ラヴェッロに行くなら起点はアマルフィ

ラヴェッロ

ラヴェッロは、海沿いの町アマルフィの、ちょうど真上にある町で、公共交通機関を使って行くなら、アマルフィから行くのがセオリーです。

アマルフィ海岸には鉄道が通っていないため、アマルフィ海岸へのアクセス自体は面倒なのですが、アマルフィにさえたどりついてしまえば、アマルフィからラヴェッロに行くのは、それほど難しくありません。

アマルフィまでの行き方は、こちらのページでどうぞ。

アマルフィからラヴェッロへ行くバスの基本情報

ラヴェッロ

運行会社:SitaSud

運行頻度:30分に1本程度。日曜は半数くらいに減便

所要時間:30分

運行時間:朝6時~深夜12時くらいまで

運賃:片道€1.3

ラヴェッロ行きのバスは、アマルフィのどこから出る?

アマルフィのバス停

アマルフィのバスターミナルはカオス状態ですが、なぜかラヴェッロ行きのバスだけは、出発場所が決まっていました。

アマルフィのバスターミナルの、海を正面に見た時に、左手の方にあるバス停から乗ります。

このバス停には、ラヴェッロ行き以外のバスもやってきますので、注意しましょう。バス待ちをしている観光客のほとんどは、ラヴェッロに行くので、ラヴェッロ行きでないバスの時は、運転手さんが「ラヴェッロ、ノー!」と教えてくれていました。

ラヴェッロ行きのバスは、ラヴェッロが終点でないこともあります。「Ravello」行き以外に、「Scala」行きのバスもラヴェッロへ行くバスです。

「Scala」行きのバスに乗った場合は、間違えずにラヴェッロで降車しましょう。多くの観光客が降りるので心配はないと思いますが、運転手さんや、乗り合わせている地元の人たちに確認して降りましょう。

バス切符は、アマルフィの海岸沿いのタバッキ(雑貨店)で購入できます。冬場の観光オフシーズンは、ラヴェッロはほとんどお店が開いてないので、アマルフィで往復分購入しておきましょう。

ラヴェッロ行きの時刻表

アマルフィからラヴェッロへ行くバスの時刻表は、SitaSudの公式サイトで見ることができます。

SitaSudの時刻表ページを開いて

ラヴェッロ行きバスの時刻表

結構下の方に出てくる、5110番のSCALA-RAVELLO-AMALFIの下にあるPDFファイルをクリック。

他の路線の時刻表と一緒に、ラヴェッロ行きのバスの時刻表が表示されます。

ラヴェッロ行きはバス酔いに注意!

ラヴェッロ行きのバス

アマルフィからラヴェッロへは、ひたすらにくねくねした坂道を上っていきます。

運転が難しそうな道なので、スピードはあまり出しませんが、上りのカーブが続く道をバスで行くと、結構身体が揺らされます。

30分程度の道なのですが、私は結構酔って気持ち悪くなりました。

バス酔いに弱い人は、あまり身体を締め付けない服装で乗車し、座席に座れない場合でも、重たい荷物は、肩から降ろして乗ることをおすすめします。

他のラヴェッロ関連の記事もあわせてどうぞ


アマルフィ関連の記事はこちら

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi