パエストゥム(ペストゥム)には鉄道で行けます!

パエストゥム

パエストゥム(ペストゥム)は、のんびりとした田舎町ですが、FS線の鉄道駅があるため、南イタリアの観光地の中では、アクセスしやすい町です。

ナポリからは、最短で所要時間1時間15分、片道€6.5です。本数は1時間に数本あります。乗る電車によって、時間がかかるものがあるので、Trenitaiaの公式サイトで確認しておきましょう。

ポンペイからだと、ポンペイはナポリよりもパエストゥムに近いのですが、直通電車がなく、サレルノ乗り換えになるので、1時間30分くらいかかります。直線距離はナポリーパエストゥムより少ないので、運賃は€4.6と、ナポリから乗るよりも安くなります。

私はサレルノに宿泊したので、サレルノから行きました。サレルノからは所要時間30分、運賃€2.9です。

パエストゥム駅は小さな無人駅!

パエストゥム

パエストゥム駅は、小さな駅で、私が足を運んだ2013年は無人駅でした。

観光のオフシーズンは、降車する人も少ないです。

しかも、2013年は、パエストゥムのひとつ前の駅の駅名表示が、真っ白でした(Capaccio-Roccadaspide駅)。

イタリアのローカル電車は、駅名アナウンスがないので、私は降車しそこねないように、降りるひとつ前の駅を確認しているのですが、それができませんでした。

このことが原因なのかはわかりませんが、パエストゥム駅で降りそこなったという体験談を見たことがあるので、気をつけてください。心配な場合は、同じ車両に乗っている、地元の人たちに尋ねるようにしましょう。

また、パエストゥム駅は無人駅のため、切符売り場がなく、自動券売機しかありません。パエストゥムに行く場合は、往復で切符購入しておくのが安心です。

私が行った際は、無人な上に、駅舎が閉まっていました。切符の刻印機が駅舎内にあったため、刻印ができませんでしたが、電車に乗った後に車掌さんに訴えると、切符に日付を書き込んでくれました。

おそらくFS線のスタッフさんは、それらの事情をわかっているので、あまり心配はないと思います。万が一でも、刻印できない状況だったのに、罰金を払うよう言われた場合は、しっかり事情を説明しましょう。

パエストゥム駅からパエストゥム遺跡までの行き方

パエストゥム駅からパエストゥム遺跡までは、徒歩10~15分です。

駅を出るとすぐ正面に、城壁と門があります。

パエストゥムの城門

パエストゥムの城門

この門をくぐって、真っ直ぐ歩きます。

パエストゥムの道

のんびりした田舎道です

雰囲気のよい田舎道をずっと進むと、突き当たりにすぐ遺跡が見えてきます。

パエストゥム

大きな犬が昼寝していることも

遺跡に入るには、突き当たりの道を、遺跡を左手に見ながら右にすすみます。

博物館がある所まで歩くと、その博物館の斜め向かいくらいに、遺跡の入り口があります。

他のパエストゥム関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi