ウルビーノとはどんな町?

ウルビーノ

ウルビーノ(Urbino)は、イタリア中部の山深い場所にある、美しいルネサンス都市です。「ウルビーノの歴史地区」は世界遺産に登録されています。

山中に築かれた町なので、けわしい坂道が多いですが、茶系の美しい町並みには、どことなく気品が漂っています。

ドゥオモのまるい屋根と、ドゥカーレ宮殿の二本の塔が印象的な、町の遠景も非常にすばらしく、遠くから見ると、緑の海の中に、堂々と浮かんでいる船のようにも見えます。

ウルビーノは、モンテフェルトロ家が統治していた中世~ルネサンス期に栄えた町です。

中でもフェデリコ・ダ・モンテフェルトロは、芸術を保護する典型的なルネサンス君主として名高く、ピエロ・デッラ・フランチェスカやルカ・シニョレッリなどの芸術家を町に招き、「理想都市」を築きます。

ウルビーノのシンボルのようなドゥカーレ宮殿も、彼の時代に作られ、 宮殿内には、フェデリコ公の書斎が残り、芸術を保護しただけにとどまらない、彼の多才な側面がうかがえます。

またウルビーノは、ラファエロの生誕地としても知られ、けわしい坂道の途中にラファエロの生家が残っています。

この「ラファエロの家」では、若かりし日のラファエロ作品ではないかと言われる、素朴な聖母子のフレスコ画を鑑賞できます。

町中にはウルビーノ大学があり、町中に学を志す若者が多いためか、何となく町全体に理知的な雰囲気があります。

まるでフェデリコ公のルネサンス的理性が、今でも町に残っているような、面白い印象を受けました。

イタリアの他の町とはひと味ちがう、独特な雰囲気を持つ町なので、ちょっと交通が不便ですが、ぜひ訪問をおすすめしたいです。

 ウルビーノの位置・場所は?

ウルビーノは、イタリア中部・緑豊かなマルケ州の、山中に位置します。

地図で見ると、一見フィレンツェやボローニャが近いように見えますが、ウルビーノまで鉄道が通っていないため、フィレンツェやボローニャから日帰りするのは難しいです。

他の観光都市と合わせて訪問するのが難しい場所にあり、なかなか足を運びにくい町です。

私も、ウルビーノにようやく足を踏み入れたのは、6回目のイタリア旅行の時でした。

ウルビーノへのアクセス方法をまとめた記事はこちらです

 ウルビーノ歴史地区の観光に必要な所要時間は?

ウルビーノの坂

ウルビーノは、非常に坂が多く、また、この坂の傾斜がかなりけわしいです。

特にきびしい傾斜なのが、ラファエロの生家があるラファエロ通り。ウルビーノのパノラマスポットも、このラファエロ通りの先にあります。

ウルビーノは小さな町なので、じゅうぶん徒歩で周れる町ですが、このラファエロ通りの坂を何度も往復すると、結構疲れます。

訪問したい場所を決めたら、開館時間などを確かめて、なるべくスムーズな道順を組んだ方がよいです。

また、国立マルケ美術館を兼ねているドゥカーレ宮殿は、じっくり見ようと思えばそれなりに時間がかかります(個人的には時間をかける価値があると思います)。

ウルビーノで最も美しいルネサンス教会であるサン・ベルナルディーノ教会は、郊外にあるので、やはり訪問に時間がかかります。

これらの見どころを全て周ると、一日で見どころは何とか訪問できても、美しいウルビーノの町並みそのものを楽しむ時間はないかもしれません。

そう考えると、ウルビーノを堪能するには、丸2日くらいは必要かな、と思います。

大きな都市からのアクセスが困難なウルビーノですので、日帰りでの滞在では、ピンポイントの観光しかできないと思います。わざわざ時間かけて来たんだから、すぐ帰るのはもったいないですしね。

それでも日帰りするしかないのだよ!という場合は、ドゥカーレ宮殿と、町全体のパノラマ、この2つは必ず見ることをおすすめします。

 ウルビーノ旅行におすすめの本


A12 地球の歩き方 フィレンツェとトスカーナ 2017~2018
「地球の歩き方」の中部イタリア版は、トスカーナ、ウンブリア州と合わせて、マルケ州まで掲載されています。ウルビーノの日本語ガイドブックとしては一番詳しいと思います。購入前に最新版かどうか確認しましょう。


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2014年 10月号 [雑誌]
2014年秋発売の「クレア・トラベラー」北部イタリア特集に、ウルビーノも掲載されています。渋いチョイスですね。


誰も知らないラファエッロ (とんぼの本)
もし、ラファエロの生家に行くなら、ラファエロの生い立ちを知っておきたいところ。2013年に東京であったラファエロ展に合わせて出されたこの本は、写真が多く、読みやすくておすすめです。


芸術家列伝2ボッティチェルリ、ラファエルロほか (白水Uブックス1123)
もっと渋く、ヴァザーリの書いた「芸術家列伝」でラファエロの生い立ちを読むぜ!という方には、新書版のこちらがおすすめ。

 ウルビーノはツアーで行ける?

ウルビーノは、ラファエロやピエロ・デッラ・フランチェスカの作品が鑑賞でき、日本人好みの控えめな美しさがある町ということもあり、地味に(?)ファンが多いです。

そのため、芸術鑑賞を目的にしたツアーや、ややゆったりめのツアーなどに、ウルビーノが組み込まれることもあります。

ウルビーノは個人旅行では行きにくい場所にあるので、ツアーを利用して行くという選択肢もあります。

JTB
H.I.S.
日本旅行
JALパック
近畿日本ツーリスト 海外ツアー

どうしてもウルビーノにツアーで行きたい!という場合は、条件にあったツアー探しや、自分で作るオーダーメイドのツアーの見積もりを、複数の旅行会社から一括して探してもらえるタウンライフ旅さがしの利用もおすすめです。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi