パックツアーのイタリア旅行で、ツアー選びのキーポイントともなるフリータイム。

フリータイムが多いツアーは人気があるのが、最近の傾向です。

そんな旅行者のニーズに応えて、フリータイムを旅程に組み込むツアーが多くなってきています。

フリータイムのあるイタリアツアーを選ぼう!

ヴェネツィア

自由行動する時間がツアーに組み込まれるのは不安…という方もいますが、ずっと添乗員さんやツアー仲間と一緒にいるのも気疲れするので、気分転換のためにも、少々の自由時間はあった方がよいと思います。

フリータイムと言っても、何も遠出しなければならないわけではありません。

イタリアの観光都市の中心部は、ミラノやローマなどの大都市をのぞいては、たいてい徒歩で回れる大きさです。

イタリアでフリータイムが過ごしやすい町は?

フィレンツェ ヴェッキオ橋

イタリアツアーで訪問することが多い、ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノの四大都市の中で、自由行動しやすいのは、フィレンツェとヴェネツィアです。

フィレンツェとヴェネツィアは、見どころが徒歩圏内に集中しています。ほとんどの観光地には、歩いて行けるため、バスや地下鉄に乗る難しさがありません。

また、フィレンツェ、ヴェネツィアの中心街は、交通規制があります。車両がほとんど(ヴェネツィアは「一切」)通らないため、旅行者にとって歩きやすいです。

この2つの都市は、多少のジプシーはいますし、旅行者を狙った犯罪がゼロというわけではありませんが、狭い路地に入り込みさえしなければ、比較的治安がよいというのも、安心して歩けるポイントです。

イタリアで自由行動がやや危険な町は?

ポポロ広場

反対に、イタリアで自由行動を取る時に気を付けたい観光都市は、ローマ、ナポリ、パレルモです。

南イタリアの大都市であるナポリ、パレルモは、そもそも、あまり自由行動の時間は設けていないツアーが多いです(旅行者が歩けないほど危険な町ということはないのですが)。

ローマでは、フリータイムがあるツアーも多いですが、残念ながら、ローマは旅行者を狙った軽犯罪が多い町だということを、頭に入れておきましょう。

ローマでの自由行動で、あまりおすすめしないのが、地下鉄での移動です。ローマの地下鉄は、旅行者を狙ったスリ軍団が多発します。

ローマでのフリータイムは、安全第一に考えるなら、狭い路地を歩き回らず、地下鉄やバスを使わずに行ける場所にある、美術館・博物館、遺跡など、お金を払って入場する観光地の鑑賞が安全です。

狭い路地に入らず、大きな道路や広場を歩くなら、街歩きでも問題ないと思います。

当サイトに、ローマの治安についてまとめたページがありますので、あわせてご覧ください→実体験で語るローマの治安。3つの危険エリアと旅行者が注意したいこと

イタリアツアーでの自由行動 おすすめの過ごし方は?

チェファル大聖堂

イタリアツアーは、ツアーメイトたちと忙しい日程をこなしていきます。

自由行動では、ぜひ行きたい!という場所に、遠出したいかもしれませんが、フリータイムでは、ゆったりとした時間を過ごして、イタリアをじゅうぶんに味わうことをおすすめしたいです。

おすすめは、素敵な広場に面している、雰囲気の良いカフェのテラス席に座って、エスプレッソを楽しむこと!イタリアの広場で、ゆっくりと流れる時間を楽しんでください。

注意点は、時々、観光客の多い広場では、法外な値段を取るカフェがあること。お店の前にメニューが掲示されていることも多いので、メニューで値段を確認してから入店しましょう。

ちなみに、こういうカフェでは、サービス代は料金に含まれているので、チップは必要ありません。

あまり疲れてないし、できれば町を歩く時間が欲しいという方におすすめなのは、カウンター席でのエスプレッソ立ち飲みです。

オシャレなテラス席があるカフェも、内部は、地元客で賑わう、カウンター立ち飲み式のバールになっていることが多いです。

この立ち飲みバールの独特の雰囲気こそ、まさにイタリアって感じの空気です。

ちゃっとエスプレッソを飲んだら、颯爽とバールを出て、ゆったりと町歩きを楽しみましょう。

フリータイムのあるイタリアツアーを選ぶ時の注意点

バチカン美術館

フリータイムの多いツアーを選ぶ際に、チェックしたいのは、各町の、最重要観光地とでも呼べる場所が、ツアーに組み込まれているか、それともフリータイムで訪れなければならないかということです。

たとえばローマであればシスティナ礼拝堂やコロッセオ、フィレンツェならウッフィツィ美術館といった場所です。

もし、ツアーに組み込まれていなければ、フリータイムに、オプショナルツアーとして用意されていることがほとんどです。

オプショナルツアーを利用するなら、せっかく格安ツアーを申し込んでも、オプショナルツアーの値段を合わせると、それほどお得な値段にならない、なんてことにもなりかねません。

初めてのイタリアで、ローマに行ってシスティナ礼拝堂に行かないとか、フィレンツェに行ってウッフィツィ美術館に行かないなどということは、よっぽと他の目的がない限り、イタリア旅行としては、ちょっと考えられないません。

オプショナルツアーで申し込んで、さらにお金がかかるよりは、ツアー日程に組み込まれている方が経済的です。

もちろん、ツアーを作る旅行会社も商売ですから、そのへんのことを考えて、超目玉観光地をツアー日程から外してある場合もありますので、しっかり考慮しましょう。

ただし、これらの超目玉観光地をフリータイムに訪れるメリットもあります。

特に美術館系は、ツアー日程での中で訪れると、団体行動になるため、気に入った作品を、自分のペースでじっくり鑑賞することができません。

私は自由旅行でバチカン美術館、ウッフィツィ美術館に行きましたが、システィナ礼拝堂や、ボッティチェリの「春」は、一度見たあと、名残惜しくてもう一度戻りました。団体行動ではこういうマイペースな鑑賞はできません。

フリータイムの多いツアーを選ぶ場合は、自分が絶対行きたい場所はツアー日程に組み込まれているのか、それともフリータイムに訪問することになるのか、自分にとってお得になる形で訪問できるように、考えて選びましょう。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi