フィレンツェの歴史地区は徒歩で周れる!

フィレンツェ旧市街

フィレンツェ観光で滞在する日数は、当ブログでは最低でも丸2日間、できれば1週間の滞在を推奨しています。

ですが「そんなに長くは滞在できない…」という方がいらっしゃると思います。

限られたフィレンツェ滞在であれば、しっかり計画を立てて、見逃せない名所を効率よくまわりたいところです。

このページではフィレンツェを愛するワタクシが、フィレンツェ観光のモデルコースを、滞在日数別に2日版1日版半日版と作ってみました!

フィレンツェを2日で歩くモデルコース

フィレンツェ2日間コース1日目

フィレンツェ2日間観光の1日目は、主にドゥオモから北側のエリアを歩きます。

アカデミア美術館
まずは朝一番でアカデミア美術館のダヴィデ像を見に行きましょう。
サン・マルコ修道院
サン・マルコ修道院に入り、『受胎告知』をはじめとしたフラ・アンジェリコの傑作絵画を鑑賞。
サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場
フィレンツェで最も美しい広場と言われるサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場へ。サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会の「天使が描いた」と伝わるマリア像を見よう!
ドゥオモ(大聖堂)
フィレンツェのシンボル、ドゥオモへ!ここではドゥオモの外観と、無料で入場できるドゥオモ内部だけを見学。
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会を見学。サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局に行きたい人は一緒に訪問しましょう。
レプッブリカ広場
中心部へ戻りながらフィレンツェの町並みを楽しみましょう。メリーゴーランドが回る華やかなレプッブリカ広場を歩くことを忘れずに!
ドゥオモ周辺の観光
ドゥオモに戻りましょう。ドゥオモ周辺の観光名所は比較的遅い時間まで開いています。残り時間に合わせて入場観光をしましょう。

フィレンツェ2日間コース2日目

フィレンツェ観光2日間コースの2日目は、主にドゥオモから南側のエリアを歩きます。

ミケランジェロ広場
ミケランジェロ広場へ上り、フィレンツェのパノラマを楽しみましょう。
サン・ミニアート・アル・モンテ教会
ミケランジェロ広場の少し上にあるサン・ミニアート・アル・モンテ教会を見学。
サンタ・クローチェ広場
ミケランジェロ広場から徒歩でフィレンツェ中心部に戻る途中でサンタ・クローチェ広場を通りましょう。時間がある場合はサンタ・クローチェ教会内部に入るのもアリ。
ウフィツィ美術館
いよいよウフィツィ美術館へ!2時間程度は時間を取ってゆっくりと見学しましょう。
シニョリーア広場
華やかなシニョリーア広場を見学。ウフィツィ美術館の見学が思いのほか早く終わった場合は、広場に建つヴェッキオ宮に駆け足で入場するのもありかも。
ヴェッキオ橋(明るい時間)
いよいよヴェッキオ橋を渡ります!
パラティーナ美術館
アルノ川を渡ってパラティーナ美術館を見学。聖母子像をはじめとしたラファエロの傑作を堪能しましょう。
ヴェッキオ橋(夕景・夜景)
パラティーナ美術館を出たらそろそろ外が暗くなっているかも。中心部に戻りながら、ヴェッキオ橋周辺の夕景を楽しみましょう。

フィレンツェを1日で周るモデルコース

できれば連泊して楽しみたいフィレンツェですが、1泊しかできないという場合もあるでしょう。

もし、私が1日しかフィレンツェで過ごせないならどうするか、フィレンツェの数多い名所から、見学する場所を厳選したモデルコースを作ってみました。

ミケランジェロ広場
まずは展望スポットであるミケランジェロ広場へ。1日観光の場合は時間の節約のために、行き(上り)はタクシーを使うのがおすすめです。
ウフィツィ美術館
ミケランジェロ広場から下りて来たらグラツィエ橋を渡ってウフィツィ美術館鑑賞へ。予約しておいた方が時間節約になります。有名作品中心に鑑賞するなら1~2時間くらいで周れます。
ドゥオモ
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモとご対面!中には無料で入れます。
アカデミア美術館
やっぱりダヴィデ像を拝顔せねば。アカデミア美術館も行列ができますので、1日観光の場合は予約がおすすめ。
カヴール通り・レプッブリカ広場
重厚な邸宅が並ぶカヴール通り、メリーゴーランドの回る華やかなレプッブリカ広場を通りながら南下。
ヴェッキオ橋
さて、いよいよヴェッキオ橋を渡ります!橋をじっくり鑑賞するのは、パラティーナ美術館見学後でもよいかも。
パラティーナ美術館
内装そのものも美しいパラティーナ美術館で、ラファエロの聖母子像×2とご対面しましょう。
ヴェッキオ橋周辺の夕景
このあたりでもう陽は傾きかけているかもしれません。中心部に戻りながら、ヴェッキオ橋周辺の夕景を楽しみましょう。

1日モデルコースに補足…美術館を1つ削る案

フィレンツェ アカデミア美術館

フィレンツェ パラティーナ美術館

この1日モデルコースは、ルネサンス美術大好きの私が作ったので、3つの美術館に入るちょっと忙しめのコースとなっています。

個人的には、アカデミア美術館もパラティーナ美術館も外せないんだぜ!と叫びたいですが、美術館ばかりに入っていられないという方は、アカデミア美術館とパラティーナ美術館のどちらか一方をコースから外すのも…ありだと思いますっ(断腸の思い)!

じゃあ、どちらを外すか…ですが、以下の2つの美術館の特徴を比べて決めましょう。

アカデミア美術館の特徴は…

  • ミケランジェロのダヴィデ像がある
  • ボッティチェリ作品が多い
  • 美術館自体は広くないが、行列ができるので入館に時間がかかることがある

対するパラティーナ美術館の特徴は…

  • ラファエロ作品が多い
  • 館内の装飾そのものが美しい
  • 入館に時間はかからないが、美術館はそこそこ広いので鑑賞に時間がかかる

迷った場合は…「ダヴィデ像をどうしても見たいかどうか」で決めちゃいましょう。

どちらかの美術館を外してできた時間は、ドゥオーモのクーポラかジョットの鐘楼へ上る、ショッピングの時間に充てる、ゆったりカフェで時間を過ごす…など、興味に合わせて楽しみましょう。

フィレンツェ半日モデルコース

フィレンツェでの滞在時間が半日程度しかないという場合は、先にフィレンツェの2大観光名所であるドゥオモウフィツィ美術館に足を運び、残った時間で他の場所をまわる方法をおすすめします。

ドゥオモ
まずはドゥオモ見学。ドゥオモ内部には無料で入れますが、半日観光の場合はドゥオモ内部に長居しすぎないほうがよいです。
ウフィツィ美術館
半日観光の場合は行列に並ぶ時間が惜しいので予約がおすすめです。見逃したくない絵画を10~15作品くらいピックアップしておいて、どの展示室にあるのか予習しておきましょう。
ヴェッキオ橋
ウフィツィ美術館の後はアルノ川方面に歩き、ヴェッキオ橋周辺の風景を楽しみましょう。
フィレンツェの町並み観光
日帰りの場合は、ここで駅方面に戻ります。ゆっくり駅に戻りながらフィレンツェの町並みを楽しんで歩きましょう。

半日観光の場合はあまり欲張らず、時間のかかる入場観光をなるべく避けて、フィレンツェの美しい町並みを楽しんで歩くことをおすすめします。

半日観光でどうしてもダヴィデ像を見たいという場合は、ドゥオモの前に訪問できるようにアカデミア美術館を予約しておくと、北から南へと効率よく歩けます。

まとめ…短期滞在でフィレンツェを効率的に観光するには?

フィレンツェ

今回フィレンツェのモデルコース、2日・1日・半日版を作ってみた感想は…フィレンツェ1週間以上の滞在を理想とする私にとってはやはり忙しいプランに感じます。

2日以内のフィレンツェ滞在の場合は、行列に並ぶ時間を節約するため、人気観光名所は予約しておくのが賢い選択です。

特にウフィツィ美術館は夏の観光シーズンには予約なしだと1時間以上待つこともあり、冬場でも時間帯によっては長い行列があるので、予約必須です。

ウフィツィ美術館を日本語で予約したい場合は、楽天Voyaginがリーズナブルな価格設定でおすすめです。

他のフィレンツェ関連記事もあわせてどうぞ

次のページフィレンツェ観光3大名所&おすすめのスポット10選!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi