モンタニャーナ

中世ファンタジーのような、美しい城壁に囲まれた町・モンタニャーナ。

見ごたえのある城壁はもちろんのこと、他にも魅力的なスポットがたくさんあります。

実際にモンタニャーナへ行き、「ここはおすすめ!」と思った観光名所をご紹介します。

城壁

モンタニャーナを取り巻く城壁は、24の塔と4つの城門があり、保存状態が大変にすばらしいです。

城壁そのものは、町の外から見た方がしっかり見えるので、城門の近くに来たら、門を出て、城壁を外から眺めるのがおすすめです。

城壁を眺める3つのポイントをご紹介します。

南の城門(Porta XX Settembre)

モンタニャーナ

モンタニャーナの鉄道駅から歩いて、町に入るためには、南側の城門をくぐります。

この南門のあたりは、城壁の色が明るく、平原の中、左右に延びていく城壁が綺麗に見えます。

北の城門(Porta Vicenza)

モンタニャーナ

モンタニャーナの北の城門周辺は、城壁に同化したような建物が並び、興味深い風景が見られます。

また、この門から外に出て、城門を見ると、南側から見るのとは、また違った雰囲気が楽しめます。

北の城門の外は、車の交通量が多いので、城壁を眺めるときは、じゅうぶんに注意してください。

ジョルジョーネのポイント

モンタニャーナ

ルネサンス期の画家、ヴェネツィア派の巨匠ジョルジョーネが、モンタニャーナの城壁を描いた素描が、オランダのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に残っています。

ジョルジョーネがスケッチをしたと思われるポイントは、特定されています。

モンタニャーナ

城壁の外、北東側で、ジョルジョーネの素描のパネルが、そのポイントに置かれています。

実際の城壁と、素描を見くらべてみると、なかなか楽しめます。

サン・ゼーノ城

モンタニャーナ

サン・ゼーノ城(Castello di San Zeno)は、高さ38メートルの、2つの塔を持つ城塞です。

要塞として作られたお城で、城壁と一体になっています。モンタニャーナの城壁は、このサン・ゼーノ城のあたりが最もカッコイイです。

城壁の中からも見えますが、外から見ると、全体がわかりやすいです。

サン・ゼーノ城の近くには、観光インフォメーションもあります。

ドゥオモ

モンタニャーナ

モンタニャーナのドゥオモ(Duomo)は、後期ゴシック式の外観です。Jacopo Sansovinoの手による大理石の扉があります。

内部はルネサンス様式です。

ファサードの裏側には(扉から入ったら振り向いた側にある壁)、ジョルジョーネ作と言われるフレスコ画『ゴリアテの頭を持つダヴィデ』『ユーディッドのホルフェルネスに対する勝利』があります。

モンタニャーナ

ダヴィデ

モンタニャーナ

ユーディッド

ジョルジョーネの作品だという、確固たる証拠はないとは言え、美しい作品です。

中央の祭壇(下の縦長の絵)には、同じくヴェネツィア派の、ヴェロネーゼの『キリストの変容』(1555年)が飾られています。

モンタニャーナ

ジョルジョーネとヴェロネーゼの絵が鑑賞できるなんて、贅沢なドゥオモです。しかも、無料で入場できます。

惜しむらくは、ヴェロネーゼ作品は、あまり近くまで行けず、遠目でしか鑑賞できません。

その他の作品は、左壁は、「レパントの海戦」(1571年)。左側面のロサリオ礼拝堂には、15世紀に描かれた占星術(星座絵)のフレスコ画。右側の額入りの絵はil Marescalcoの「牛に乗った聖母子と、聖人たち」(16C)などが見どころです。

ピサーノ邸(Villa Pisano)

モンタニャーナ

Villa Pisanoは城壁外、サン・ゼーノ城近くの門を出たところにあります。

15世紀半ばに、ルネサンス期の天才建築家パッラーディオが、ヴェネツィアの貴族Francesco Pisaniの注文で建てた別荘です。

ドーリア式・イオニア式の柱が並び、パッラーディオの、立方体建築の初期の例だそうです。

palazzo Magnavin-Foratti

モンタニャーナ

palazzo Magnavin-Forattiは、傭兵隊長ガッタラメータの妻の家です。

Via Matteottiという通りにある、15世紀のヴェネツィア風のお屋敷です。

ヴェネツィア風というのは、建物の上の部分の装飾のことです。

アーケードの中にある建物ですが、アーケードの外から、ちょっと遠目に全体像を見ると、上の部分が、ヴェネツィアで見るお屋敷に、雰囲気が近い装飾になっているのがわかります。

ちなみに、傭兵隊長ガッタラメータというのは、ヴェネツィアで活躍した傭兵隊長で、パドヴァのサンタントニオ聖堂前に、ドナテッロが作った、有名なガッタラメータ騎馬像があります。

Nativita病院跡

モンタニャーナ

Nativita病院跡は、南門から町にはいって、まっすぐ進んだ場所にあります。

15世紀初頭に貧民救済を行っていた古い病院で、聖母が人々をマントの下に庇護している、『マントの聖母』の彫像が残っています。

現在では、ATMが入っていて、古めかしい建物の下に、ATMのマシーンがあるアンバランスさが目をひきます。

サン・フランチェスコ教会

サン・フランチェスコ教会(La Chiesa di San Francesco)は、古いロマネスク式のファサードを持つ教会。

1700年代に作られたオルガンや、14世紀のフレスコ画、パルマ・イル・ジョーヴァネの『聖母子』があるそうですが、私が行ったときは、残念ながら閉まっていました。

関連記事

モンタニャーナ旅行基本情報!中世ファンタジーのような城壁

モンタニャーナへの行き方!パドヴァやフェラーラから鉄道でアクセス

パドヴァ旅行関連の記事一覧

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi