミラノのマルペンサ空港なら「MXP」といった空港コードが、正しくタグに記載されているか、預けた荷物がコンベヤーで流れて行ってしまう前に、目で確認しましょう。

イタリアの主要空港の空港コードは、こちらのページにまとめてあります→イタリアへのフライト基本情報 所要時間は?国際空港のある都市は?

前回旅行した時のタグやシールは剥がす

旅行した先の思い出を、そのままスーツケースに残そうと、以前の旅行でスーツケースに付けられたタグやシールを、貼ったままにする人がいますが、ロストバゲージ的にはこれは避けた方がよいです。

以前のシールを見て、仕分けの人たちが勘違いしてしまい、ミスの確率を高めてしまいます。

荷物はなるべく目印を付けてわかりやすくする

だんだん、ロスバゲ対策としてできることが、細かい技になってきましたが(笑)、私は、ロスバゲ対策として、スーツケースには柄の入った、スーツケースベルトを巻いています。

これは、実際に効果があるかどうかはわかりませんが、多くのスーツケースは、黒、茶、グレーのシンプルな色味です。

これを延々と仕分ける作業は、だんだん無意識に機械的になっていくと思うのです。

そこで、私のスーツケースも色は地味ですが、絵柄の入ったベルトを巻いています。

このベルトがアイキャッチ的な効果を果たし、仕分けしている人の意識をスーツケースに一瞬でも惹きつけて、しっかり仕分けしてくれるといいなあと思っています(本当に細かい技。しかも効いているかわからない技)。

ロストバゲージに遭った後の対策は、また後日…

というわけで、以上、ロストバゲージに遭わないための、全力対策でありました。

ここまで見てきたのは、ロストバゲージに「遭わないため」の対策です。

実は、私は、ここまで対策しても、ロスバゲに遭うことも想定して、「ロストバゲージに遭った後にスムーズに対応できるための対策」も取っております。それだけロスバゲを怖れてるんです!

ですが、ちょっと長くなりましたので、「遭った後」対策は、またページを改めます。

関連記事

海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

イタリア行きフライト 乗り継ぎ便を選ぶ4つのポイント!

イタリア旅行の必需品・持ち物チェックリスト

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi