フィレンツェ レストラン

フィレンツェは美食の町としても有名です。フィレンツェのグルメに特化したガイド本もあるくらいです。

自炊が基本である私の旅行ですが、フィレンツェのグルメを堪能したくて、時々レストランに入ります。

このページでは、私が入ったトラットリアやリストランテの中で、本当においしかったお店だけをご紹介します!

リストランテ・アッカデミア

リストランテ・アッカデミア(Ristorante Accademia)は、サン・マルコ広場に面しているリストランテ。

名前の通り、アカデミア美術館も近いです。

「リストランテ」という看板ですが、値段がリーズナブルでカジュアルな格好でも入れるお店です。観光客や地元の人で、店内はかなり賑わっています。

観光客慣れした感じのお店ではありますが、味は期待以上で本当に美味しかったです。

この味で、この値段で、この立地であれば、繁盛しないわけがない!

というわけでかなり混むので、できれば予約することをおすすめします

冬場に訪問するなら、トスカーナ名物の「Ribollita(リボッリータ)」という豆スープがおすすめです。

お店によって少しずつ味が違いますが、ここのリボッリータは美味しくて、私がリボッリータ好きになるきっかけとなりました。

リストランテ・アッカデミアの詳細はこちら(日本語での予約もできます)

トラットリア・アニータ

フィレンツェ アニータ

トラットリア・アニータ(Trattoria Anita)は、ヴェッキオ宮殿の裏手にある、伝統的なトスカーナ料理を食べられる老舗トラットリア。

庶民的な雰囲気で、お値段も安いです。

有名店ですが、少し観光ルートから離れているためか、お客さんは、地元の人と観光客が半々という感じです。

何を食べても美味しかったですが、伝統料理が看板メニューなので、メニューを選ぶ時は店員さんに「il piatto tipico(イル・ピアット・ティピコ=伝統料理)」を尋ねて、オーダーするのがおすすめです。

英語で「Tipical food」でも通じると思います 。

フィレンツェ リボッリータ

こちらはフィレンツェの伝統料理の豆スープ、「Ribollita(リボッリータ)」です。

トラットリア・アニータは奥まった場所にあるため、ディナーに行く際は、やや周囲が暗いです。

観光地フィレンツェなので人通りはそこそこあり、観光客の少ない冬場でも不安は感じませんでしたが、女性一人旅の場合は念頭に置いておきましょう。

トラットリア・アニータの詳細はこちら(日本語での予約もできます)

タヴェルナ・デル・ブロンズィーノ

タヴェルナ・デル・ブロンズィーノ(Taverna Del Bronzino)は観光客にそれほど有名なお店ではありませんが、トリップアドバイザーでの評価が高かったので行ってみました。

サン・マルコ広場の北側の方、ちょっと観光ルートから外れたところにあるお店です。

店内に観光客は少なくほとんどが地元客でした。メニューはイタリア語のみ。

オーダー品全てを、3人でシェアしたいと伝えると、一人分ずつていねいに盛り付けて持ってきてくれました。

このホスピタリティにはビックリ!

パスタとソースを目の前で絡めてくれたり、個人的に非常に面白かったお店です。

観光客向けのお店ではないのでクセのある味付けもありましたが、その分お店の個性を感じ、印象に残りました。

本場のイタリア料理って、こういうものを言うのかなーと感じました。

お値段は、前菜一人前、プリモ二人前、セコンド一人前、ミネラルウォーターとサービス料3人前で、トータル79ユーロ。

フィレンツェのレストランとしては普通のお値段だと思います。ドレスコードは厳しくありません。

注意したいのは観光客向けでないからなのか、料理が出てくるのもゆっくり、お勘定を頼んでもゆっくりと、スローフードを地で行くお店なので入店から退店までかなり時間がかかることです。

時間には余裕を持って訪店して下さい。

タヴェルナ・デル・ブロンズィーノの詳細はこちら(日本語での予約もできます)

トラットリア・デル・カルミネ

トラットリア・デル・カルミネは(Trattoria Del Carmine)は、名前の通りサンタ・マリア・デル・カルミネ教会近くにある超有名なトラットリア。

たいていのフィレンツェガイド本に掲載されています。

夜はほぼ満席になるので予約がおすすめです。

イタリア語がわからなくても、観光客に慣れているお店なので大丈夫です。

おすすめはOssobuco alla Fiorentina(オッソブーコ・アッラ・フィオレンティーナ=仔牛の脛肉のトマトソース煮込み)、Cotolette alla Milanese(コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ=ミラノ風カツレツ)。

ミラノ風カツレツは「フィレンツェでミラノ風?」と思いましたが、このお店の看板料理だそうで、本当に美味しかったです。

アルノ川の向こう側、庶民的な「アルトラルノ」にあるお店なので、地元の人たちの庶民的な活気があふれているお店の雰囲気も楽しめます。

トラットリア・デル・カルミネの詳細はこちら(日本語での予約もできます)

5eCinque(チンクエ・エ・チンクエ)

フィレンツェ 

5eCinque(チンクエ・エ・チンクエ)は、フィレンツェの穴場スポット、アルノ川を渡ったパッセラ広場にある、カジュアルなジェノヴァ料理のお店です。

お店の雰囲気はカフェっぽい作りで椅子やテーブルも狭く、ゆっくりと食事をするのには向いていませんが、リーズブルな値段で、美味しいジェノヴァ料理が食べられます。

本当に美味しいです。味だけであれば、フィレンツェで入ったお店の中で、ここがナンバーワンです。

フィレンツェでもかなりの人気店になってきたので、予約が必須だと思います。

カジュアルなお店なので、混雑時は店員さんの応対があまりよくないこともありますが、サービスに期待するようなお値段ではないので、あまり気にせず味を楽しんで下さい。

絶対のおすすめは「Focaccia di Recco(フォカッチャ・ディ・レッコ)」という、チーズが挟まったフォッカッチャです。

フィレンツェ

チーズが嫌いでなければ、ぜひオーダーしてみて下さい!すると、翌日も5eCinqueで食事がしたくなりますよ…。

チンクエ・エ・チンクエの詳細はこちら(日本語での予約もできます)

他のフィレンツェ関連記事もあわせてどうぞ



フィレンツェ関連記事のインデックスはこちら

次のページフィレンツェのおすすめパニーニ屋さん・パン屋さんをご紹介!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi