イタリアにはどんな宿泊施設があるの?

フィレンツェのホテル

観光立国のイタリア。

観光客向けの宿泊施設は、質・量ともに充実しています。

日本でも最近注目されている、個人宅に宿泊する「民泊」が盛んであるのもイタリアの宿泊事情の一つです。

イタリアのホテル事情は、日本とは異なる部分もあります。

特に個人が本業の片手間に経営している、民泊スタイルの宿に宿泊する場合は、日本人がホテルに対して抱いているイメージや常識が通用せず、戸惑うこともあります。

自分のイタリア旅行には、どのようなタイプの宿泊施設が向いているのかを知るために、イタリアの宿泊施設には、どんな種類のものがあるのか見てみましょう。

ホテル・アルベルゴ

ヴェネツィアのホテル・アルカディア

イタリア語で「hotel(オテル)」、「albergo(アルベルゴ)」などと呼ばれるのが、一般的に日本人が頭に思い浮かべるタイプのホテルです。

ホテルの特徴は24時間体制のフロント

フロントが24時間体制でスタッフが常時滞在しているというのが、他の宿泊施設との大きな違いです。

フロントがいつでも開いているので、到着が遅い時間になる場合や、到着時間が決まっていない場合に便利です。

家族経営などの小さいホテルでは、夜中はフロントが閉まってしまうことがあるので、注意してください。

ホテルの設備は宿泊に最低限必要なものだけ

ヴェネツィア ホテル・アルカディア

部屋の設備は最小限で、キッチンや洗濯機などはついていないことが多く、短い期間の滞在に向いています。設備が少ない分、チェックイン時のスタッフからの説明もすぐに終わります。

リゾート地のホテルなどは、シーズンオフには休業していることもあります。

宿泊代金の相場はピンからキリまであり、都市によっても違うので何とも言えませんが、ツインで1泊€100超えるか超えないかが、平均以上か以下かの大ざっぱな目安かなと思います。

「ホテル」のまとめ!

  • イタリア語で「hotel」「albergo」と呼ばれるのが一般的なホテル
  • フロントが24時間体制なのが特徴だが、家族経営だと深夜はフロントが閉まることもある
  • チェックイン・アウトが容易で、短期滞在に向いている

B&B

ホテル

B&Bは、Bed&Breakfastの略称です。そのまま、イタリアでも「ビーアンドビー」と英語読みします。

その名のとおり、寝る場所(Bed)と朝食(Breakfast)を提供する、たいてい個人が経営している部屋数の少ない宿泊施設です。

時には、個人宅の間借りのような形態のB&Bもあります。

間借りと聞くと驚くかもしれませんが、イタリアの住居は、部屋と部屋がしっかり隔てられていて、プライベートが守られているので、リラックスして過ごせます。

B&Bはフロントが24時間体制ではない

フロントが24時間体制でないことが多く、到着時間を事前に知らせておくか、到着したら経営者に電話して知らせるといった、ひと手間がかかることが多いです。

鍵は自分たちで預かり、保管します。

また、部屋でのトラブルがあった場合に、オーナーが不在だと、電話で交渉しなければならないので、普通のホテルに宿泊するより語学力が必要になります。

オーナーが年配だと、英語が通じにくいこともあります。

不便でもB&Bの滞在は面白い!

いくつかのデメリットはありますが、B&Bはイタリア人が普通に住んでいる住居にスタイルが近いので、イタリアをより深く体験できる面白さがあります。

また、イタリア人は雇われて働くより、自分の利益のために働いている自営スタイルの人の方がサービスが良い傾向があり、ホスピタリティが高いB&Bも多いです。

宿泊代金の相場はツインでだいたい1泊€50~100くらい。室内インテリアや装備が同レベルのホテルとくらべると、安い傾向があります。

B&Bのまとめ

  • B&Bとは個人が経営する朝食付きの小規模な宿泊施設
  • B&Bはフロントが24時間体制ではなく、チェックイン・チェックアウトに手間がかかることがある
  • 普通のホテルよりリーズナブルな料金設定

アパートメント、レジデンス

アッシジのホテルのダイニング

appartamento(アッパルタメント)」もしくは英語で「Apartment(アパートメント)」、「Residenza(レジデンツァ)」もしくは英語で「Residence(レジデンス)」などと呼ばれるのが、アパートメントタイプのホテルです。

アパートホテルでは暮らすように旅ができる!

アパートのキッチン

アパートタイプのホテルはキッチン、洗濯機などが設備として備わっているのが特徴で、イタリア現地で暮らすようなスタイルで旅ができます。

キッチンがあるので、朝食はつかず、自分たちで準備することが多いです。

また洗濯機がある場合は、希望しない限りタオルの交換はありません。使ったタオルは自分たちで洗って、再利用します。

個人経営の場合が多く、チェックイン時にオーナーさんと顔を合わせて、鍵を預かります。その時にキッチンなどの使い方を教えてもらいます。

その後は、チェックアウトまで、ずっとオーナーとは会わないこともあります。

キッチンと洗濯機は長期滞在者の味方!

キッチンと洗濯機があるのは長期旅行する旅行者には、大きなメリットです

キッチンがあれば、自炊ができるため食費がかなり節約できますし、洗濯機は、汚れ物の手洗いの時間を省いてくれますので、非常に便利です。

こういったアパートタイプの宿泊施設は、3泊以上でなければ宿泊できないという制限があったり、長期滞在割引があることも多いです。

アパートメントホテルは、一つの都市に長期滞在する旅行者におすすめしたい宿泊形態です

宿泊代金は人数ではなく、部屋単位となることもあります。大勢で宿泊した方が安くなるという傾向はありますが、定員があったり、定員以上の宿泊は追加料金が取られることもあります。

アパートメントホテルのまとめ

  • キッチンや洗濯機があり暮らすように旅ができる
  • オーナーとはほとんど顔を合わせない
  • 宿泊代金が部屋単位の場合もある

アグリツーリズモ

ボルツァーノのホテル

アグリツーリズモは、最近イタリア旅行において、非常に人気のある宿泊形態です。

アグリカルチャー(農業)と、ツーリズム(観光)を合体させた言葉で、農家に宿泊して田舎を満喫する旅行のスタイルです。

日本語では略して「アグリ」と呼ばれることも多いです。

アグリ滞在はどんな宿泊になる?

以前は、アグリツーリズモといえば、農業を手伝いながら滞在する旅行というイメージがありました。

最近では、農作業の手伝いをするアグリツーリズモは少なく、ただのんびりと農家に滞在して、田舎の風景を楽しむといった、リゾート的な滞在がほとんどです。

本業が農家である家族がその片手間に、敷地内の建物の一部を、宿泊施設に改造して経営していることが多いです。

そのため、農作業や、ワインや生ハムなどを製造しているカンティーナ(貯蔵庫)を見学したり、農家で製造しているワインやオリーブオイルなどを、購入できることもあります。

他の宿泊施設に比べて、経営家族などとの触れ合いが多いのが特徴ですが、普通のホテルのように、あまり旅行者と関わりを持たない場合もあります。

このあたりは、クチコミサイトなどで、実際に宿泊した旅行者のクチコミをチェックしましょう。

イタリアの田舎滞在はレンタカーなしでは難しい?

シニャート

アグリツーリズモ経営は、トスカーナ・ウンブリア州などの中部イタリア、農業が盛んな南イタリアのプーリア州、北イタリアの山岳地方に多いです。

私はトスカーナのピエンツァという小さな村と、北イタリア南チロル地方で、アグリツーリズモに宿泊したことがあります。

アグリ滞在は都市部から離れた田舎での宿泊になるので、レンタカー旅行が最も向いています。

車の運転はできないけど、アグリ体験をしたい!という場合は、経営者家族が最寄りの駅まで送迎してくれたり、タクシーを手配してくれたりすることもあります。

また、公共交通機関で近くまで行けるアグリツーリズモも、少ないながらも無いわけではありませんので、諦めずに探してみましょう!

私は車の運転はできませんが、ピエンツァでは市街地から徒歩で行けるアグリ、南チロルでは1日2回のシャトルサービスがあるアグリに滞在しました。

アグリツーリズモのまとあ

  • アグリツーリズモではイタリアの田舎暮らしをのんびり楽しめる
  • アグリ滞在はホストとのふれあいが多い
  • レンタカーなしでは難しいが、車を出してくれるアグリもあるので探してみるべし!

ホステル(ユースホステル)

hostel(ホステル。イタリア語読みにすると「オステル」)は、バックパッカーや、貧乏・節約旅行に人気の宿泊施設です。

その中で、ユースホステル協会に加入しているホステルが、「ユースホステル」と呼ばれます。

ホステルは、ドミトリー形式の部屋があるのが特徴です。

ドミトリー形式というのは、簡単に言えば相部屋のことです。

2段ベッドなどの、簡易ベッドであることが多く、男女別になっている場合もあります。お風呂やトイレ、キッチンなどは共有です。

部屋だけは個室で、お風呂などだけが共有というホステルもあります。

だいたいの相場が€15~40と、宿泊代金が安いのが大きな魅力ですが、共有スペースが多いため、盗難などに遭う危険はあります。

また、相部屋に慣れていない人は、ぐっすり眠れない可能性もあります。

私は、貧乏旅行者ではありますが、相部屋利用だと、旅の疲れが取れないタイプなので、ホステルは利用しません。

価格の安さは魅力ですが、自分にドミトリー形式の宿泊が向いているかどうかは、考慮した方がよいでしょう。

次のページイタリアのホテルのアメニティ・設備!ドライヤーはちゃんとある?

他のイタリアのホテル関連の記事もあわせてどうぞ


イタリアのホテルに関する記事のインデックス

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi