バール

イタリアでは、三歩歩けばバールが見つかります。

バールには必ず大きく「BAR」と書いてあるので、旅行者にも分かりやすいです。

ちなみにイタリアのお店は、そのお店が何屋さんなのか、大きく書いてあります。ジェラート屋さんなら「GERATERIA」、本屋さんなら「LIBRERIA」、タバッキ(雑貨店)なら「TABACCHI」。

日本で、コンビニに「コンビニ」なんて書いてるの見たことないので、ここらへんは感覚の違いですね。

イタリアのバールとは?

コーヒー

イタリアのバールは、日本で当てはまる形態の営業を見つけるのは、ちょっと難しいです。立ち飲み店、カフェ、飲み屋を混ぜたような感じです。

地元の常連客が多く、「バールに行けば誰かとおしゃべりできる」空間でもあります。話し好きのイタリア人にとって、絶対に欠かせない場ですね。

イタリア人の、一番シンプルなバールの使い方は、まさしく「ちょっと一杯」。

パッとバールに入って、€1のエスプレッソをちゃっと飲んで、少しバリスタ(=コーヒーを入れてくれるスタッフ)や他のお客さんと話して、ある程度くつろいだらサッと出て行くという仕様です。

バールでは、飲み物以外にもサンドイッチや甘いパンも置いてあり、朝食や軽い昼食にも利用できます。

夕方以降は、お酒を出す、日本で言うところの「バー」に変身します。

また、バス切符やサッカーくじを販売しているバールもあります。

立ち飲みかテーブル席かで違う!バールの食べ物・飲み物の値段

イタリアのバールで一番注意したいのは、カウンターでの立ち飲みか、テーブルに座って飲食するかで、値段が違うことです。

バールで立ち飲みしてみよう

バール

バールの立ち飲みの、一番の利点は、座るよりも値段が安いこと。

エスプレッソ(メニューでは「Caffe」がエスプレッソに当たります)1杯の立ち飲みだと、どのお店でも€1程度です。

ちなみに、バールのもうひとつの役割が、公衆トイレの代わりになっていることです。

イタリアでは、日本と比べてトイレを探すのに苦労しますが、トイレを探すならバールを探す方が早いです。観光地ローマでは、全てのバールに、客にトイレを貸すことを義務付けてあるそうで、ローマでなくても、通常、バールにはトイレがあります。

観光地では、公共の有料トイレも€1くらいするので、どうせトイレに入るなら、エスプレッソ付きの方がお得かもしれません(笑)。

すみません、トイレの話を長々としてしまいましたが、立ち飲みの場合の、他のメニューの相場も書いておきます。

カプチーノやカフェラッテは€1.5、チョコラータ(濃厚ココア)は€3、スプレムータ(オレンジ生搾りジュース)は€3~5、パニーニ類(サンドイッチ)は€3、クロワッサンなどの菓子パンは€1~2がだいたいの相場です。

バールで座席を利用する時の注意点

シチリアのカフェ・アポロ

バールでは立ち飲みが主流ですが、旅行者は歩き回っているので、立ち飲みだとしっかりした休憩が取れず、疲れが取れません。その場合は、席に座って飲みましょう。

ここで注意したいのが、席に座ると、座席料金が取られるバールと、取られないバールがあります。実は、座席に座る=座席料金が取られるとは限らないのです。

私の経験からだと、カウンターで渡される飲み物や食べ物を、自分で座席に持っていくスタイルのバール(スタバ方式)では、座席料金はかからないです。

それに対し、テーブルにメニューが置いてあって、ウェイターさんが注文を取りにきて、注文品を運んでくる形式のバールでは、座席料金がかかります。

立ち飲みの場合は、エスプレッソはどこのお店でも一律€1前後と書きましたが、座席料金は、各バールによって、かなり差があります。

座ると、立って飲むより数セント程度高いだけのバールもありますが、立ち飲み料金の2~4倍になるバールもあります。特に、観光地の大きな広場に面したテラスカフェを持っているバールの、座席料金は割高です。

バールのメニューの一覧は、見えやすいところに掲示することを義務付けられているそうなので、入り口やレジ近くのメニューで確認しましょう。だいたい、値段の横にカッコに入った少し高い値段が書いてあれば、それが座席に座った場合の値段です。

また、座席料を取る目的で、初めから観光客にテーブル席を勧めるバールもありますが、立ち飲みで十分である場合は、「くい(=ここで飲みます)」と、カウンター(イタリア語では『banco』、読み方は『バンコ』)を指差しましょう。

バールでの注文の仕方

バール

バールで注文をする手順は、大きく二つのタイプに分けられます。

1.先払い型…先にレジで支払いをし、レシートをバールのカウンター内の人に渡し、飲み物、食べ物を出してもらう方式

2.後払い型…カウンターで直接注文し、飲食が終わってから、最後にレジで支払いをする方式

店が大きくて、お客さんが多いバールは先払い型が多く、個人経営で、お客さんが頼んだものを、スタッフがおぼえていられそうな規模のお店は、後払いが多いです。

ですが、お店できちんと方式が決まってなくて、お店の人の気分しだい、なんてバールもありました。

いずれにせよ、イタリア人はいいかげんに見えて、お金のことは絶対に忘れないので(笑)、求められたらその時に払えばOKです!

バールでテイクアウトしよう!

パニーニ持ち帰り

イタリアのバールはテーブル席を使うと割高になりますが、公共のベンチが近くにある場合は、持ち帰りにして、ベンチに座ってランチにすると、テーブル代が取られないのでお得です。

イタリアのベンチは、結構眺めのよい場所に設置されているものなので、町並みや風景を観賞しながらランチが食べられるので、一石二鳥です!

パニーニや切り売りピザは、お願いすると温めてくれますし、テイクアウトの場合は、食べやすいようにしっかり包んでくれます。ちなみに飲み物も、ビニールカップに入れてテイクアウト用にしてもらえます。

イタリア語でテイクアウトを意味する、「ポルターレ・ヴィア」という言葉を覚えておくと、便利です!

おいしいバールは地元の人が知っている!

バールのコーヒーアート

イタリア人の生活に密着しているバール。

イタリア人にとってバールは生活の一部で、それぞれお気に入り、行きつけのバールを持っています。

どんなバールが行きつけになるか?バリスタの人柄もありますが、やっぱり、おいしいバールが、地元の人たちに人気です。

コーヒーや食べ物がおいしいバールに入りたいなら、地元の人たちが頻繁に出入りしているかどうかを観察しましょう。

特に、パン類は、既製品を仕入れているバールと、自分のお店で焼いているバールでは、かなり味の差が出ます。

イタリア人は、グルメ舌の人が多いので、おいしいバールはイタリア人に教えてもらいましょう!

バールでチップが必要なのはどんな時?

アグリジェントのバール

バールはカジュアルなお店なので、基本的にはチップは必要ありません。

しかし、タクシーを呼んでもらう時には、チップを渡しましょう。この場合の相場は50セントです。

バールでは、タクシーを呼ぶことを断られることもありますが、最初に50セントを見せながらお願いすると、スムーズに呼んでもらえる可能性が高いです。

イタリアのバール文化を知るのにおすすめの本


バール、コーヒー、イタリア人~グローバル化もなんのその~ (光文社新書)

イタリアにおけるバールを、イタリア人のメンタリティと結びつけて考える大変興味深い本です。イタリアに行く前に、ガイドブックだけでなく、こういう本を1冊読んでおくと、イタリア滞在が、より味わい深いものになります!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi