バスタブ

日本人は、世界でもお風呂大好き民族として知られています。

日本人にとって、お風呂とはシャワーではなく、浴槽にしっかりつかることですよね。

特に、旅先で歩き疲れた夜は、しっかりと湯船につかってリラックスしたいものです。

そんなわけで、私もイタリア旅行のホテルを選ぶときは、できればバスタブ付きの部屋を選択していました。

ですが、最近、イタリア旅行でのホテルでは、バスタブ付きのお風呂は、むしろ避けた方がよいと思うようになってきました。

イタリアのホテルはシャワーのみという部屋が多い

イタリアのシャワー

イタリア人がお風呂大好きだったのは、はるか昔、テルマエ・ロマエでも描かれた古代ローマ時代の話で、現在では入浴の習慣は残っていません。

イタリアのホテルの浴室は、浴槽がなく、シャワーボックスのみということが多いです。

それでも、バスタブ付きの浴室を持つ部屋があるホテルは、探そうと思えば見つかります。

今まで、バスタブはあるに越したことはないと考え、どちらか選べる場合は、バスタブのある部屋を選んできました。

イタリアのホテルは水回りに弱い

シャワー

イタリアは水回りの設備に弱く、水はけが悪かったり、シャワーが出にくかったりすることがあります。

お湯が出ないというトラブルも多く、ホテルの部屋に入ったら、一番最初に確認したいのが、シャワーのお湯が出るかどうか、ということです。

今まで私も、お湯が出なかったり、シャワーの出が悪かったりというトラブルを経験したことがあります。

そして、イタリア旅行8回にして、ようやくある法則に気付きました。

バスタブのある浴室にはトラブルが多い!

イタリアではバスタブの給湯口とシャワーの切り替えが壊れやすい

お風呂

イタリアのホテルの浴室がバスタブ付きの場合は、バスタブにお湯をためる際には、バスタブの給湯口からお湯が出てきます。

シャワーはバスタブの中で浴びるようになっていて、シャワーと浴びる時と、お湯をバスタブに溜める時、お湯をどちらから出すか、切り替える仕様になっています。

で、この切り替えが、甘くなってしまっているお部屋が、非常に多いのです…。

給湯口の方からお湯が出にくい場合は、お湯に浸かるのを諦めてシャワーを浴びればよいのですが、シャワーの方が出にくい場合は、非常に苦労します。

冬場の旅行だと、シャワーの出が悪いことが、風邪を引く要因になることもあります(今まで私がイタリア旅行中によく風邪をひいていたのは、これが原因のひとつだった可能性が…)。

高級ホテル以外ではバスタブはむしろない方がよいかも

宿泊代金が一人1万円を超えるような、クオリティの高いホテルであれば、バスタブがあっても、設備はしっかりしていることがほとんどです。

ですが、カジュアルな料金で宿泊できるバスタブ付きの部屋には、どうにもこういうトラブルが多いです。

本当は、バスタブ付きの方がありがたいのですが、これからは、中堅クラス以下のホテル(目安としては二人で€100以下)に宿泊する場合は、もうバスタブにはこだわらないようにしようかなーと思っています。

バスタブのないホテルに宿泊する場合は、せめて足湯だけでもすると、足の疲れが取れますので、携帯用のフットバスを持って行くと便利です。


携帯フットバス 雲柄 日本製

関連記事

イタリアのホテル手配に使える、おすすめホテル予約サイトはこの3つ!

イタリアのホテルで起きるトラブル ほとんどが私の体験談…

都市別 イタリアのホテル選びガイド

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi