スカンノってどんな町?

スカンノ

スカンノ(Scanno)は、イタリア中部、アブルッツォ州の山奥にある小さな町です。

三角屋根が規則正しく並ぶ町の外観が美しく、著名な写真家たちを惹きつけ、フォトジェニックな町としてファンが多い町です。

町中には、町の規模とは似つかわしくないようなバロックのお屋敷や、バロック様式の噴水があります。

スカンノ

こういったお屋敷を建てたのは貴族ではなく、材を蓄えた羊飼いたちが建てたものだそうで、ちょっと驚きです。

残念ながら、現在は、町に羊飼いの姿を見ることはできないそうです。

絵になる町の外観と並んで有名なのが、スカンノの女性用の伝統衣装で、黒くてふんわりとしたこのドレスを、今でも町の誇りとして着用している女性もいます。

町から徒歩で30分くらいの場所には、スカンノ湖があります。こちらも保養地として人気です。

 スカンノの位置・場所

スカンノは、中部イタリアの山間部にあります。

地図で見ると、ローマから近く感じますが、実際にローマからスカンノに行くのは時間がかかります。

スカンノへの詳しいアクセス方法はこちらから→スカンノへの行き方!バスの時刻表検索やローマからのアクセス方法

 スカンノの歴史

スカンノ

スカンノの町名が文書に登場するのは、11世紀以降ですが、古代ローマ以前には既に町が存在していたことが、川沿いで発見されたヘラクレス像によって明らかになっています。

町の最盛期は17~18世紀です。ウール産業と染色技術が発達し、独特のスカンノ伝統衣装が作られたのもこの頃で、スカンノの女性衣装は、南イタリアのナポリでも知られるほど有名だったそうです。

現在では、町の入り口に、このスカンノの伝統衣装を着た女性の像が飾られています。

スカンノの女性衣装について、より詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ→スカンノの女性の伝統衣装ってどんなもの?その歴史は?

19世紀には、イタリアの歴史に翻弄される形で、建国運動や、山賊の活動、移民政策などで、住民が流出してしまい、スカンノの町は衰退してしまいます。町の産業を支えていた羊の数も激減してしまいました。

20世紀になり、観光地としてその名が知られるようになると、観光業に勤しむ人が増え、村の人口流出にも歯止めがかかっています。

 スカンノ観光に必要な所要時間は?

スカンノ

スカンノは小さな町ですが、町全体のパノラマを見るなら、町の外に出る必要があります。

私はバスの時間があったため、町全体のパノラマ+町歩きに1時間半弱しかかけられませんでしたが、ちょっと忙しく感じました。

私はゆっくりめに観光するタイプなので、通常であれば、1時間半~2時間程度あれば、歩いて回れます。

もし、徒歩30分のスカンノ湖まで足を運ぶなら、半日くらいは必要です。

 スカンノについて書かれた本・ガイドブック


あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
スカンノが含まれるアブルッツォ州をガイドしている、今のところおそらく日本で唯一の本です。スカンノは写真入りで掲載されています。ガイドブックというよりは読み物に近いですが、タイトルどおり「あなたの知らないイタリア」ばかりが出てきて興味深かったです。


美しき秘密のイタリアへ―――51の世界遺産と小さな村 (地球の歩き方Books)
私がスカンノの存在を知ったのは、この写真集でスカンノの絶景を見てから。スカンノ以外にも、あまり知られていない小さな村の絶景写真があります。


「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅
スカンノが登録している「イタリアの最も美しい村(I Borghi piu Bella d’Italia)」の、200以上の村を1~2ページずつ載せている根性の本。全部載せなので、ひとつひとつの詳しい情報はありませんが、日本で「イタリアの最も美しい村」を全て見れるのは、今のところこの本だけ。このような本があって嬉しいです!

 スカンノはツアーで行ける?

スカンノは、これから日本でも人気が出てくるのでは?と思っている私ですが、今のところ、スカンノに立ち寄るパックツアー見かけたことがありません。

個人で行くのはちょっと不安という場合は、イタリアを専門に扱っている、オーダーメイド型のツアーを作れる旅行会社へ問い合わせてみるのが一番よいでしょう。

複数の旅行会社が登録しているタウンライフ旅さがしというサイトから、無料で問い合わせすることができます。

関連記事

スカンノ観光の見どころ!絶景のパノラマスポットはどこ?

スカンノの女性の伝統衣装ってどんなもの?その歴史は?

中部イタリアの都市ガイド一覧

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi