アルベロベッロは、何と言っても、とんがり屋根トゥルッリを楽しむ町です。

トゥルッリを思う存分楽しむなら、トゥルッリに宿泊してしまうのが一番です!

いくつかのトゥルッリはホテル用に改装されています。アルベロベッロは、イタリアの主要観光都市からの日帰りは難しいので、ぜひトゥルッリに宿泊しましょう!

アルベロベッロではどこのエリアに宿泊するのが便利?

アルベロベッロの夜

アルベロベッロは、非常に小さい町なので、トゥルッリが密集している旧市街近くであれば、どこに宿泊しても観光に支障はありません。

利便性も考えて、鉄道駅の近くの方がよいのでは?と思うかもしれませんが、鉄道駅周辺はそれほどトゥルッリは多くなく、ちょっと寂しい雰囲気です。

鉄道駅から中心街までは歩いて10分程度なので、中心の方に宿泊するのをおすすめします。

私が宿泊したおすすめトゥルッリホテル
トゥルーリ リゾート モンテ パスビオ

トゥルッリホテル

私は、モンティ地区のトゥルッリ・ホテルに宿泊しました。

5泊したので、キッチン付きで探して、評判がよかった「トゥルーリ リゾート モンテ パスビオ」(Trulli Resort Monte Pasubio)を選びました。

トゥルッリ街の中にあるトゥルッリですが、観光客が通るメインストリートから、少し入った道の奥にあるため、落ち着いて滞在できます。

内装がナチュラルで、暖炉もあり、数あるトゥルッリホテルの中でも、素敵なインテリアです。

トゥルッリホテル

屋根裏のようなベッドルームもあり、はしごを使って上ることができ、トゥルッリの円錐屋根を間近で実感できます。

トゥルッリ泊は、ホテルの中にいるだけでトゥルッリ体験ができ、何とも魅力的ですが、その反面、近代的な建物ではないため、不便さもあります。

まず、トゥルッリは、基本的には温暖なプーリア気候に合わせた建物なのか、冬はモーレツに寒かったです!

また、シャワーがタンク式で、一人が入ったら、次に入る人は、お湯がタンクに溜まるのを1時間以上は待たなければなりませんでした。シャワーの時間をずらせば問題ないですが、大人数で宿泊するのは、ちょっと面倒です。

トゥルッリホテル

こちらがバスルーム。わかりづらいですが、奥のスペースがシャワールームです。

でも、このような、近代的ではないトゥルッリを楽しむのは、いい体験でした。

夜は本当に寒かったですが、ペットボトルにお湯を入れて、即席湯たんぽを抱いて眠りました。何とか風邪は引かずに済みました。

キッチンは広くて使いやすかったです。朝ごはんは付きませんが、いくつかの軽食やお菓子がサービスで置いてありました。

アルベロベッロのホテル

オーナーはシニア男性で、明るく元気で親切です。送りたがり(有料ですが)で、私たちはバーリ空港からのシャトルサービスと、次に行く町マテーラへの送迎(€100)を利用しました。

アルベロベッロにはいくつかトゥルッリホテルがありますが、立地が便利、キッチンがついている、内装が素敵という3つの点を重視するなら、私が宿泊したこのトゥルッリホテルをおすすめします。

Booking.comで詳しく見る

エクスペディアで詳しく見る

agodaで詳しく見る

Hotels.comで詳しく見る

他のアルベロベッロ関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi