ツアーのブランドを確認しよう

サン・マルコ広場

イタリアツアーをいろいろ探していると、旅行会社の違いだけではなく、同じ旅行会社が作っているツアーでも、ツアーのブランド名に違いがあることに気づくと思います。

たとえば旅行会社大手のJTBの海外ツアーには、品質重視の「ルックJTB」というツアーと、価格重視で通販のみの「旅物語」というツアーがあります。

大手旅行会社のほとんどは、選ぶ側が、目的に合わせてツアーを選びやすいように、ターゲットにしている年齢層や、旅の目的別にブランド名を分けてツアーを作っています。

旅行会社はどんな風にツアーブランドを分けている?

各旅行会社が作るツアーブランドは、主に、下記のようなスタイルに分かれていることが多いです。

1.高級ツアー

高価で、ゆとりのある、上質な旅を求めている人のための、ツアーブランド。

食事の質やホテルのランクが高く、ツアー日程もゆったりめで、フライトが、ビジネスクラス利用のものもあります。

シニア世代や、新婚旅行に行く方を、主にターゲットにしています。

日本旅行の「マッハ」「ベストエクセレント」などが該当します。

2.ベーシックなタイプのツアー

リーズナブルな値段で、平均的なツアーを組むブランド。

ただ、安価とは言っても、高級ツアーに比べて、ということで、質の低い超格安ツアーというよりは、手頃な価格でまずまずの食事、ホテルというツアーが多いです。

この普通タイプのブランドを、看板商品として、前面に出している旅行会社が多いです。

このタイプのツアーブランドの例としては、JTBの「ルックJTB」、日本旅行の「ベスト」、阪急交通社の「トラピックス」など、よく耳にするツアーブランドが多いです。

3.格安のツアー

旅行会社は、2のベーシックツアーよりも、格安なツアーとして、別のブランドを作っていることが多いです。

この格安ツアーは、オンライン限定申し込みだったり、通販限定で店舗では取り扱いがなかったり、出発日が迫っていたりと、学生限定だったりと、いろいろな条件があります。

日本旅行の「WEBコレクション」がこれに該当します。

JTBも通販限定の「旅物語」の他に、「JTBお買い得旅」「WEB専用」など、「ルックJTB」よりも安価なツアーを作っています。

4.個人旅行スタイルのツアー

自由度の高いツアーを求める旅行者のためのブランド。

添乗員さんが同行せず、航空券とホテルだけを旅行会社が手配し、旅程は自分の好みで組み立てる、オーダーメイド型のツアーです。

1名もしくは2名での出発が可能で、個人旅行とほぼ変わらない自由な旅を作ることができます。

JTBの「ダイナミックJTB」や、H.I.Sの「チャオ」がこのスタイルのツアーブランドです。

ツアーブランドの違いはどうやって見ればよい?

パソコンとコーヒー

ツアーブランドの違いは、各旅行会社のホームページに、それぞれのツアーブランドのスタイルの違いが書いてあります。

なかなか違いを書いてあるページにたどり着けない旅行会社もあり、わかりづらいこともありますが、ツアーがどのブランドに属するツアーなのかを見ると、だいたいの傾向がわかり、ツアー選びがしやすくなります。

もちろん旅行会社ごとに、高級ツアーに強かったり、学生ツアーに強かったりという違いもあります。

各旅行会社の特徴については、こちらの記事にまとめてみましたので、あわせてご覧くださいませ
イタリアツアーの旅行会社はどこがおすすめ?シーン別の選び方も!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi