レノン(リッテン)とはどんな町?

レノン

レノン(Renon)は、北イタリアのボルツァーノという町の上に広がる、山の上の地域を指す言葉です。

ソプラボルツァーノやコッラルボなど、いくつかの集落が集まって、レノンというコムーネ=日本の「市」のようなものを作っています。

この地域はイタリアとオーストリアの国境が近く、町の名前もイタリア語とドイツ語それぞれの呼び方があります。

レノンというのはイタリア語で、ドイツ語ではリッテン(Ritten)となります。

レノンの見どころは?

レノンの一番の見どころは、イタリア語でピラミデ(Piramide)と呼ばれる、奇妙な三角錐が立ち並ぶ不思議な自然風景です。

コッラルボのピラミデ

レノンではピラミデが三か所で見ることができますが、一番有名なのは、コッラルボにあるピラミデ群です。

またレノンはボルツァーノよりさらに上にあるため、ドロミティ山塊の奇岩が並ぶ特徴的な風景を、近くで拝むことができます。

レノン一帯はハイキングコースになっていて、かんたんなハイキングを楽しむこともできます。

レノンのハイキング標識

レノン(リッテン)への行き方

レノン行きロープウェイ

レノンへは、ボルツァーノからロープウェイを使って簡単に行くことができます。

所要時間は12分で、たったの4分間隔でロープウェイが出発していて、便利に使えます。

このロープウェイがあるおかげで、ボルツァーノから、レノンの入口ソプラボルツァーノまでは、かなり近く感じます。

リッテンカードはとても便利!

リッテンカード

レノンに宿泊すると、宿泊施設から、リッテンカードという非常に便利な観光カードがもらえます。

このリッテンカードは素晴らしく使い勝手の良いカードで、アルト・アディジェ県内の公共交通機関が乗り放題になり、ほとんどの観光名所がフリーで入場できます。

ボルツァーノの考古学博物館や、チロル城など、南チロル地方の主要観光地はほぼフリーパスになります。

私はこのリッテンカード欲しさに、南チロル周遊のための拠点として、ボルツァーノではなくレノンに宿泊しました。

レノン観光に役立つガイドブック

地球の歩き方の北イタリア版に、ボルツァーノのコーナーのおまけのような形で、レノンが見開き1ページで紹介されています。

コッラルボのピラミデへの行き方も掲載されています。

レノンはツアーで行ける?

ドロミティ山塊

レノンは人気観光地ドロミティ山塊の近くです。

ドロミティのハイキングツアーは、よく大手旅行会社のツアーでも見かけます。

ですが、レノンに立ち寄るツアーとなるとなかなか見つかりにくいです。

大手のツアーでレノン行きツアーが見つからない場合は、オーダーメイド型のツアーを無料で見積もってもらえる、タウンライフ旅さがしの利用が便利です。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi