フィレンツェの空港・アメリゴ・ヴェスプッチ空港ペレトラ空港)は、フィレンツェの中心部から北西の方角4~5㎞の場所にあり、市街地からかなり近くてアクセスしやすいです。

フィレンツェ空港

このページでは、フィレンツェの空港からフィレンツェ中心部へのアクセス方法を詳しくご紹介します!

フィレンツェ空港から市内までの主要なアクセス方法

フィレンツェのアメリゴ・ヴェスプッチ空港からフィレンツェ市内まで、公共交通機関を使って行く主要な方法は3つあります。

手段所要時間運賃
 バス約20分€6
 トラム約20分€1.5(実質€3)
 タクシー約15分€22~25.3

2019年にトラムが開通しました!

それぞれ詳しい乗り方を解説していきます!

フィレンツェ空港から市内までのバスの乗り方

フィレンツェ空港から市内まで走るバスはVola in bus(ヴォ―ラ・イン・ブス=『バスでフライト』くらいの意味)と呼ばれています。

イタリア語でバス(bus)は「ブス」と読みます。

イタリアの鉄道最大手のFS社が運営するbusitaliaという会社が運行しています。

サービス内容は以下の通り。

 運賃€6
 所要時間約20分
 運行間隔1時間に1本(5時~24時)

運行間隔はフィレンツェ空港の公式サイトには30分に1本とありますが、Busitaliaの時刻表を見ると1時間に1本です(2020年現在)。トラムの開通で便数が減ったのかも。

空港バスの乗り場について

空港での乗り場は、建物を出て右端の方です。

タクシー乗り場や、送迎サービス乗り場を通り過ぎた端の方にバス停があります。

フィレンツェ市内ではサンタ・マリア・ノヴェッラ駅の西側にある、Busitaliaのバスターミナルビルが発着場所となります。

地図上だとこちらです。

他にもサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から直結しているTunnel FSesterno Stazione S.M.N.)いうバスターミナルにも停まります。

Busitaliaのバスターミナルビルと、Tunnel FSは目と鼻の先にあるので、どちらを利用してもOKです。

ただしTunnel FSは駅とかなり近く混雑が予想され、スリなどの軽犯罪が起こることが心配です(フィレンツェはイタリアの観光地では治安は良い方ですが念のため)。

特に空港へ行く場合は、駅から少し離れた場所にあり、窓口にスタッフが待機しているBusitaliaのバスターミナルビルを利用することをおすすめします。

早朝や夜遅い時間の便は、バスターミナルビルではなくTunnel FS発着になる場合があるので注意しましょう。利用予定がある場合は、フィレンツェの観光案内所で正確な情報を確認しましょう。

フィレンツェ空港バスの切符はどこで購入できる?

フィレンツェの空港バスは乗車時に運転手さんから直接切符を購入することができます

ただ、大きな金額の紙幣だとお釣りがなかったり、クレジットカード支払いができない可能性などがあるので、運賃€6に近い現金を用意しておくのがよいでしょう。

他にも空港内の売店や、バスターミナルの切符売り場で購入することもできます。

運転手さんから切符を購入する場合でも、車内に刻印機がある場合は切符を刻印した方が無難です。わからない場合は運転手さんに身振りで大丈夫なので尋ねましょう。

空港バスを利用するメリットは?

フィレンツェの空港バスは、以前は空港とフィレンツェ中心部を結ぶ安価な交通手段として人気でしたが、バスより安いトラムが開通したことで、利用価値が下がったと感じるかもしれません。

ただ、空港バスはフィレンツェ市内まで直通他のバス停に停まらないというメリットがあります。

「トラムは直通ではないけど所要時間が20分と変わらないので、直通にメリットはないんじゃない?」と感じるかもしれませんが、直通のメリットは所要時間ではありません。

バスや地下鉄、トラムなど、公共交通機関で観光客を狙ったスリが出やすいイタリアにおいて、直通はスリに狙われにくいという大きなメリットかあるのです。

イタリアのスリは「仕事(?)が済んだらサッサと次の停留所で降りる」というのが常套手段なので、小まめに停車する公共交通機関で出やすいという特徴があります。

フィレンツェはイタリアの中ではそれほど治安が悪いわけではありませんが、イタリアの観光地は空港と市内を結ぶ公共交通機関で観光客を狙ったスリが出やすいというのは定説ですので(私もローマで狙われた)、対策を取るに越したことはありません。

フィレンツェ空港から市内までトラムの乗り方

2019年から、フィレンツェ空港と市内を結ぶトラムの運行が始まりました!

GESTという会社が運行していて、トラムは「Tramvia(トランヴィア)」という名称で呼ばれています。

空港と市内を結ぶ路線はT2です。

まずは簡単な概要をまとめておきます!

 運賃€1.5
(10㎏以上の荷物がある場合は€3)
 所要時間約20分
 運行間隔平日4~5分ごと
早朝/深夜・日・祝は約10分ごと
(5時~24時の間運行)

トラムの停留所について

フィレンツェ空港から乗る場合は、空港の建物を出て左に曲がり、2~3分歩くとトラム乗り場があります。

地図で見るとこんな感じ!バス乗り場とは反対方向です。

フィレンツェ市街地の方はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会近くのUnitaという停留所が終点です。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

こちらがサンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。

Unitaの前に鉄道駅前の停留所にも停まりますが、フィレンツェが初めての場合は終点以外の停留所で降りるのが難しいかもしれません。

途中で降りるのが難しい場合は、鉄道駅とサンタ・マリア・ノヴェッラ教会はすぐ近くなので、終点のUnitaで降りましょう。

トラムはスーツケース代が取られるので注意!

スーツケース

トラムは運賃が€1.5と破格に安いですが、実は日本人観光客が使う場合は€3が必要になることがほとんどです。

というのも大きな荷物を持ってトラムに乗車する場合、荷物代としてもう1枚切符が追加で必要になるのです。

€1.5×2=€3…運賃は実質€3になります。

荷物代が必要になる大きさの目安は…

  • 10㎏以上
  • 55x40x20cmの大きさを超える

このどちらかの基準を一つでもオーバーしていたら、荷物代が必要になります。

私がイタリア旅行で普段利用している、Mサイズのスーツケースで重さは13㎏くらいになり、イタリア旅行に行く方のほとんどはこの基準にひっかかります。

「バレないんじゃない?」と思うかもしれませんが、検札があった場合高額の罰金を課されます。

また、有料での荷物持ち込みにも制限があります。

  • 有料サイズを3つ以上
  • 20㎏以上
  • 80X45X25cmの大きさを超える

荷物がこの基準を一つでも満たすと、トラムに乗ることはできません

その場合は、空港から市内まではバスかタクシーを利用しましょう。

トラムの切符はどこで購入できる?

トラムの切符は、トラムの各停留所の自動券売機で購入できます。

クレジットカードも利用できますが、JCBカードは利用できません。

「自動券売機では購入したくない」という場合は、雑貨店のタバッキでも購入できます。

トラムの切符は刻印後90分有効で、フィレンツェの市内バスと共通で使えます。

乗車時は刻印を忘れないでね!

フィレンツェ空港からタクシーで市内へ行く方法

フィレンツェ空港から市内までのタクシーは定額制で安心です。

基本情報をまとめてみました。

 運賃(定額制)€22(平日6~22時)
€24(祝・休日6~22時)
€25.3(夜間22時~早朝6時)
 所要時間約15分
 追加料金スーツケース1個につき€1(7個まで)
空港発の場合は€2.7追加

空港からのタクシーは追加料金が多いので注意!

フィレンツェ空港からのタクシーは定額の€22ですが、追加料金が多く、つい「ぼられた!?」と不安になってしまいます。

日曜日や祝日は€24。夜22時以降と早朝5時までは€25.3。

さらにスーツケースを持っている旅行者がほとんどだと思いますが、スーツケース1個につき€1が加算されます。

さらにさらにこれは新しいルールだと思いますが、空港からタクシーに乗ると追加料金€2.7が必要になります!

何で?空港にタクシーが待機することってそんなにコストがかかるの!?

€22以上の運賃を請求された場合は、下記の追加料金が加算されているかどうかを確認しましょう。

  • 祝休日料金+€2
  • 深夜または早朝料金+3.3
  • スーツケース代+€1
  • 空港発料金+€2.7

空港からタクシーに乗る場合の注意点

フィレンツェ空港のタクシー乗り場は、建物を出て右に進んだ場所にあります。

注意点として、必ず正規のタクシー乗り場からタクシーに乗るようにしましょう。

空港の建物内や、タクシー乗り場に向かう途中で「タクシー?タクシー?」と声をかけてくる人がいたら、認可されていない「白タク」ですので無視して通り過ぎてください

イタリアでは正規のタクシー運転手は客引きはしません。覚えておいてね!

フィレンツェ空港では、タクシーと似たようなサービスで「N.C.C.」というものがありますが、これは事前予約の送迎サービス会社でタクシーとは別のサービスです。

ちなみに「Autonoleggi」はレンタカーです。

さて問題。空港から何を使って市内に行くのがベスト?

ここまでフィレンツェ空港から市内に行く公共交通機関として、バス、トラム、タクシーを紹介しました。

では、この中のどれを使って市内に行くのがよいのか…それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
バス比較的安い
直通で安全
便数が少ない
トラム最安値
便数が多い
車内のスリが心配
タクシーホテルまで直接行ける
安心
高い

運賃のリーズナブルさはトラム>バス>タクシー、安全度はタクシー>バス>トラムで、料金と安全度が反比例しますね。

日本からフィレンツェに飛行機で入る場合は、フィレンツェ着が遅い時間になることが多いです。

遅い時間にフィレンツェ空港に着く場合は、多少コストがかかってもタクシーを使うことをおすすめします

タクシーのメリットは何と言ってもホテルまで直接タクシーで行けることです。

バスやトラムは鉄道駅近くが終点ですが、フィレンツェ中心部までは鉄道駅から10分ほど歩きます。

暗い時間だと道がわかりにくいですし、何せ長距離フライトの後は疲れていて頭が働きません。

あともう一つ。フィレンツェの市内は石畳の道が続き、スーツケースを引いて歩くのはたったの10分でも結構大変なんですよね。

鉄道駅のすぐ近くに宿泊するのでなければ、タクシー利用がおすすめです。

フィレンツェ到着が明るい時間の場合は、自身の海外旅行スキルを考えて、バスかトラムを選ぶのもありです

タクシーをおすすめするケースフィレンツェ空港着が夜間の場合

バス・トラムを選んでもよいケースフィレンツェ空港着が明るい時間ホテルが駅から近い

まとめ

フィレンツェの空港から市内へ行く主要な3つの方法をご紹介しました。

「運賃と安全度は反比例」というのが原則になります。

私自身はフィレンツェ空港と市内の移動にはタクシーを利用しました。

人数が3人だったこと、到着が深夜だったこと…などが理由です。

複数の移動手段を頭に入れておいて、時間や体調と相談して、現地でどれを選ぶか決めてもよいかなと思います!

次のページフィレンツェ駅から市内中心部へはタクシーと徒歩どちらで行く?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi