マテーラ

マテーラは洞窟住居・サッシの町。

洞窟住居サッシの作りや内部はどうなっているのかは、「カーサ・グロッタ」という、サッシ住居を再現したモデル住居で見学することができます。

でも、マテーラのサッシ住居をもっとたっぷり味わうなら、サッシに宿泊しちゃうのが一番です。

住民退去後にマテーラに残されたサッシは、ホテルとして改装されているものがいくつかあります。

サッシと言えば、洞窟、というイメージが強いと思いますが、洞窟の前の地上部分に、生活空間を広げる形で立てられた部分は、掘って作られた洞窟ではありません。

私が宿泊したサッシは、地上部分の部屋でした。そのためか、水回りなど、何も不便なことはありませんでしたし、日光もしっかり入る、明るい部屋でした。

ただ、サッシの洞窟気分を味わいたい方は、掘られた部分に作られた部屋に宿泊した方が、雰囲気は出ると思います。そのあたりは、ホテルの画像で、洞窟っぽさがあるかどうかを確認しましょう。

マテーラは、とにかく建物が無秩序に折り重なっていて、車の入れない小さな坂道も多く、スーツケースを持って移動するのはしんどい町です。

ですが、メインストリートのVia Bruno Buozzi、Via Madonna delle Virtuなどは、普通に車が通れる道です。

荷物を運ぶのがしんどいという方は、大通りから近いホテルに宿泊し、スーツケースを持って移動する場合は、タクシーやシャトルサービスを利用するとよいでしょう。

私がマテーラで宿泊したホテル
La Dolce Vita

マテーラ

私はマテーラでは「La Dolce Vita」というB&Bに宿泊しました。

家族経営の小さなB&Bで、部屋が2室あります。

なぜこのB&Bを選んだかというと、まずは立地が良いこと。マドンナ・ディ・イドリス教会がすくそこです。

また、車が通れる道からも近く、シャトルサービスやタクシー使えば、B&Bのすぐ近くまで行けるので、重たいスーツケースを持って、車の入れない階段や狭い坂道を上る必要がありません。

スーパーマーケットや、大きなお店が建ち並ぶ新市街にも近く、ゆったりと3泊するには最高の立地でした。

このB&Bを選んだもう一つの大きい理由が、キッチンつきであったことです。

広いキッチンには、調味料やキッチン道具が揃っていて、使いやすかったです。

寝室は、リビングに隣接した部屋に一つと、ロフト部分に一つありました。4人くらいまでなら、宿泊できそうな広さでした。

マテーラ

前述したように、サッシの地上部分にあたる部屋だったので、あまり洞窟っぽさはありませんでした。私はちょっとサッシの洞窟は、観光で見て回ったときに怖さも感じたので、地上部分で明るい部屋だったのがかえって良かったです。

朝ごはんは、名物のマテーラパンと、オーナー夫妻の奥さん(フランス人)手作りのケーキやジャムなどを、部屋に運んできてくれます。朝ごはんの時間は、前日に指定できます。

朝食

朝食の画像がこちら。一番手前がマテーラパンです。イタリア式の朝食で、野菜や卵などはなく、少なめですが、美味しかったです!

オーナー夫妻はB&Bの上の階に住んでいます。すぐそこにいるので、B&Bとはいえ、24時間フロント体制とあまり変わらないので、安心です。

旦那さんは非常に物腰が柔らかく、奥さんは元気で、どちらも親切で、英語も堪能でした。

マテーラの鉄道駅までは、無料で車で送って下さったのも、非常に助かりました。

朝ごはんを運んでくる際に、その日のマテーラ観光のアドバイスもして下さるので、いろいろと相談してみるとよいでしょう。

「La Dolce Vita」は、以前はBooking.comで予約できたのですが、現在では、予約サイトを通じての予約ができないようです。TripAdvisor (トリップアドバイザー)で口コミを見ることはできます。

他のマテーラのホテルも探してみるなら、おすすめのホテル予約サイトをまとめた記事はこちらです。

他のマテーラ関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi