イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

失敗しないイタリアツアーの選び方!チェックしたい8つの項目!

イタリアツアーは、非常に多くの数があるため、選ぶのに苦労するという贅沢な悩みが出てきます。

似たようなコースのツアーもあり、どこを比べればよいのか迷います。

このページでは、イタリアマニアのワタクシめが、イタリアーツアーを選ぶならココを見て欲しい!というポイントを、コンパクトにまとめてみました。

 旅行会社の傾向を知ってイタリアツアー選びの参考にしよう

ツアーパンフ

イタリアツアー選びで迷うのが、旅行会社選び。

イタリアは、日本では旅行先としてメジャーな国ということもあり、イタリアツアーに力を入れている旅行会社は多いです。

JTBH.I.S.日本旅行など、海外ツアーを作っている旅行会社の多くは、イタリアツアーが看板商品のひとつです。

その中で、JTBは高品質ツアーに強い、H.I.S.は学生に人気、日本旅行はイタリアマニア受けのよい旅程を作る、などと、各旅行会社には特徴があります。

各旅行会社の強みを踏まえて、ツアー選びをしましょう。

イタリアツアーの旅行会社を選ぶコツについては、より詳しい記事をこちらのページにまとめています→イタリアツアーの旅行会社はどこがおすすめ?シーン別の選び方も!

 フライト条件はツアーの質を決める重要な要素!

飛行機の窓

イタリアツアーは、日本を出発する前から始まっています。

イタリアへのフライトの出発が、日本時間の午前なのか午後なのか、早朝なのか深夜なのか、自宅と国際空港の距離次第では、出発時刻は重要なファクターになります。

また、イタリア着は遅い時間になるフライトが多いのですが、このイタリア到着の時間も、ツアー選びの際は考慮しましょう。

フライトには、イタリアへの直行便と、途中で乗り換えが必要になる乗継便があり、直行便と乗継便では、フライト時間や疲労度が違います。

イタリアへの12時間以上のフライトは、ツアー日程の結構大きな部分を占めています。ツアーのフライト条件は、必ず確認が必要です。

イタリアツアーのフライト条件の比べ方は、下の2つの記事に詳しくまとめています。


 イタリアツアーで宿泊するホテルは立地が重要!

イタリアのホテル

イタリアの観光都市には、「旧市街(チェントロ)」と呼ばれる地区があります。

ほとんどの町で、観光地や見どころは、この旧市街に集中しています。

旧市街は「旧」とつくだけあって、歴史を感じる、趣深い町並みが魅力で、都市の中心部を形成しています。

この旧市街にあるホテルに宿泊すれば、町の雰囲気が存分に楽しめますし、自由行動も取りやすいです。

イタリアツアーで、ホテルはここを見る!というポイントをまとめた記事はこちらです→イタリアツアーのホテルはランクや星の数より立地で選ぶべし!

 イタリアツアーは食事は数回程度ついてないものがいい!

マルティーナ・フランカのレストラン

イタリアツアーでは、ツアー料金を抑えるために、食事は団体で申し込んでいて、あまり美味しくないというのが定説です。

せっかく美食の国イタリアに行くなら、何度かは、ツアーを外れて、個人でレストランに行くのをおすすめします。

数回程度は、食事がつかず、自由で食べに行けるツアーがよいでしょう。

「イタリアツアーの食事」をより詳しくまとめた記事はこちら→「イタリアツアーの食事はまずい」って本当?食事なしの方がよい?

 自由行動はフィレンツェ・ヴェネツィアで取るのがおすすめ

パックツアーのメリットは、個人旅行よりも添乗員さん同行の団体行動になるため、安全なこと。

イタリアは、残念なことに、旅行者を狙う軽犯罪が少なくありません。

ただし、不幸中の幸いというか、多いのはあくまで「軽犯罪」なので、それほど怖がる必要もありませんし、対策の立てようもあります。

安全のためにパックツアーを選んだのだから、自由行動は一切いらない、なんて言わずに、少々のフリータイムが含まれたツアーを選んで、気ままにイタリア歩きをしてみましょう。

観光都市の中でも、フィレンツェ・ヴェネツィアは、大都市のローマ・ミラノに比べると、比較的治安がよく、町歩きもしやすいので、この2つの町で、フリータイムが設定されているツアーがおすすめです。

イタリアツアーでのフリータイムについて、もっと詳しい記事はこちら→自由行動があるイタリアツアーを選ぶコツ!危険が少ない過ごし方は?

 イタリア定番四大都市ツアーは南下する行程がおすすめ!

ローマのコロッセオ

初めてのイタリアで、たいていの旅行者がチョイスするツアーが、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノの四大都市を巡るツアーです。

四大都市巡りは、大きな国際空港がある、ローマ、ミラノが発着となります。

その際、おすすめは、ミラノから入って、ヴェネツィア、フィレンツェと南下していき、最後にローマから出国する旅程です。

この四大都市を比較すると、日本人にとっては、都会・近代的なミラノは、相対的にですが新鮮味が少ないです。

古代ローマ遺跡や、水のテーマパークのようなヴェネツィアを見た後に、ミラノを見ると、盛り上がりに欠けるかもしれません。

この四都市の中では、最も都会的なミラノで、まずはイタリアに自分を慣らしてから、他の町を回り、最後にローマでクライマックスを迎えるのが、旅程としてはおすすめです。

ただし、ショッピング目的でイタリアに行き、ミラノで大量に買い物をする予定の方は、ミラノを最後にするメリットもあります。

 都市間の移動に鉄道を使うツアーがおすすめ!

イタリアの電車

イタリアツアーは、観光バスでの移動になることが多いです。

実は、イタリアはヨーロッパでは鉄道大国として知られていて、大都市間は、バスで移動するより、鉄道の方が断然早いです。

また、基本的にバスでの長時間移動は疲れます。個人差はあると思いますが、私は鉄道移動とバス移動では、疲労度が倍以上違います。

JTB日本旅行のツアーでは、一部の都市間の移動に鉄道を使うことがあります。スーツケースはバスで別に運んでくれるツアーもあり、その場合は少ない荷物だけで電車に乗れるため、かなり楽です。

鉄道での移動は、時間の短縮だけではなく、体力の温存にもなるので、鉄道移動が含まれるツアーはおすすめです。

 「青の洞窟」は冬季ツアーでは避けるのがベター

カプリ島

人気が高いイタリアの観光地に、カプリ島「青の洞窟」があります。

この「青の洞窟」は、自然物の観光になるため、気象条件に左右されます。また、天気がよくても、波が高いと入場できません。

そのため、「青の洞窟」が含まれているツアーを申し込んでも、必ず「青の洞窟」が鑑賞できるとは限らないことに注意してください。

夏場の方が、入場できる確率が高いと言われる「青の洞窟」は、冬でも運が良ければ入れると言われています。

ですが、「青の洞窟」の公式サイトには、「冬季は入場できるケースはレア」と、しっかり書かれています。

私も3月の晴れた日にカプリ島に行きましたが、「青の洞窟」は当然のように閉まっていました。また、ここ数年のイタリアの冬は、南イタリアは天気が悪い年が多いように感じます。

せっかく「青の洞窟」お目当てでイタリアに行くのなら、冬のツアーは避けましょう。

逆に、冬(11~3月)にしかイタリアに行けないという場合は、「青の洞窟」は、予定に入っていないツアーを選ぶのがおすすめです。

「青の洞窟」の代替はアマルフィがおすすめ

アマルフィ

もちろん夏季でも、「青の洞窟」には入れない事態はあり得ます。

「青の洞窟」に入れなかった場合の、代替の旅程は、必ず記載されています。

おすすめなのは、代案がアマルフィになっているツアーです。

アマルフィは情緒のあるエキゾチックな町で、「青の洞窟」の代わりに行ったとしても、遜色ないくらい魅力的な観光地です。

「青の洞窟」が閉まっているとガッカリしてしまいますが、代わりにアマルフィに行けたら、むしろ閉まっててヨカッタ!と思えるかもしれません。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

イタリアツアーに関する情報

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアツアーに関する情報

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.